古川優奈の高校はどこ?歌上手い?炎上騒動の真相!メイクやカラコンも気になる!

モデルやYouTuber、TikTokerとして名を馳せる『ゆうちゃみ』こと古川優奈(こがわ ゆうな)さん。

TikTokは口パクですが、本来の歌唱力も気になります。

現役高校生の彼女の通われている高校はどちらなのでしょうか?

またこの歳で炎上もしたといいます。

メイクやカラコンについても調べました!

古川優奈、高校はどこ?歌上手い?


古川優奈さんの通われている高校については、大阪学芸高校です。

モデル、TikToker、YouTuberという3つの顔を持つ彼女らしく、TikTokから判明したようですね!

この制服や校章から同校に通われていることが判明したようですね!

大阪学芸高校とは、言わば関西の堀越高校や日出学園のような位置付けと言っても良いかもしれません。

それは、事実上、芸能コースと同じような機能をもつ特技コースが設置してあるからです。

そのため、同校出身の芸能人は多く、NMB48のメンバーなども大勢通われています。

古川優奈さんは13歳の中学生時代から『ピチレモン』のモデルとなり、現在はPopteenのレギュラーモデルを務めていらっしゃいます。

中学時代から芸能界に身を置いていますので、高校が大阪学芸高校の特技コースというのも辻褄が合います。

また、TikTokを踊っておられる際は、ご本人が歌っているわけではなく、口パクです。

そのため、彼女本来の歌唱力はベールに包まれていますが、ツイッター上では歌唱している動画も出回っているようですね。

これは、現在飛ぶ鳥を落とす勢いのあいみょんさんの『マリーゴールド』を歌われています。

世間の声もなかなか上手いという声の方が圧倒的に多い様ですね!

古川優奈、炎上!

現役高校生にして、古川優奈さんが炎上しているそうです。

しかも、この炎上にはもう1人モデル兼YouTuber・TikTokerが絡んでいるそうですね。

それが、馬場海河さんです。

お互い、エイベックスとVAZという事務所に所属しているため、炎上は避けたいところでしょうが…。

なんと、その理由はお二人がお付き合いされているからだといいます。

なるほど、妬みの類かと思いきや、インスタグラムの裏アカウントが流出したことでした。

そのアカウントでお二人のインスタライブが配信され、そこには体の関係を思わせる言動もあったそうですね。

この流出をきっかけとして、2019年2月1日には古川優奈さんがツイッターで謝罪されています。

また、当時、開催中であったAbemaTV『Popteenカバーガール戦争』からも辞退することとなりました。

実はこの企画、同年1月25日の時点で1位を走っていたのは古川優奈さんでした。

同年1月28日のTVLIFEwebには当時の彼女のコメントが掲載されています。

1位のゆうちゃみは「正直言って、ファンの子がすごい一生懸命応援してくれてるので、ものすごくうれしい。私がこれから恩返ししていけるように、頑張りたいなと思いました」と喜びをあらわに。

ファンへの恩返しを誓った放送が流れた1週間後にまさかの辞退となってしまうとは残念ですね。

また、うまくいけばPopteenの専属モデルの道も拓けたかもしれなかったのですが、それを自ら退く結末となってしまいました…。

古川優奈、メイクやカラコンが気になる!

ギャルモデルと言われる古川優奈さん。

令和時代に生けるJKとして、2019年5月10日のFNN PRIMEではこんな提言をされています。

ギャルでもナチュラルメイクをする人もいるし、いろいろな系統をやっていくギャルもいるので…やりたいことを自由にやるっていうのがモットーだと思っていて。

かつて、ギャルのメイクとはガングロ、そしてそこから派生したヤマンバ、マンバなどのイメージが強かったですね。

ところが、古川優奈さん曰く、ナウなヤングのギャルたちはナチュラルメイクでも良いそうです。

そんな彼女の最新のメイクポーチの中身が3つだけ公開されました。

このツイートにある詳しくはYouTubeを見ていただくと分かると思われますが、化粧下地は花王のprimavistaのようです。

選んだ理由は『ヨレないやつ』とのことで、大きさから見ても、『カサつき・粉ふき防止化粧下地』でしょうか。

またら涙袋に関しては、エチュードハウス、アイシャドウに関してはKATEのものを愛用しているようです。

そして、カラコンも愛用されている彼女、これについては、キャンディーマジック candymagic No.6 ブラウンと明らかにされています。

シークレット キャンディーマジック

楽天でくわしく見る

アマゾンでくわしく見る

Yahoo!ショッピングでくわしく見る

肩書は無くなったものもありますが、それでも、カリスマ性は、完全には失っていないようですね。

今後の復権に乞うご期待です。

コメント