新井貴浩の結婚した嫁(大橋裕美子)は元アイドル!息子が2人&家について

新井 貴浩(あらい たかひろ)さんはカープ時代に結婚して2人の息子を授かったそうです。

嫁さんはアイドルとして活動していたそうなので、その美しさも気になるところですよね。

今回は新井貴浩さんの嫁や息子さんたち、家族が住んでいる家について見て行きましょう!

新井貴浩の結婚した嫁(大橋裕美子)は元アイドル!


まずは新井貴浩さんが結婚した嫁さんについて見て行くことにしましょう。

新井貴浩さんが結婚したのは2003年12月のことで、お相手は大橋裕美子さんという女性でした。

裕美子さんはフジテレビ系「パラダイスGoGo!」内の”乙女塾”というユニットに在籍していた経歴がありますが、特にブレイクすること無く表舞台から去って行きました。

そこで気になる馴れ初めを調べると、同じ駒澤大学に通っていたことが縁になったそうです。

ふたりは在学中から付き合っていたらしく、6年もの交際を経て見事にゴールインをしました!

プロに入って活躍をすると多くの女性にモテたり、経済的にも豊かになって色々な女性に手を出す人も多いですが、新井貴浩さんは学生時代からの純愛を貫いた事になります!

また、裕美子さんは”自分が男性だったら野球をやっていた”と言うほど野球が好きだったので、必死に練習に取り組む新井貴浩さんと結ばれたのは当然なのかも知れませんね。

他にも新井貴浩さんが2000本安打を達成した時には熱い想いのこもった手紙を送っていました!

裕美子さんの書いた手紙を見ても分かると思いますが、新井貴浩さんが達成した2000本安打などの大記録は奥さんとの二人三脚で達成したと言えますね。

新井貴浩には2人の息子がいた

次は新井貴浩さんの息子達について見て行くことにします。

新井貴浩さんには長男・亮規浩(あきひろ)さんと次男の颯真(そうま)さんがいます。

この家族シーンは2015年に放送されたBS-TBS「裸のアスリートⅡ」の一部ですが、この時に長男の亮規浩さんは10歳と表記されているので現在は15~6歳になると思われます。

同じように次男の颯真さんも13~4歳になったと思われます(撮影した時期にもよりますが)

ふたりは2016年4月29日に開かれた「新井選手2000本安打達成セレモニー」にも登場しています。

他にも新井貴浩さんの引退式に参加して打席に立ってスイングをしたりしていますが、兄弟が少年野球をしているのかについては情報がありませんでした。

ただ、活躍していれば地元紙などでも話題になっているはずですよね。

その点からすると父とは違う道を歩んでいる可能性がありますが、新井貴浩さんの一生懸命さを受け継いでいれば何の道に進んでも大丈夫でしょう。

新井貴浩の住んでいる家は広島ではなかった?

ここでは新井貴浩さんの家(自宅)について見て行こうと思います。

プロ野球選手の自宅は個人情報であり、家族もいるのでトップシークレットになりますよね。

そんな中、2020年の元旦にRCC中国放送で「新井さん家の新年会」が放送され、新井貴浩さんの家が番組のセットとして使われたことで話題になっていました。

自宅で撮影とは凄いですが、番組欄に「広島某所の新井さん家」と書いてありました。

実は新井貴浩さんの自宅は関西(神戸?)にあるのはファンの間では有名な話で、阪神から広島に戻った際も関西から新幹線で球場に通っていたそうです。

その点を考えると「広島某所の新井さん家」は本当に住んでいる家(自宅)ではないと思います。

いわゆる「さんまのまんま」的な自宅風の部屋に招待するシステムでしたが、このようなアットホームな番組によってファンも一層カープ熱が高まるのでしょう。


ただ、広島市内にマンションを借りていたとしても不思議ではないですから、番組を収録した部屋が新井貴浩さんの自宅では無いとも言い切れないところがあります。

とは言え、新井貴浩さんには家族もいるので家に関して探るのはホドホドにしておきましょう。

新井貴浩は韓国籍だった&本名について。プロ野球選手の弟(新井良太)や父親など家族まとめ!

前田智徳の天才ぶりにイチローが憧れ&落合が絶賛!江村のデッドボール、高校で3回の甲子園

前田智徳の息子(長男)は修道高校から早稲田大学へ。結婚した嫁さん&次男は?家族まとめ

黒田博樹の男気がかっこいい!高校時代は補欠だった。イチローや新井貴浩との仲がすごい!

黒田博樹の現在、引退後は吉本興業に所属。妻はどんな人&家族と子供について

コメント