立浪和義、落合博満・星野仙一の仲。清原和博と保釈後も交流。守備&性格も完璧?

中日ドラゴンズのレジェンドと言える存在の立浪和義(たつなみ かずよし)さん。
走攻守に加え甘いマスクで球界を代表する選手として大人気でした。

立浪和義と落合博満は不仲?

高校野球の名門、PL学園高校では1987年の春、夏と甲子園連覇を達成。
同年のドラフトでは2球団競合によりくじ引きで中日ドラゴンズに入団した立浪和義さん。

入団1年目から活躍し新人王とゴールデングラブ賞を受賞。
プロ野球選手としての実力に加えて端正な顔立ちから「竜のプリンス」と呼ばれた事もありました。


1988年から2009年までの22年間に渡る現役生活を生涯、中日ドラゴンズに捧げた立浪和義さん。
「ミスタードラゴンズ」として今も中日ドラゴンズファンに愛される名選手です。

立浪和義さんは2006年にサードを森野将彦さんと争うも、森野将彦さんの怪我によりレギュラーを確保。
ところがシーズン途中に森野将彦さんにレギュラーを奪われるとそれ以降は代打での起用が増えることに。

その後もレギュラーの座を勝ち取る事は出来ず2009年に引退を決意することとなっています。
立浪和義さんの野球人生において2006年がターニングポイントとなった事は間違いないでしょう。

長年、中日ドラゴンズに貢献してきた立浪和義さんからレギュラーを剥奪するのはなかなか決断できる事ではありません。
ですがこの決断を下したのは当時、監督を務めていた落合博満さんでした。

実力主義で勝利を至上命題にしていた落合博満さん。
時には「オレ流采配」と言われる独自の采配で批判を受ける事もありました。

ですが中日ドラゴンズの黄金期を築いた功労者の一人。
「名選手、必ずしも名監督にあらず」とよく言われますが落合博満さんは名選手でもあり名監督でもある稀有な人物でした。

そんな落合博満さんだからこそ立浪和義さんのレギュラー剥奪を決断できたのでしょう。

落合博満さんは勝負の場に私情を持ち込まない事でも有名でした。
2007年の日本シリーズで完全試合目前にピッチャーを交代エピソードがその事を何よりも物語っています。

落合博満さんが私情を持ち込まないエピソードは他にも。
立浪和義さん引退後、背番号「3」を永久欠番にしようというファンによる署名活動がありました。
ですが落合博満さんは森野将彦さんに背番号「3」を譲渡しようと考えていたそうです。

ただ、背番号「3」があまりにも重すぎるため森野将彦さんは辞退しています。

長年、中日ドラゴンズで活躍した立浪和義さんの背番号を永久欠番に、というのはファンとしては当然の思いだったのかもしれません。
ですが落合博満さんにしてみれば「背番号なんてただの数字」と思っていたのでしょうか。

これら一連の出来事が影響してか、立浪和義さんと落合博満さんは仲が悪いと言われているようです。
ですが世間が憶測に基づいて噂しているだけなので本当に二人が不仲なのか真偽は定かではありません。

ただ立浪和義さんは20年以上もプロ野球界で活躍した名選手。
プロの世界であれば実力がある人がレギュラーになるのは当然、と考えているはずです。

なのでレギュラーを剥奪したくらいで監督の事を憎んだり恨んだりすることはないと思います。
また背番号についても立浪和義さんが3番に愛着を持っていた事は間違いないでしょう。

ですが永久欠番を望んでいたかは分かりません。
むしろ3番を付けた別の選手が活躍する事でもっと大きな価値のある番号にして欲しいと思っていたのではないでしょうか。

立浪和義は星野仙一のおかげで頑張れた?

一人の人物との出会いがその後の運命を大きく変える、という事は少なくありません。
立浪和義さんにとって星野仙一さんはまさにそんな人物でした。

早くからドラフト会議で立浪和義さんを指名すると宣言していた南海ホークス。
そのため立浪和義さんも南海ホークスへの入団を決めていたそうです。

ところがドラフト直前で中日ドラゴンズからも1位指名される可能性があると聞かされた立浪和義さん。
するとドラフト会議で2球団の競合となり、くじを引き当てたのは中日ドラゴンズでした。

この時くじを引いたのが当時、監督だった星野仙一さんでした。
また星野仙一さんは高卒ルーキーの立浪和義さんを開幕からショートのスタメンで起用します。
これは球団史上初めての事でした。

しかも前年度ショートのレギュラーだった宇野勝さんはベストナインに選出される程の名選手。
ですので立浪和義さんもまさかスタメンで起用されるとは思っていなかったそうです。

星野仙一さんと言えば激情家で怒ってばかり、というイメージが強いですよね。
立浪和義さんも「10回怒られて1回褒められる」くらいの割合だったと語っています。

その1回がとても嬉しいため、選手達は頑張っていたところもあったそうです。
ただ、立浪和義さんは星野仙一さんの怒りの中にも愛情を感じていたんだとか。

監督の期待に応えるべく必死に野球に取り組んだ立浪和義さん。
星野仙一さんの教えがあったからプロ野球界で頑張れた、と語っています。

ミスタードラゴンズと呼ばれ中日ドラゴンズを代表する選手となった立浪和義さん。
星野仙一さんが監督としての成績だけでなく選手を育て上げる手腕も素晴らしいことが良く分かります。
名将と言われるのも納得ですね。

立浪和義が清原和博の支えに?

立浪和義さんを始め多くのプロ野球選手を輩出しているPL学園高校。
なかでも別格と言える存在なのが清原和博さん。

1年生の頃からPL学園の4番に座り甲子園に5季連続で出場し2度の優勝。
桑田真澄さんとの「KKコンビ」は日本で大フィーバーとなりました。

高校卒業後は読売巨人軍への入団を希望するも読売巨人軍はドラフトで清原和博さんを指名せず。
ドラフト1位で西武ライオンズに入団すると新人王を獲得する大活躍。
入団2年目の日本シリーズで因縁の相手ともいえる巨人軍と対戦した時に見せた涙は今も語り草となっています。

ベストナインやゴールデングラブ賞、オールスタゲームのMVPなど幾つもの表彰歴を持つ清原和博さん。
ですが本塁打王や打点王、首位打者といった打者の三冠タイトルの経験は無し。
そのため「無冠の帝王」と呼ばれる事もありますが球史に残る名選手であることは疑いようもない事実です。

引退後も評論家やタレントとして大活躍だった清原和博さん。
多くのプロ野球選手が引退後の生活に苦労している事を考えると非常に恵まれた環境だった事は間違いありません。

ところが清原和博さんは2016年2月2日に覚せい剤取締法違反で逮捕。
この事件でプロ野球界はもちろんのこと日本中が騒然となりました。

同年7月5日に執行猶予付きの有罪判決が言い渡された清原和博さん。
2014年から候補入りしていた野球殿堂入りの候補からも除外されるなど輝かしいプロ野球選手時代の功績をも汚す事となってしまいました。

今は医療機関や多くの人たちに支えられ依存症と闘っている清原和博さん。
PL学園では2年後輩だった立浪和義さんも清原和博さんを支える一人。

清原和博さんは保釈後、あまり人にあわない生活を送っていましたが立浪和義さんには何度か会っていたそうです。
二人で食事をしながら薬物依存と闘っている事など色々な話をしたそうです。

逮捕された事がきっかけで清原和博さんの元から離れていった人も多かったはず。
それでも救いの手を差し伸べる立浪和義さん。

立浪和義さんの懐の深さが分かるとともに二人が先輩・後輩以上の関係性である事も分かりますね。

立浪和義の性格は?

幼少期に父親が家を出て行ってしまったという立浪和義さん。
そのためリトルリーグで遠征に行くときなど、必要な準備は全て自分で行うなど自立心が強い性格に育ったそうです。

立浪和義さんは家族で男が自分だけだったことから自立心だけでなく忍耐力も鍛えられたのでしょう。
PL学園高校での厳しい練習でも常に冷静で辛い姿を見せる事はなかったそうです。

口ではなく行動でチームメイトを引っ張るタイプだった立浪和義さんですが1度だけある予告をした事があるんです。
それは2000本安打達成の予告。

この試合で2000本安打を達成すると予告した立浪和義さんは見事に有言実行。
対戦相手の読売巨人軍に当時所属していた清原和博さんから祝福の花束を受け取っています。

普段は大口を叩くようなタイプではないという立浪和義さん。
清原和博さんから花束を受け取るために何としても巨人戦で2000本安打を達成したい、という思いがあったのでしょう。
敢えて2000本安打達成を公言することで自分にプレッシャーをかけたのかも知れませんね。

立浪和義さんは自分で自分を追い込むことで結果に繋げる勝負強さを持っている事が分かります。
きっとそれくらいの気概が無ければプロ野球選手として大成しないのでしょうね。

立浪和義こそ本当の守備の名手!

守備の名手の証であるゴールデングラブ賞。
立浪和義さんは複数のポジションで通算5度のゴールデングラブ賞を受賞しています。

プロ野球界には守備の名手と言われる選手は少なくありません。
ですが立浪和義さんは歴代最高の選手とさえ言われる名手。

守備範囲が広く強肩で俊足。
さらに守備中に投手や他の選手に指示を出すなど第二の監督と言われる活躍ぶり。
立浪和義さんは攻守に渡って中日ドラゴンズの黄金期に貢献していたことが良く分かりますよね。

福留孝介さんや新庄剛志さんなど立浪和義さんに影響されたプロ野球選手は数知れず。

福留孝介の自宅は高級住宅街の芦屋?性格が悪いという噂&金にうるさく「あきれた」発言


輝かしい成績を残す事やチームの勝利に貢献するだけがプロではありません。
お客さんを楽しませて良い影響を与えられてこそ本当のプロ。

多くの人々に影響を与えた立浪和義さんは間違いなく本当のプロ野球選手といえますよね。

立浪和義が結婚した妻&子供について。離婚の噂とは?自宅は名東区?

中日ドラゴンズ関連記事
高木守道が自宅から指揮?監督成績と今。井端に激怒&権藤とは不仲?「普通です」が誉め言葉

谷繁元信の現在!奥さんと離婚&再婚は?息子たちも野球してる?性格の評判は!

和田一浩、結婚した嫁は美人で評判?子供は杉並区に住んでる?現在はコーチに就任

荒木雅博が結婚!嫁&家族構成は?井端弘和&落合博満とのエピソード。現在は中日のコーチ!

板東英二が甲子園で残した高校野球記録とは!プロ野球(中日ドラゴンズ)での成績は?

コメント

  1. 来季のドラゴンズの監督は立浪で決定だな。清原を2軍打撃コーチにしたら面白いかも。

  2. 来季のドラゴンズの監督は立浪で決定だな。清原を2軍打撃コーチにしたら面白いかも。