園子温の嫁と子供について。国籍は日本人?父親から逃亡の過去

『自殺サークル』や『冷たい熱帯魚』などセンセーショナルな作品を次々と発表し、鬼才と称される園子温(そのしおん)監督。

海外での受賞歴も多く、ワールドワイドに評価が高い日本人監督の一人です。

嫁はあの話題作に出ていた女優ですが、夫妻に子供はいるのでしょうか。

また国籍はどこか、日本人なのかと思われるのは変わった名前だけのせいではないようです。

厳格だった父親との関係についても踏み込んでいきたいと思います。

園子温の嫁はあの女優!子供はいる?


バイオレンスやエロスを描いた過激な作品を多く手がけてきた園子温監督。

好き嫌いがはっきり分かれる映画監督といえるでしょう。

1961年12月18日、愛知県豊川市に生まれ、豊橋東高校在学中に詩人デビュー。

『ユリイカ』などの専門誌で「ジーパンをはいた朔太郎」の異名をとりました。

映画制作を始めたのは法政大学入学後。

2019年2月7日に心筋梗塞を発症して救急搬送された際は心配するファンの声がSNSに多く寄せられましたが、一命を取りとめて無事に退院。

今後も映画制作への情熱をみせてくれました。

入院時、園子温監督には第一子が誕生したばかりでした。

妻の神楽坂恵さんは2月5日に女児を出産。

出産直後の恵さんにしてみれば生きた心地がしなかったでしょう。

神楽坂恵さんは園監督の『冷たい熱帯魚』『恋の罪』などに出演した女優です。

1981年9月28日生まれですから、20歳の年の差夫婦。

グラビアアイドルとしてデビューしたのち女優に転向し、『冷たい熱帯魚』では吹越満さん演じる主人公の妻役を好演しました。

出会いは2009年、監督が知人に誘われてバーに行き、紹介されたとのこと。

監督はその場で自分の映画に出てほしいと懇願。

運命を感じる符合があったとのちに明かしています。

それは監督の母親の名前と恵さんの本名が同じだったこと。

母親は「いずみ」で、恵さんは「いづみ」。

やがて交際がスタートし、2011年11月11日に結婚しました。

神楽坂恵さんは2020年現在、映画製作会社・シオンプロダクション社長としての業務が中心になっているようです。

園子温の国籍は?日本人?

園子温監督は愛知県の豊川稲荷にほど近い豊川仲町の生まれです。

「園子温」という名字1字、名前2字のめずらしい響きから、国籍や日本人なのかということに関心が持たれていますね。

ウィキペディアには国籍は日本とありました。

ちなみに妻の神楽坂恵さんも日本国籍と記載されています。

監督は取材で家族の名前を明かしたことがあり、それらの読みが「ロカ」「アリック」「エリカ」といった日本人離れした名前だったことも外国人説が浮上した一因といえそうです。

実家はかつて大地主で、地元では有名な名家なのだそう。

もともと園家は江戸時代に住職と尼が駆け落ちしたのが始まりらしいとも話しています。

おそらく歴史の古い家なのでしょう。

これらを合わせて考えてみると、国籍は日本とみてよさそうです。

園子温の父は厳格を通り越してる?


育った家庭を『犬神家の一族』のようだったと振り返る園子温監督。

人生に立ちはだかった最初の壁は父の存在だったようです。

父・音巳(おとみ)さんはすでに他界していますが、大学の英語の教授で亭主関白な性格でした。

母も教員だったため、かなり厳格な家庭だったようです。

例えば、脚を組んだだけで叱られる。

勉強机は監視のできる廊下に置かれる。

さすがに毎日がつらくて、このままでは両親に押しつぶされるという危機感から故郷を離れました。

親の重圧から逃れたのですね。

行動に移せるか移せないかの違いはありますが、これはよい選択だったと思います。

度を越した父の厳しさへの反抗心は映画づくりのエネルギーにもなったのでしょう。

自分の中の体面や良い子の部分を捨て去って、純粋に映画を撮らなければ輝きにはたどり着けないという境地に達したそうです。

やや遅めの結婚になったのも、父のようになるかもしれないという恐れがあったからだとか。

一般的によく知られる園子温監督作品は、日本中を震撼させた事件をモチーフにしたものが多いと思います。


ですが、ヒューマンドラマ『ちゃんと伝える』や、原発事故を描いた『希望の国』なども必見です。

どの作品にも共通しているのが強烈な余韻が残るというところでしょうか。

ますますの園ワールドに期待です。

冨手麻妙の所属事務所は今どこ?坊主姿がインスタに投稿!園子温を出待ちした?

筒井真理子は結婚歴&夫なし!独身なぜ?園子温監督映画でヘアヌードに!美人の秘訣は?

横尾初喜(監督)は韓国人との噂?年収は?エンクミと結婚&離婚危機説はウソ?

コメント