美川憲一の今。年収と家について。子供と結婚をあきらめた理由&二人の母

コロッケさんやそのまんま美川さん、魅川憲一郎さんなど、ものまねタレントの得意ネタにされることも多い美川憲一(みかわけんいち)さん。

それだけキャラクターの立った芸能人といえるのかもしれません。

2010年に紅白歌合戦に落選したあと仕事が激減したことから、2020年の今の年収が気になる人もいるようです。

今回は美川憲一さんの豪華な家や子供・結婚をあきらめた理由、二人の母についてお送りします。

美川憲一の今の年収は?

美川憲一さんは1944年5月15日生まれの長野県諏訪市出身ですが、公式プロフィールの生年月日は1946年5月15日。

代表曲は、説明不要の『さそり座の女』ですね。

「いいえ私は~」と、いきなり打ち消しからはじまるめずらしい歌詞です。


似たような歌詞で他にパッと思い浮かぶのが、アン・ルイスさんの『六本木心中』の「だけど…こころなんて~」でしょうか。

余韻がありますね。

美川憲一さんはこの曲以降はヒット曲が途絶え、さらに大麻取締法違反による二度の逮捕により不遇時代に突入。

歌手としてのイメージも地に落ちてしまいます。

再起のきっかけとなったのは、1989年にコロッケさんと共演した『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』でした。

「ご本人登場」の第一号です。

出演は秘密なので楽屋もなし。

久々のテレビ出演で少し緊張した美川さんは、衣装に着替えて待機する車の中で、「アンタ、しっかりしなさいよ!」と自分に活を入れたそうです。

じつはコロッケさんに自分のものまねを提案したのは美川さんご本人。

二人は以前から知り合いで、「アタシをやんなさいよ」「えー美川さんは難しいですよー」というやりとりがあったのだそう。

復活劇は「奇跡のカムバック」と呼ばれ、美川さんは紅白復帰を果たすとともに、バラエティ番組でも人気者に。

ところが2010年、19回連続出場していた紅白に落選し、これを境に再び仕事が激減していきます。

ご本人の告白によると、スターに返り咲いたあとの全盛期の年収は25億円。

ちょうどバブル期にあたり、ステージ1本のギャラが1000万円で、年間250ステージをこなしていたのだそう。

しかし紅白落選後は月に10本あった地方興行が3本に減り、単価も1ステージ500万円ほどに。

今の年収は25億円には届かないものの、毎年のディナーショーや新曲のキャンペーンライブ、コロッケさんとのジョイントコンサートなどでそれなりの年収があると予想されます。

美川憲一の家は都内に2軒、海外に1軒

2020年現在、美川憲一さんは家を2軒、別荘を1軒所有しています。

世田谷区にある戸建ては5億円とも7億円ともいわれている豪邸。

渋谷区にあるマンションは3LDK、150平米で、価格は1億5000万円だそうです。

美川憲一さんは2017年1月に初のロサンゼルスでのコンサートを成功させていますが、同地にも別荘があるとのこと。

それはビバリーヒルズを一望できる14階建てのコンドミニアム。

30畳のリビングルームにベッドルームやゲストルームと、広さはかなりあるようです。

入居者専用のジムやプールも完備しているそうで、美川さんのことですから、こちらも高級物件なのでしょう。

結婚を考えた女性の存在と子供をあきらめた理由

これまでの人生で、一人だけ結婚を考えた女性がいたことを公言している美川憲一さん。

それは25歳の時のこと。


お相手は友人の紹介で出会った23歳のOLでした。

品があり、頭もよくて、母親もお気に入りの女性だったそうです。

結婚に踏みきれなかったのは、結婚して子供ができたら「美川憲一」でいられなくなると思ったから。

化粧をした父親のせいで子供が学校でいじめにあったりしたらかわいそうだと考えたそうです。

自身のキャラクターを貫くために家庭をあきらめたということですね。

それでも、どうしても子供だけはあきらめきれなかった美川憲一さん。

20年ほど前には人工授精と代理出産を検討しましたが、代理母は、年に1度の子供との面会を条件として提示。

この時美川さんは、これでは逆に子供が不幸になりかねない、親のエゴで子づくりをしてはいけないとつくづく感じ、あきらめたとのことです。

美川憲一の二人の母について

美川憲一さんには、生みの母・以し子(いしこ)さんと、育ての母・米子さんがいました。

二人は実の姉妹で、実母と伯母にあたります。

長野県諏訪市にある大旅館の評判の美人姉妹でした。

上京後、姉の米子さんは結婚し、妹の以し子さんは妻子ある恋人との間に美川憲一さんを出産。

恋人は逃げ、以し子さんは一人で息子を育てますが、やがて肺結核を患い、美川さんは2歳で米子さん夫婦に引き取られることに。

二人の母と養父ができたわけですが、小学3年生の時に養父が急逝。

自身の出生の真実を知ったのは中学1年生の時でした。

養父は知人の借金の保証人になっていたため、二人の母が働きながら苦労するのを見てきたといいます。

芸能界へ飛び込んだのは、自分に愛情を注いでくれた彼女たちへの恩返しと、楽な生活をさせてあげたいという一心からでした。

後年、『夜のヒットスタジオ』の「ご対面コーナー」で実父と再会した美川憲一さん。

その時は、震えてしまって歌どころではなかったそうです。

「制作側って、本当によく探してくるわよね」と振り返っています。


酸いも甘いも嚙み分けたという言葉では表せないほど複雑な人生を歩んできた美川憲一さん。

絶頂期もどん底もひっくるめて「本当にいい人生」と語り、「生まれ変わっても美川憲一になりたい」と言い切るところは、とても真似できるものではありません。

美川憲一は神田うのと仲良し。ライバル関係で友達の小林幸子&氷川きよしとの親交

コメント