中嶋美智代の現在。夫はサブロー&子供もプロ野球選手に?離婚の噂なぜ

かつてはアイドルとして活動していた中嶋美智代(なかじま ミチヨ)さん。

1ヶ月1万円生活での再ブレイクを覚えている人も多いのではないでしょうか。

中嶋美智代のプロフィール

愛称:ミッチー

本名:大村美智代(旧姓 中嶋)

生年月日:1973年1月2日

身長:157cm

出身地:埼玉県志木市

最終学歴:豊南高等学校

所属事務所:ハーベストムーン

中嶋美智代は現在

かつてフジテレビが主催し運営していたタレント育成講座の「乙女塾」。

永作博美さんや宮前真樹さん、三浦理恵子さんなど多くのタレントを輩出。

中嶋美智代さんも乙女塾から誕生したタレントの1人でした。

3期生として乙女塾に所属した中嶋美智代さん。

愛らしいルックスで乙女塾でもトップクラスの人気に。


今では伝説となったアイドルグループ「ribbon」入りも予定されていましたが1991年にソロデビュー。

きっと他のメンバーが中嶋美智代さんの引き立て役になってしまうと危惧してのソロデビューだったのでしょう。

デビュー当初は「最後の清純派」や「鼻声の魔術師」と呼ばれた中嶋美智代さん。

サンミュージック、ポニーキャニオンの猛プッシュもありデビュー曲はオリコンで9位になるなど上場の滑り出し。

同年の日本レコード大賞の新人賞、日本歌謡大賞の優秀放送音楽新人賞を受賞するなど人気アイドル歌手の仲間入りを果たします。

ただ、入れ替わりが激しい芸能界。

特にアイドル業界では次々に若くて可愛いアイドルが世に出てきますよね。

その波に圧されたためか中嶋美智代さんの楽曲の売上は思うように伸びず。

そのため1990年代後半からはタレントとしても活動を始めるようになります。

そんな中嶋美智代さんの最大の転機となったのが「いきなり!黄金伝説。」への出演。

中嶋美智代さんは同番組の「1ヶ月1万円生活」で最初の挑戦者に抜擢されたんです。

食費だけでなく光熱費も含めて1か月を1万円で生活するというこの企画。

中嶋美智代さんは1度目の挑戦では最終日に僅か14円足りずに達成ならず。

ですが2度目の挑戦で見事に1ヶ月1万円生活を達成。

この企画がきっかけで全国的な人気を獲得した中嶋美智代さん。

「超節約レシピ50」という書籍を発売するなど一躍、時の人となりました。

また、中嶋美智代さんの活躍のおかげで「1ヶ月1万円生活」は番組を代表する大人気企画に。

中嶋美智代さんの成功が無ければ「無謀な企画だった」と企画が消滅していたかもしれませんね。

一世を風靡した中嶋美智代さんですが、ここ数年はメディアで姿を目にする事が殆どありません。

公式ブログの更新も2016年9月26日が最後になっています。

これらの事から今は芸能活動はしていない可能性が高そうです。

きっと仕事よりもプライベートを優先しているのでしょう。

中嶋美智代の夫はサブロー

「1か月1万円生活」でブレイクした中嶋美智代さん。

それから間もなくしてプロ野球選手のサブロー(本名 大村三郎)さんと結婚しました。

高校野球の名門PL学園高校では1番センターを務め選抜ベスト4に導いたサブローさん。

ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団すると高卒ながら1年目から1軍に定着。

走攻守の揃った名手として長年、千葉ロッテマリーンズで活躍。

そのため「ミスターマリーンズ」と言えばサブローさんの名前を挙げるファンも少なくありません。

プロ入りから千葉ロッテマリーンズに多大な貢献をしていたサブローさん。

2011年6月29日にトレードで読売巨人軍に移籍する事が発表されると大きな話題に。

そして同年オフにFA権を行使して千葉ロッテマリーンズに復帰した事は更なる話題となりました。

球界の盟主と言われ全国的な人気を誇る読売巨人軍。

入団したいと思っても簡単に入団出来る球団ではありません。

そんな超人気球団を蹴って千葉ロッテマリーンズに戻ったサブローさん。

サブローさんがどれだけ千葉ロッテマリーンズを愛していたかが良く分かりますよね。

2016年に現役を引退したサブローさん。

その後、千葉ロッテマリーンズのスペシャルアシスタントや日刊スポーツの高校野球記事の編成部長を歴任。

現在は東北楽天ゴールデンイーグルスのファームディレクターとして若手選手の育成に力を注いでいます。

ここ数年、中嶋美智代さんをメディアで見かけないのはきっと夫のサポートに専念しているから。

何よりも体が資本のアスリート。

そのため中嶋美智代さんは得意の料理の腕を活かしてサブローさんの体調管理のサポートをしているのでしょう。

夫サブローとの馴れ初め

中嶋美智代さんは、2006年10月に「出会い」というタイトルでブログを発信しています。

そこに二人の馴れ初めがつづられていました。

中嶋美智代さんは、当時新宿にあった「ちゃんこ大翔」というお店によく行っていたそうで、そこのご主人にサブローさんを紹介されたのがきっかけでした。

お店のご主人は、きっと二人は相性がいいというインスピレーションがあったのかもしれません。

初めて会った時は会話が全く弾まず、それを見かねたお店のご主人が、「ドライブでも行ってきたら?」と提案します。

そしてサブローさんの車でドライブに行くことになった二人。

いきなり高速に乗りどこに行くかと思ったら、「ここ、僕の職場です」と、着いた先は幕張の球場だったそうです。

中嶋美智代さんは初めて目の前で見る球場の大きさに感動したといいます。

そして真っ暗な海の目の前のベンチで、

「俺の支えになってくれませんか?」

とサブローさん。


さっき出会ったばかりなのでおそらく、付き合ってくださいという意味だと思われます。

しかし結果的にそれがプロポーズの言葉になったとつづっていますので、交際から自然と結婚という形になったのでしょう。

中嶋美智代さんは、伝え方が下手な彼から聞いた最高の言葉だったと当時を振り返っていました。

中嶋美智代の子供の情報は?

中嶋美智代さんとサブローさんの間には一女二男、計三人の子供がいます。

長女の名前は「唯奈」さんで誕生日は2001年1月30日。

その10年前の1991年1月30日は中嶋美智代さんが歌手デビューした日。

「歌手 中嶋美智代」が生まれた10年後に娘が産まれるなんて凄い偶然ですよね。

2022年時点で長女は21歳を迎える年齢ですが、どこの大学に通っているかは明かされていません。

中嶋美智代さんとサブローさんの娘なので小学校から大学まで名門の一貫校に通っている可能性もありそうです。

長島三奈さんや永島優美さん、田淵裕章さんのように元アスリートの子供がアナウンサーになるケースは少なくありません。

もしかすると中嶋美智代さんの娘もアナウンサーになるかもしれませんね。

続いて中嶋美智代さんの長男の名前は「勝星」くん。

「勝星」なんて流石はスポーツ選手の子供といった名前ですね。

誕生日は2006年4月21日なので2020年時点では中学生。

父のサブローさんがプロ野球選手なので長男も野球をしているのでしょうか。

近い将来、サブローさんの息子として高校野球で話題になるかも。

最後に次男の名前は「魁星」くん。

2009年3月15日生まれなのでまだ小学生ですね。

いつか兄弟そろってプロ野球の舞台で活躍する日が来るのでしょうか。

中嶋美智代の子供が野球選手宣言?

三人の子供にめぐまれた中嶋美智代さん。

夫は元プロ野球選手のサブローさんなので、息子さんが将来野球選手になるのかが気になるところ。

調べてみたところ、意外な事実がわかりました。

2016年にマリンスタジアムで行われたサブローさんの引退試合を見に来ていた中嶋美智代さんと子供たち。

22年間の選手生活にピリオドを打った父・サブローさんに子供たちが手紙を書いていました。

長女の唯奈さんは、「世界一大好きなパパへ」という手紙を書いています。


二人の息子はというと、なんと「僕たちは将来プロ野球選手になる」と手紙に決意表明したのだそうです。

お父さんの勇姿を見て自分たちも野球選手になりたいと思ったのでしょうね。

この引退試合の時、息子さんは10歳と7歳くらいだったので、成長するにつれ将来の夢は変わってくるかもしれません。

ですが、決意表明するくらいなので、すでに野球を始めていた可能性は高そうです。

子供たちから手紙をもらいサブローさんはさぞかし嬉しかったことでしょう。

引退会見では、引退の話をすると子供たちが泣くと分かっていたため直接言うことができなかったと語ったサブローさん。

それくらい野球をするお父さんが好きだったということがわかりますね。

また、引退会見でサブローさんは、「次の夢を息子に託したい」とはっきり語っていることから、息子さんは野球選手になる可能性が高いのではないでしょうか。

兄弟で同じチームに入っても別のチームで対戦しても話題になる事は間違いなし。

更にサブローさんが監督をしていたら往年のファンなら感涙ものですね。

中嶋美智代に離婚の噂とは

三人の子宝に恵まれアスリートの夫を支え続ける中嶋美智代さん。

まさに「良妻賢母」という言葉がぴったりですよね。

誰もが羨む理想の家庭を築いた中嶋美智代さん。

ところが過去に離婚の噂が流れた事があるんです。

離婚の噂が流れた原因はサブローさんの不倫報道。

それは2011年3月の千葉ロッテマリーンズ恒例、石垣島キャンプでのこと。

地元の有力者に紹介され島内の女性と知り合ったサブローさん。

妻子ある身にも関わらずその女性と肉体関係になってしまったそうです。

不倫をスクープした週刊文春にはサブローさんと女性の生々しいやり取りが掲載されていました。

この報道を知った中嶋美智代さんは大変なショックを受けた事は間違いありません。

「離婚」という選択をしても不思議ではありません。


ですが中嶋美智代さんとサブローさんは離婚することはありませんでした。

きっとサブローさんが心から反省している事が中嶋美智代さんに伝わったのでしょう。

出来心だったのかも知れませんが過ちは過ちです。

三人の子供たちのためにも、サブローさんは二度と中嶋美智代さんを裏切る事がないようにして欲しいものですね。

永作博美が若い秘訣。甘酒のおかげ?スキンケア&メイクのポイント

コメント