渡瀬マキが今もかわいい!病気の原因は?結婚した夫はリンドバーグのメンバー

リンドバーグといえば90年代の音楽界を代表するロックバンドで、2019年で結成30周年を迎えました。

そこでボーカルを担当するのが、今回ご紹介する渡瀬マキ(わたせまき)さんです。

近年では病気を患い療養中とのことですが、現状はどうなのでしょうか。

また、結婚した夫や子供についても見ていきたいと思います。

渡瀬マキの今は昔と変わらずかわいいと話題!


1986年、ヤングジャンプ・クイーン・コンテストでグランプリを受賞したことをきっかけに芸能界デビューした渡瀬マキさん。

彼女はロック歌手というイメージが強いですが、当時は「真珠のような女の子」をキャッチフレーズに、アイドル歌手として活動していたのですね。

渡瀬さんが歌手を目指したのは、松田聖子さんに憧れていたからだったそうです。

そう言われると、確かに雰囲気が似ている気がしますね。

しかしアイドルとして活躍していたのは、デビューからたったの1年だけでした。

1988年になると、みなさんご存知の「LINDBARG(リンドバーグ)」を結成。

かつての可愛いアイドルとは真逆のバンドボーカルとしての活動をスタートさせます。

ダメージジーンズに革ジャン、髪型は大胆なショートヘアと突然の路線変更には誰もが驚きを隠せませんでしたよね。

ですがこれが大成功で「今すぐKiss Mee」や「もっと愛しあいましょ」が大ヒット。

リンドバーグは一躍人気バンドの仲間入りとなります。

そんな渡瀬さんも年齢は現在では50歳になりましたが、その可愛らしさは全く衰えていませんね。

これからも素敵に歳を重ねていってほしいと思います。

渡瀬マキが病気を公表。どんな症状で現在は?

2018年4月、公式サイトにて「機能性発声障害」であることを公表した渡瀬さん。

本人のコメントによると2017年から体調を崩していたのだそう。

頭痛や吐き気に悩まされ、眠ることも食べることもできない日々が続いていき、次第に声が出なくなっていったと言います。

しかしすぐには原因がわからず、何箇所もの病院を回ってようやく病名が発覚したようですね。

この病気は、精神的ストレスや声帯酷使など様々な原因が理由で発病してしまうそうです。

渡瀬さんは歌うことが仕事ですので、もしかしたら喉を酷使したことも原因の一つだったのかもしれません。

現在は少しずつ回復に向かっているとのことですが、まだ歌を歌えるまでのパフォーマンスにはないそうです。

リンドバーグファンはもちろん、渡瀬さんのファンにとっても非常に心配なニュースですよね。

また、ブログについても病気の報告を最後に更新がストップしています。

現在の体調はどうなのでしょうか?

できることなら第三者を通してでもいいので、近況とともに元気であることを報告してもらいたいですね。

渡瀬マキが結婚した夫はリンドバーグのギタリスト

渡瀬さんの旦那さんは、リンドバーグのメンバーの平川達也さんですね。

渡瀬さんより7歳年上で、楽器はギターを担当されています。

同じくバンド内での夫婦といえばサザンオールスターズの桑田佳祐さんと原由子さんが有名ですよね。

平川さんは渡瀬さんがアイドル時代からのバックバンドメンバーということで、やはり一緒にいる時間が長いだけに恋愛に発展しやすかったのでしょう。

お子さんは、男の子と女の子が1人ずついらっしゃるそうですよ。

そしてこの2人、リンドバーグ以外にも「タツマキ」というユニットを組んでいるのですがご存知でしたか?

渡瀬さんが作詞、平川さんが作曲と夫婦二人三脚で協力し合いながら楽曲提供などを行っているようですね。

普通なら家でも仕事でも一緒だなんて息が詰まりそうですが、渡瀬さん夫婦はとても仲が良いようです。

そしてそれは平川さんの性格の影響が大きいのかもしれません。

関係者によると天然なところがあるらしく、同じく天然な渡瀬さんとはいいコンビだと言われているそうですよ。


また、今は渡瀬さんが病気療養中とのことで、日々献身的なサポートをされていることでしょう。

これからもお互いに支えあいながら素敵な夫婦でいてほしいですね。

コメント