仲本工事、体操で転機。ギター&歌うまい?メガネの秘密&タバコ喫煙。母が「お口の恋人」考案

ザ・ドリフターズの中では控えめな印象の仲本工事(なかもとこうじ)さん。

ですが実際はもの凄い才能の持ち主だったんです。

仲本工事は体操が人生の転機になった

ザ・ドリフターズのメンバーとしてお茶の間の人気者だった仲本工事さん。

個性豊かなメンバーの中では地味な印象だった事は否めません。

そんな仲本工事さんが主役を務めたのが「体操コント」。

体操のユニフォームを着た仲本工事さんが様々な芸能人と披露するコントは大人気となりました。


中学校の時、担任が体操の先生だった事から体操を始めた仲本工事さん。

するとメキメキと実力をつけて渋谷区の大会で団体優勝。

そして高校1年生の時には新人戦で総合4位という輝かしい成績を残しています。

もし、仲本工事さんが体操を続けていればもしかすると五輪も目指せたかもしれません。

ですが、仲本工事さんが進学したのは東京でもトップクラスの進学校である都立青山高校。

そのため2年生の時から受験対策が始まり、体操に専念出来たのは1年生の時だけだったそうです。

ただ、受験勉強をしながらも体操の事は頭から離れなかったのでしょう。

学習院大学に進学後、再び体操を始めようと考えていたそうです。

ところが学習院大学には体操部が無かった事から入ったのは英会話クラブ。

そこで知り合った友人に誘われてジャズ喫茶を訪れた事で音楽にのめり込むようになりました。

そして音楽を始めた仲本工事さんは幾つかのバンドを経てザ・ドリフターズのメンバーに。

するとその後は音楽ではなくコントが活動の中心に。

そしてその後、体操コントで大人気となった仲本工事さん。

まさか再び体操で脚光を浴びる事になるとは夢にも思わなかった事でしょう。

「芸は身を助く」とはまさにこの事ですよね。

もし中学生の頃に体操をしていなければ「体操コント」が生まれる事はなかったはず。

それどころか大学では別のサークルに入り音楽に興味を持つことも無かったかもしれません。

そう考えると体操が仲本工事さんの人生に計り知れない影響を与えたと言えるでしょう。

仲本工事はギターの腕前が日本トップクラス

コントグループのイメージが強いザ・ドリフターズ。

ですが、元々は本格派の音楽バンド。

ザ・ビートルズが日本公演を行った際に前座を務めたのは有名な話ですよね。

このように音楽バンドとしても一目置かれる存在だったザ・ドリフターズ。

各メンバーが卓越した演奏技術を持っていました。

その中でも頭一つ抜けた存在だったのがボーカルとギターを務めた仲本工事さん。

仲本工事さんは日本初と言われるロックコンテストで優勝。

名実ともに日本でも指折りの名ギタリストなんです。

ただ、「ギターを持ったら不良」と言われた当時。

バンドで生計を立てる事に反対する親は少なくなかったようです。

ましてや都立青山大学を経て学習院大学に進学したインテリの仲本工事さん。

大学卒業後は東京商工会議所に就職する事が決まっていた事もありバンドマンになる事を父親は大反対。

そんな父親を説得したのがリーダーのいかりや長介さん。

「責任持つから、ドリフターズに参加させてくれ」という必死の説得に父親が折れてメンバー入りを果たすことに。

きっと、いかりや長介さんにしてみれば仲本工事さんは喉から手が出るほど欲しい存在。

仲本工事さんがいなければザ・ドリフターズが注目される事もなかったかも知れません。

ザ・ドリフターズがコント主体の活動となってからも音楽活動を続けた仲本工事さん。

加藤茶さん、高木ブーと共に「こぶ茶バンド」を結成。

コンサートやディナーショーなどで精力的に活動。

また、楽曲のプロデュースがきっかけで歌手の三代純歌さんと結婚した事も話題となりました。

歌がうまい事でも知られる仲本工事

仲本工事さんはザ・ドリフターズ加入前に「パップ・コーンズ」というバンドで活動。

当時の人気歌手、ジェリー藤尾さんが結成したパップ・コーンズ。

仲本工事さんはオーディションを勝ち抜いてメンバー入りを果たしています。


時の人気歌手が率いるバンドという事で腕前に自信のある数多くのミュージシャンが参加したはず。

そのオーディションを勝ち抜いた事からも仲本工事さんのミュージシャンとしての凄さが分かりますよね。

前述の通りギターの腕前には定評のある仲本工事さん。

実はギターの腕前と同等かそれ以上に歌声も高く評価されているんです。

その歌唱力の高さからバンドではセカンドシンガーも務めた仲本工事さん。

ザ・ビートルズの前座を務めた際にボーカルを務めたのも仲本工事さんでした。

また、2008年には後に妻となる三代純歌さんとデュエットも披露しています。

相当の歌唱力がなければ現役の歌手とデュエットなんて出来ません。

それにも関わらず当時、既に還暦を過ぎていた仲本工事さんがデュエットするなんて驚異的なこと。

それだけ歌が上手いという何よりの証拠と言えるでしょう。

多くの人々が賞賛する歌声も今となってはあまり披露する機会がない仲本工事さん。

その素敵な歌声を聴く機会を是非とも増やしてほしいものです。

トレードマークのメガネに隠された秘密とは

仲本工事さんのトレードマークと言えばメガネ。

コントの役柄により外す事もありましたが、基本的にはメガネを着用。

激しく動き回る「体操コント」の時もメガネを外す事はありませんでした。

ですが、このメガネには意外な事実が。

実は仲本工事さんが着用するメガネは伊達メガネなんです。

若かりし頃の仲本工事さんの視力は2.0。

そのためメガネを着用する必要なんてありませんでした。

おそらく仲本工事さんが伊達メガネを付けたのはキャラ付けのため。

仲本工事さんの優秀さを引き立てるためにメガネをかけるようにしたのでしょう。

年を重ねた今でこそ私生活で度付きメガネを着用する仲本工事さん。

ですがザ・ドリフターズの仕事をする時はコンタクトを付けて伊達メガネを着用しているそうです。

仲本工事さんにとって伊達メガネは特別なアイテムなのでしょう。

勝負服のように伊達メガネを付ける事でザ・ドリフターズの一員としてのスイッチが入るのかもしれませんね。

仲本工事はドリフでタバコを吸うようになった

ザ・ドリフターズを国民的人気者に押し上げた「8時だョ!全員集合」。

公開生放送だったため毎週、入念な会議とリハーサルを行ったうえで本番に望んでいたそうです。


ただ、毎週の事なのでネタが出るときもあれば全く思い浮かばない事も。

そのためネタ出しの会議が非常に長時間になる事も少なくなかったようです。

その間、ヘビースモーカーのいかりや長介さん、志村けんさんはタバコを口に。

また、スタッフの中にもヘビースモーカーの人が多かったのでしょう。

会議室の中にはタバコの煙が充満。

その煙のせいで向かい合っている相手の顔が霞んで見えたんだとか。

元々、タバコは吸わなかったという仲本工事さん。

ところがこのような環境に長時間いた事で仲本工事さんもタバコを吸うようになったそうです。

ただ、「百害あって一利なし」と言われるタバコ。

存命中のザ・ドリフターズのメンバー3人のうち2人がタバコを吸わないのは偶然ではないはず。

大病を患う前に仲本工事さんがタバコを止める事を願わずにはいられません。

仲本工事の母が誰もが知るキャッチコピーを生み出した

簡潔な言葉で企業を印象付けるキャッチコピー。

これまでに人々の印象に残る多くのキャッチコピーが誕生しています。

数多のキャッチコピーの中で指折りの名キャッチコピーと言えば「お口の恋人」。

キャッチフレーズから企業名を思い浮かべる「企業名想起率」。

この想起率でロッテは2015年に15年連続1位を記録。

しかも402個のキャッチフレーズの中で70%台を記録したのはロッテだけ。

それだけ「お口の恋人」というキャッチフレーズが人々に根付いているという証拠と言えるでしょう。

実はこのキャッチフレーズを生み出したのは仲本工事さんの母。

ロッテの公募に応募したところ採用されたんだとか。

キャッチコピーが採用された際の景品はエプロン5枚。

その後、何十年も使い続けるキャッチフレーズとしては質素な景品と言わざるを得ません。


きっとロッテもこのキャッチフレーズがこれほどまでに人々に浸透し愛されるとは思わなかったのでしょうね。

その後もロッテの社内外で新たなキャッチフレーズが考えられたはず。

それでも「お口の恋人」を超えるキャッチフレーズは生まれなかったのでしょう。

仲本工事、現在の嫁とは再婚。結婚歴について。元嫁の美恵とは極秘離婚&子供は芸能人?

仲本工事、居酒屋経営も焼き鳥が嫌い?今の年収&競馬スキャンダルとは。自宅は妻の家だった

コメント