大友克洋が影響を与えた技法&物言う背景。立教大学?河村康輔と服をコラボ

今もなおSF漫画の金字塔と言われる「AKIRA」を生み出した大友克洋(おおとも かつひろ)さん。
大友克洋さんがいなかったら日本の漫画が世界で評価される事はなかったかもしれません。

大友克洋の漫画界に影響を与えた技法とは

当時、日本の漫画界に革新を起こしたと言われる「AKIRA」。

アメリカで最も権威があると言われる漫画賞を受賞するなど世界的にも高く評価されている作品です。
ハリウッドで実写映画が製作される事が正式に発表された事も大きな話題となりましたよね。


その「AKIRA」の作者と言えば大友克洋さん。
漫画家だけでなくアニメや映画の監督、脚本家としても活躍しています。

大友克洋さんは「大友以前・大友以後」と言われる程、その後の日本漫画界に大きな影響を与えた事はあまりにも有名ですよね。
では、大友克洋さんの一体何が日本の漫画界に影響を与えたのでしょうか。

キャラクターを美化しない事と極細線による緻密な描き込み、それと画面構成です。

それまでは漫画と言えば男性は格好良く、女性は可愛らしく描くのが当然とされていました。
ですが大友克洋さんはキャラクターを美化することなくアジア人の容姿の特徴をそのまま描いています。

また、大友克洋さんの漫画の特徴でもある描き込み。
均一な線による異常と言えるほど描き込みや複雑なパースによる3次元風景は圧巻の一言。
多くの人が大友克洋さんの作品に魅了されるのも納得です。

大友克洋さんが「AKIRA」を発表したのは今から30年以上も前のこと。
ですが今もなお多くの漫画家が大友克洋さんの影響を受けていると言われています。

絵が上手くストーリーを作るのも上手いという漫画家は少なくありません。
ですが大友克洋さんのように漫画界の歴史を変えた、と言われる人は数えるほど。

大友克洋さんが世界中で評価されるのも納得ですよね。

大友克洋は立教大学出身?

大学全入時代となった今も学歴が重視される日本。
一般社会だけでなく芸能界でも高学歴な人が増えていますよね。

学歴とは無関係に思えそうですが漫画家も高学歴な人が多いんです。
そこで大友克洋さんの出身大学を調べてみると「立教大学」というキーワードが見つかりました。

のむらしんぼさんや城アラキさん等、立教大学出身の漫画家は少なくありません。
大友克洋さんも立教大学出身なのかと思い調べてみると意外な事実が。

大友克洋さんの最終学歴は宮城県佐沼高等学校。
つまり大学には進学していないんです。

大友克洋さんは過去に立教大学の卒業アルバムのカバーのイラストを手掛けたことがあったんです。
そのため大友克洋さんと立教大学というキーワードがセットになっていたようです。

大友克洋さんが描いたイラストが卒業アルバムのカバーになっているなんて羨ましい限り。
きっと学生は卒業証書を貰った時よりも嬉しく思ったことでしょう。

大友克洋の作品は背景もストーリーを語る

漫画の描き方は独学で学んだという大友克洋さん。
誰に教わるでもなくあれだけの漫画を描けるなんてまさに天才。

逆に漫画の描き方を教わらなかったから革新的な漫画を描くことが出来るのかもしれません。

そんな大友克洋さんの作品にはキャラクターが登場しない背景だけのコマが続くことが良くあります。
キャラクターが登場しないシーンだけを描くというのは相当勇気がいること。

場面転換などで背景だけのシーンが使われる事は多々あります。
ですが使い方が下手だとストーリーの流れを遮ってしまうだけのコマとなってしまいます。


ところが大友克洋さんが描く背景は「何かを語っている」と評価されています。

背景だけで読者に何かを訴えかける。
これも大友克洋さんの画力があるからこそ為せる業と言えるでしょう。

大友克洋と河村康輔がきっかけで服をコラボ

グラフィックデザイナーやコラージュアーティストとして活躍する河村康輔さん。
ライブ、イベントのフライヤーやアパレルのグラフィックなど幅広く活動しています。

サンフランシスコやベルリンなど海外でも個展を開催するなど国内外で高く評価されている河村康輔さん。
新作を発表すると瞬時に売れてしまうなど最も注目を集めるアーティストと言っても過言ではありません。

そんな河村康輔さんは2012年の「大友克洋GENGA展」でメインビジュアルを担当。
大友克洋さん初の原画展という事もあり大きな話題となりました。

その後も交流が続いた大友克洋さんと河村康輔さん。
2017年に若者に大人気のブランド「Supreme」と「AKIRA」がコラボしたのも河村康輔さんがきっかけでした。

当初は「AKIRA」のTシャツを作る事に乗り気ではなかったという大友克洋さん。
河村康輔さんは2年がかりで説得し「Supreme」と「AKIRA」のコラボが実現。
デザインはもちろん河村康輔さんが手掛けています。

「AKIRA」がファッションブランドとコラボしたのはこれが初めてのこと。
河村康輔さんがいたから実現した奇跡のコラボレーションと言えるでしょう。

それから2年後の2019年に大友克洋さんと河村康輔さんは「PARCO MUSEUM TOKYO、GALLERY X」のオープニング展の実施を発表。

渋谷PARCOの建て替える際の仮囲いに描かれた「AKIRA」のアートウォールに原画の展示。
また、「AKIRA」に登場するオブジェを再現したものも設置されています。


それに加えてオリジナルグッズも販売となれば国内外から「AKIRA」ファンが殺到する事は間違いないでしょう。

国内外からその動向が注目されている大友克洋さんと河村康輔さん。
これから先、どんなコラボを見せてくれるのか非常に楽しみですね。

島本和彦の奥さん&子集英社について。江川達也を非難&岡田斗司夫との対談が人気

真島ヒロの年収は?専門学校すぐ退学&田中宏を尊敬。歴史的作品が作画スピードで実現

コメント