田原成貴の現在。八百長疑惑の真相とは。武豊より天才?藤田伸二のツイートで死亡説

田原 成貴(たばら せいき)さんは競馬界で華やかな騎乗やレースを演出して話題になりました。

騎手を引退後は調教師になりましたが、不祥事を繰り返して実質的に競馬界追放となりました。

今回は田原成貴さんの現在や八百長騒動の真相、藤田伸二さんのツイートなどを見て行きます!

田原成貴の現在や活動について

まずは田原成貴さんが競馬界から実質的に追放されて以降の現在について見て行きます。


1998年2月22日に騎手を引退し、1999年3月から調教師として活動していましたが、2001年10月8日に銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されました。

これに対してJRAは12月21日に裁定委員会を開いて「調教師免許剥奪」の処分を下しています。

その後も薬物や障害で逮捕・起訴されており、2010年11月29日の裁判で懲役2年2ヶ月の実刑判決を受けて収監、2013年5月に刑期を終えて加古川刑務所を出所していました。

これ以降は競馬に関わることは無く、現役時代から続けていた音楽活動をしているようでした。

ロックバンド「海保ロックンロールバンド」にメンバーとして参加していましたが、ファンの多くは田原成貴さんが元騎手とは知らなかったと言っていたそうです。

今は海保ロックンロールバンドのメンバーでは無いらしく、目立った活動はありませんでした。

ただ、音楽関係者のインスタグラムに登場していたので音楽関係の何かをしていると思います。

年齢による外見の変化はありましたが、今も一目でわかる姿をキープしていた事に驚きました。

競馬関係に携わる事はできなくなりましたが、もしかすると今が一番楽しいのかも知れません。

田原成貴の八百長疑惑の真相

次は田原成貴さんが八百長をしたと言われるレースや真相について見て行きます。

この疑惑は「サルノキング事件」とも呼ばれており、対象レースの「スプリング・ステークス」と前々走「東京4歳ステークス」などの戦法が正反対だったのが発端でした。

簡単に言えば前々走は”先行策で押し切って勝った”というレース内容でしたが、次走では”最後方からのレースで4着に負けた”という内容から批判されていました。

さらに疑惑を加速させたのはサルノキングの馬主が勝ったハギノカムイオーの所有権を半分持っており、賞金不足だったハギノカムイオーを皐月賞に出すためだと言われました。

※スプリング・ステークスは5着馬までに皐月賞への優先出走権があった(現在は3着馬まで)

ただ、自力でハギノカムイオーが勝利しているので優先出走権を根拠にするのは苦しいです。

乗り方については東京4歳ステークスでも「持って行かれるような感じで」と実況されており、性格的に折り合いを欠くタイプの馬であることが分かります。

地元の関西では後方待機の戦法で知られていましたが、関東では先行するレース内容だけだったことも八百長疑惑に拍車をかける展開となってしまいました。

これについては競馬場のコースに合わせた事よりも、輸送による精神的変化もあると思います。

そもそも田原成貴さんの性格的に八百長を頼まれたら逆に勝ちに行くタイプなので、関係者の間で今回の八百長疑惑は大きな話題にもならなかったそうです。

また、サルノキングはスプリング・ステークスのレース中に骨折をして引退しています。

田原成貴は武豊よりも天才だった?

次は田原成貴さんは”武豊さんよりも天才なのか?”について見て行きます。

とは言っても、どの部分を評価してアスリートを天才と判断するのかは難しいところですよね。

天才には”自分で説明できるタイプ”と、いわゆる”無意識で説明できないタイプ”が存在します。

前者はイチロー選手の様な秀才型タイプで後者は長嶋茂雄さんのようなタイプですが、田原成貴さんと武豊さんは2人とも前者の秀才型と言えると思います。

そんなふたりの伝説のレースと言えば1996年の阪神大賞典で間違いないでしょう!

ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ちは今でもファンの間で語り継がれています。

そんな中、ふたりの一番違う点は「人付き合いや人間関係」だと思います。

武豊さんは武邦彦さんの息子として早くから注目を集め、新人の頃から多くの馬を回してもらうなど他の騎手に比べて恵まれた環境だったのは間違いないです。

一方の田原成貴さんは普通の家庭に生まれたので特別なコネも無く、数少ないチャンスをモノにして結果を出してきた点については勝っているのかも知れません。


また、田原成貴さんは思い切った騎乗や戦法を採って勝つことが多いので、言うなれば「危険な香りのするタイプの天才」と言っても良いでしょうね(笑)

個人的には武豊さんは秀才タイプで田原成貴さんは天才タイプだと思っています。

藤田伸二のツイートで田原成貴に死亡説!

最後に藤田伸二さんのツイートによる田原成貴さんの死亡説について見て行きます。

田原成貴さんと藤田伸二さんは競馬の枠を超えた人間関係を構築しており、不祥事を繰り返して競馬界から追放されるまで「兄貴」と呼んで慕っていました。

そんな藤田伸二さんが2018年8月26日にツイートした内容が波紋を広げていました。

ツイートの中の「兄貴分」や「可愛がってもらい」から田原成貴さんと誤解する人が多く、リプライ(返信)でも心配する声が殺到したので追加でツイートしていました。

このツイートで亡くなった兄貴分は田原成貴さんではないと明確に否定していますが、仮にも師匠と慕っていた人を呼び捨てにするのは少し残念な気がしますね。

もっとも、犯罪を犯して実刑を受けているので仕方ないかも知れませんが。

以上の事から見ても田原成貴さんは亡くなっておらず、現在も関西で活動していると思います。


関連記事
武幸四郎の結婚や嫁&子供まとめ!高島彩との熱愛と破局理由。現在は騎手を引退して調教師

武邦彦の家族、長男と次男。武豊にとって父は偉大な先輩。死因や葬儀について

佐藤哲三は落馬で左手を大怪我し引退。現在&結婚した嫁との離婚について

福永洋一の現在と天才の理由。落馬事故による脳挫傷の後遺症、リハビリと奇跡的な回復

安藤勝己の豪快伝説を武豊が紹介!ダービーのエピソード。嫁や息子&娘はどんな人?

コメント