岩村明憲の嫁(美幸貴)さんが美人!現在は不倫報道で離婚?筋肉番付&兄も元プロ野球選手

岩村 明憲(いわむら あきのり)さんはプロの実績だけでなく嫁さんも注目されていました。

とても美人で色っぽく、スタイルも抜群だったのにもかかわらず浮気報道が流れています。

今回は岩村明憲さんと嫁の美幸貴さんとの関係や、筋肉や兄について迫って行きましょう。

岩村明憲の嫁、美幸貴さんは美人!

まずは球界でも屈指の美人として名前が挙がる嫁さんについて見て行きましょう。


岩村明憲さんの嫁は美幸貴(みさき)さんといい、年齢が1歳年上なので姉さん女房となります。

美幸貴さんはかなり整った顔立ちなので女優やモデルと思っている方も多いでしょうが、実は芸能人ではなく一般社会で生活をしていた「普通の女性」と言われています。

元々は普通の会社に勤めるOLだったそうですが、持って生まれた美しさでスカウトされたのか「六本木の高級クラブ」のホステスに華麗な転身をしていました。

しかも、未経験ながら働き出して1年でナンバーワンになるという伝説を残しています。

美幸貴さんが働いていたお店に岩村明憲さん訪れて接客したのが馴れ初めと言われており、以後は何とか口説き落とそうと毎日のように勤めているお店に通ったそうです。

懸命な努力の甲斐もあって同棲するまでに発展し、夜の街から岩村明憲さんは姿を消しました。

ふたりが結婚したのは2005年に入ってからのことで、その後に岩村明憲さんがメジャーに挑戦して初の「ワールドシリーズ」を迎える際の密着取材で広く世間に知られました。

仮にOLのままで過ごしていたら岩村明憲さんと結ばれることも無かったと考えると、人生の転機と言うのはドコに転がっているか分からない物だと痛感させられますね。

その点から見ても、美幸貴さんは転職で得たチャンスを見逃さずゲットしたと言えるでしょう。

岩村明憲の浮気(不倫)や隠し子報道で現在は離婚?

次は最近になって報じられた浮気や隠し子騒動について見て行きます。

2017年8月の週刊誌「フライデー」において”愛人&隠し子”という衝撃的な紹介をされました。

記事によれば不倫は「楽天ゴールデンイーグルス」に在籍していた2011~12年頃の話で、仙台市内のキャバクラを訪れた際にA子さんと知り合って関係を持ったそうです。

しばらくしてA子さんは妊娠して男の子を産んだので岩村明憲さんは養育費を毎月支払っているそうですが、気になるその金額は”月額20万円以上”という手厚いサポートでした。

ふたりの関係は割と円満だったのでA子さんが週刊誌にネタを売ったのではなく、A子さんが滞納していた保育園の支払いを岩村明憲さんに回したことが原因と言われています。

岩村明憲さんは快く滞納分を支払ったのですが、その過程で情報が漏れたのかも知れません。

この報道によって妻の美幸貴さんと離婚をしたという噂が出ましたが、2020年現在も破局をしていないので”離婚の危機”は何とか乗り切ったといったところでしょうか。

もっとも、プロ野球選手の夜遊びは珍しいことではなく、むしろ養育費をキチンと支払っていた岩村明憲さんは”面倒見が良い”と逆に評価する声も少なからずありました。

もちろん不倫はダメですが、遊んだ後の始末が良いか悪いかで評価が変わるのかも知れません。

岩村明憲が筋肉番付に出演していた

ここではスポーツ系の人気番組「筋肉番付」に出演していた噂を見て行きましょう。

岩村明憲さんと言えば鍛え上げられた筋肉で知られていますが、今年6月8日に放送された「令和に蘇る!スポーツマン No.1 決定戦 レジェンド」にも出演していたのです。

とは言っても現在は撮影できる状況ではなく、過去に放送された分を編集した総集編でした。

ちなみに、岩村明憲さんが出演していたのは元旦に放送された「最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」で、時期としては2000年から2002年放送分です。

名スラッガーとして知られる岩村明憲さんはプロ野球選手としては175cmと小柄なこともあり、大きな選手に負けないようにハードなトレーニングをして体作りをしていました。

一方でメジャーリーグの関係者からは”筋肉の付き方が変”とバランスの悪さを指摘されたそうなので、筋肉というモノはとにかく付ければ良いというワケでは無いのでしょうね。

ただ、筋肉を付けることで選手寿命が延びることもあるので個人差があるとしか言えませんね。

岩村明憲の兄はプロ野球の同期だった

最後に岩村明憲さんの兄についてチェックしておきましょう。

兄は3歳年上で名前は岩村 敬士(たかし)さんといい、弟と同じ「宇和島東高」進んで野球部に所属し、1993年には春・夏連続で甲子園に出場した経歴の持ち主です。

真ん中の男性が兄の敬士さんですが、ハッキリ言って説明が要らないほど似ていますよね。

高校在学中にプロから誘いを受けていましたが、周囲の勧めもあって日本体育大学(体育学部)へ進学して体育やスポーツの指導者を目指すことになりました。

大学野球でも活躍して存在感を示したものの、大学生活に馴染めずに退学をしています。

その後は地元に戻って水産会社に就職、20歳の時に知り合った年上の女性と結婚をして穏やかな日常を送りますが、1996年夏に近鉄バファローズからプロテストを勧められました。

1996年11月21日の第32回プロ野球ドラフト会議で近鉄バファローズから7位指名を受け、高校生だった弟の岩村明憲さんはヤクルトスワローズから2位指名を受けています。

つまり、経歴は違うものの岩村明憲さんと敬士さんは”プロ野球では同期”という扱いでした。

結果として弟はメジャーリーグに挑戦するという輝いた道を歩みましたが、兄の敬士さんはヒジの故障などもあって一軍に上がることなく2年で戦力外となって退団。

現在は再び地元の宇和島に戻って水産関係の会社「有限会社アクアプラス」を起業する一方、奥さんとは離婚をするなど波乱に満ちた人生を送っているそうです。

しかしながら、そんな過酷な人生でも前向きに歩めているのは高校時代の辛い練習や、甲子園での思い出といった「野球人生」が心の支えになっているとコメントしていました。

プロ選手としては明暗が分かれましたが、野球への思いは決して負けてないと言えるでしょう。


五十嵐亮太の現在。キムタクに似で有名&結婚した嫁はどんな人?怪我が原因で引退を決意

飯田哲也の息子は野球選手?伝説のバックホーム&フェンスを上る守備の達人!引退後の現在は母校でコーチ

畠山和洋の嫁、結婚について。怪我との闘い&引退後の現在はコーチとして再スタート

館山昌平の支えだった妻と娘。血行障害の手術で見事に復帰!引退後は楽天コーチ就任

若松勉の現在。野村克也、青木宣親との関係。名言「おめでとうございます」&天才エピソード

コメント