久世光彦の妻(野口ともこ)と前妻について。向田邦子との名コンビ&息子と娘は?

『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』など、子供から大人までを夢中にさせる高視聴率ドラマを送り出した演出家・久世光彦(くぜてるひこ)さん。

ここでは不倫スキャンダルの末に再婚した妻・野口ともこ(のぐちともこ)さんと前妻に迫ります。

また、ドラマ制作の盟友だった脚本家の向田邦子さんや、息子と娘についても取り上げます。

久世光彦の妻は『ムー一族』の野口ともこ(のぐちともこ)。前妻は?

久世光彦さんは1935年4月19日、東京都杉並区に生まれました。


東京大学文学部卒業後に現在のTBSに入社し、演出家・プロデューサーとしてドラマ史に残る数々の名作を手がけます。

TBS退社後は映像制作会社カノックスを設立。

演出家としての活動のかたわら小説・エッセイなどの執筆活動にも取り組み、高い評価を得ていましたが、2006年3月2日に虚血性心不全のため70歳で死去しました。

妻・久世朋子さんは1957年3月、新潟県糸魚川市生まれ。

『ムー一族』に出演していた女優で、由利徹さんが演じた近松屋の主人・平さんの娘役だった野口ともこ(のぐちともこ)さんです。

2010年12月には、夫との出会いから別れまでを綴ったエッセイ『テコちゃんの時間―久世光彦との日々』を発表しました。

高校時代に劇団に入るため上京し、人気演出家の久世光彦さんと出会ったそうです。

女優デビューは映画『青春の殺人者』。

やがて妻子ある久世光彦さんが部屋を訪れるようになり、密やかな恋がスタート。

ところが1979年1月25日、『ムー一族』の打ち上げパーティーで二人の関係を暴露される騒ぎが起こります。

暴露したのは樹木希林さん。

希林さんはスピーチで、二人が男女の関係にあることや、「近松屋の娘」がすでに妊娠8か月であることを明かし、パーティーの空気を凍りつかせます。

「そんな話やめろ!」と怒って会場を後にする沢田研二さん。

「あの野郎、離婚だ!」と気色ばむ内田裕也さん。

泣き崩れるともこさんを周囲の人間が抱える状況のなか、久世光彦さんは希林さんの言葉を受けて自身の不徳を認めるとともに、これが人間なのだと胸のうちを吐露しました。

当時の妻である前妻については名前ほか詳細は不明ですが、子供の認知は認めないと強硬姿勢をみせていたようです。

結局、久世光彦さんは正式に離婚し、ともこさんと再婚。

TBSを辞職して独立することになりました。

夫の死後は銀座にバー・茉莉花を開店。

2010年の時点では確認がとれていますが、その後の経営状況は不明です。

久世光彦と向田邦子の名コンビで人気ドラマ連発

久世光彦さんのキャリアを語るうえで、脚本家・向田邦子さんとの強力なタッグを無視することはできません。

二人はドラマ制作現場での同志であり、友人でもありました。

代表作『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』はいずれもコンビ作品。

1981年、向田邦子さんが飛行機事故で急逝したあとも、その作品世界を忠実に再現できる演出家として『向田邦子新春シリーズ』をはじめとする多くのドラマを手がけています。

50代以降、久世光彦さんはまるで向田邦子さんに挑むかのように作家活動に重心をおくようになりました。

『触れもせで  向田邦子との二十年』『夢あたたかき 向田邦子との二十年』には20年におよぶ二人の思い出が綴られています。

久世光彦さんが小説執筆に打ち込んだ背景には、6歳年上の向田邦子さんの影響はもちろん、憧れやライバル意識もあったのではないかと思います。

久世光彦の息子や娘は?

久世光彦さんの子供については情報がほとんどありませんが、少なくとも息子と娘がそれぞれ一人いるようです。

ペンネームの「林紫乃」の「紫乃」は長女の名前をもじったもの。

また、妻の朋子さんは1979年3月25日に長男を出産しています。

不倫交際をしていた頃、久世光彦さんにはすでに子供がいました。

この前妻との子供が長女でしょうか。

長男は、おそらく音楽プロデューサーの久世烈さんかと思われます。

烈さんは『恋はつづくよどこまでも』『病室で念仏を唱えないでください』などのドラマで音楽コーディネーターを務めた人物。

映画では、又吉直樹さん原作による『凜 りん』で音楽プロデュースを担当しています。


挿入歌をスマッシュヒットさせたり、生ドラマに挑戦したりと、ユニークで実験的な演出が人気を呼んだ久世光彦さん。

ドラマはもとより、小説やエッセイでも古き良き昭和を再現する名手でした。

向田邦子の恋人・中原歩とは?久世光彦との関係&結婚観と恋愛。マンションが有名

向田邦子の父と母が作品モデルに。兄弟など家族まとめ&猫が大好き

向田邦子の飛行機事故について。台灣行きは想定外だった、飛行機嫌いで有名

コメント