工藤公康の自宅は横浜?家族(兄弟や母)&出身地や実家まとめ

工藤公康(くどう きみやす)さんは名投手だけでなく名監督としても歩み出していますよね。

多くの球団を渡り歩いた経歴の持ち主なので自宅がどこにあるのか気になるところですよね。

今回は工藤公康さんの自宅や出身地、兄弟や母親など家族についてチェックして行きます!

工藤公康の自宅は横浜にある?

まずは工藤公康さんの”自宅がどこにあるのか”について見て行こうと思います。


西武(所沢市)からスタートして当時の福岡ダイエーホークス(福岡市)へ移籍し、その後は読売ジャイアンツ(東京都)や当時の横浜ベイスターズ(横浜市)に在籍してます。

工藤公康さんは成績が悪いと奥さんの勧めもあって何度も引っ越しをしていたそうです。

大手メディアが工藤公康さんの自宅について触れているツイートがありました。

これは日刊スポーツ記事を引用したツイートですが、具体的に「横浜市内」と掲載しています。

横浜市内の自宅を購入した時期は明らかになっていませんが、自宅以外にも”仕事部屋”と呼ばれる野球を研究するためのマンションを借りているそうです。

そこには6台のモニターがあって12球団の全試合(6試合)を録画して研究しているそうです。

ちなみに、シーズン中は福岡市内のマンションで生活しているそうですが、キャンプや遠征などを含めると年の半分以上は留守なので賃貸で充分だと思います。

他にもニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ!」では、横浜DeNAとの試合に向かうバスの中でマイクを持って自宅を紹介するエピソードも公開されていました(笑)

と言うことは、比較的大きな道路に面した場所に位置しているのかも知れませんね。

工藤公康の家族(兄弟や母)はどんな人?

次は工藤公康さんの母親や兄弟など家族について見て行きましょう。

生まれ育った家庭について調べると、工藤公康さんは三男として生まれました。

この投稿をInstagramで見る

2019.11.3 宮崎アイビースタジアム : #工藤公康

ジュリー(@syo_birth634)がシェアした投稿 –

しかし、工藤公康さんが2歳の時に両親は離婚してしまったらしく、離婚後は父・光義さんが子供たちの親権を持っていたので”男4人”で生活をしていたそうです。

しばらくして父親は再婚し、新しい奥さんとの間に子供をひとり授かったそうです。

父親の再婚相手には連れ子がいたそうなので、全部含めると7人家族という事になりますね。


ただ、工藤公康さんについては三男と四男の説がありますが、再婚相手の子供が年上で三男から四男になった可能性もあるので何とも言いきれません。

兄弟や実の母親、再婚相手の母親について工藤公康さん自身が触れる事はほとんどなく、名前や大人になって何をしているかなど明らかになっていませんでした。

父親は熱狂的な巨人ファンだったので息子たちにも野球のスパルタ教育をしたそうですが、工藤公康さん以外は付いて行けずに野球の道を辞めてしまったそうです。

工藤公康の出身地や実家はどこ?

最後に工藤公康さんの出身地や実家について見て行きます。

生まれた出身地は愛知県豊明(とよあけ)市ですが、しばらくして名古屋市に引っ越しています。

工藤公康さんが名古屋電気高校(今の愛知工業大学名電高校)卒業後に西武と熊谷組のどちらに進むか注目されていましたが、当時の新聞記事に住んでいた住所が載っていました。

番地こそ隠されているものの「名古屋市天白区高坂町」と具体的に掲載されていました。

父・光義さんは子供たちが独立した後に生まれ故郷の宮崎県(延岡市)に転居しており、新聞に掲載されていた住所に工藤家の方が今も住んでいるのかは不明です。


それにしても、工藤公康さんからはあまり名古屋っぽさを感じないのは何故でしょうか(笑)

工藤公康の経歴。中学や愛工大名電でも活躍?引退後に筑波大学へ進学

工藤公康の子供は5人!息子(工藤阿須加)と娘(工藤遥加)活躍!妻と離婚&再婚は嘘?

コメント

  1. 工藤監督は父である光義さんが亡くなられた時
    葬式には来てませんでした。
    よく他の兄弟の方々は帰省してらした様でしたが
    工藤監督はとんと見る事は無かったです。