館山昌平の支えだった妻と娘。血行障害の手術で見事に復帰!引退後は楽天コーチ就任

館山 昌平(たてやま しょうへい)さんの現役生活はたび重なる怪我と闘いでした。

2年目から手術を繰り返しており、全部合わせて175針も縫ったのは驚きですよね。

今回は館山昌平さんを支えた家族、病気からの復帰や現在について見て行きます。

館山昌平を支え続けた妻

まずは館山昌平さんの心の支えでもあった妻や娘さんについて見て行きましょう。


結婚をしたのは入団3年目(2005年10月)で、ネイリストをしていた陽子さんと結ばれました。

ふたりが知り合ったきっかけや馴れ初めが気になったので調べてみると、爪の治療やケアで訪れたネイルサロンで陽子さんが働いていたのが始まりだったそうです。

ピッチャーは指先や爪がとても大事なので念入りに手入れをする人が多く、爪を切るのも自分でするのではなく専門のネイリストに任せることも少なくないと言われています。

お店で陽子さんに一目惚れをした館山昌平さんは猛烈なアプローチをして交際にこぎつけ、その後も順調な交際を続けて関係を深めて”2歳年上の美人妻”を手に入れていました。

たび重なる怪我で引退をしたいと弱音を吐くことも少なくなかったそうですが、そのたびに”もう一度ヒーローインタビューが見たい”と館山昌平さんを励まし続けたそうです。

爪だけでなく心のケアもしてくれる素晴らしい奥さんだったのは間違いないでしょうし、数々の怪我に見舞われた館山昌平さんに「爪のトラブル」が無かったのは内助の功でしょうね。

館山昌平の右側に立てなかった娘

次は館山昌平さんと陽子さんの間に授かった娘さんを見て行きます。

娘さんの名前は海音(かのん)さんといい、2019年12月のインタビューで館山昌平さんが”11年間、一緒に戦ってきた”と触れているので生まれたのは2008年頃でしょう。

海音さんは一人娘として可愛がられましたが、なぜか父の右隣に立たせてもらえませんでした。

これは母親の陽子さんによる「パパの右腕は大切なところ」という教えがあり、少しでも右腕への負担や起こりうるリスクを回避させたいという思いもあったのでしょう。

もっとも、似たようなエピソードは館山昌平さんに限らず他の投手の家庭でもあるそうです。

逆に言えば当たり前のように日常生活の一部を犠牲にしているとも言えますし、アスリートの家族は一般の家庭とは違う特殊な緊張感に包まれているとも言えるでしょう。

引退後の今では普通の親子と同じように父の右側に立つことができますが、もう少しで中学生になる海音さんが前と同じように甘えてくれるかは微妙なところかも知れません。

ただ、引退試合の様子から見ても親子関係は良さそうなので余計な心配と言えるでしょうね。

館山昌平の血行障害からの復帰と引退

ここでは館山昌平さんの「血行障害」や復帰について振り返ってみましょう。

2011年シーズンはヤクルトの右腕エースとして「防御率2.04」を記録し、完投や完封をした数もリーグトップになるなど大きく飛躍した年になりました。

しかし、シーズン中に血行障害を発症していたらしく、ペナントレースも終わった11月12日に群馬県館林市の病院で右手血行障害の手術を受けています。

この手術は数回に分けて行われ、最初の手術で46針を縫うなど合計で4度(91針)にもなりました。

当初は全治4~5ヶ月と診察されていましたが医者も驚く回復力を見せ、翌年2月に始まった「春季キャンプ」では初日からブルペン入りするなど早期の復帰をしています。

怪我による成績低下が心配されましたが、2012年シーズンも12勝を挙げて防御率も(2.25)という手術前に比べて勝るとも劣らない見事な投球に驚きの声が上がっていたそうです。


しかし、その後は靭帯(じんたい)や股関節の故障に苦しむことになってしまい、2019年9月21日のレギュラーシーズン本拠地最終戦を引退試合に選んでユニフォームを脱ぎました。

野球人生で175針も縫うことになりましたが、今となっては思い出のひとつなのかも知れません。

引退後の館山昌平は楽天のコーチに

最後に現役生活にピリオドを打った館山昌平さんの現在について見て行きます。

館山昌平さんほどの実績や経験があれば古巣のヤクルトから声が掛かるはずですが、今までそれほど縁の無かった「楽天イーグルス」の二軍投手コーチに起用されていました。

ファンの中には”裏切った”という反応をする方もいましたが、この裏には元ヤクルトのエースで現在は楽天イーグルスのGMを務める石井一久さんの存在があったと言われています。

また、監督の三木肇さんやコーチの野村克則さんなどヤクルトと縁のある方が多いのも理由かもしれませんが、一番の理由はユニフォームを着られることだったそうです。

実はヤクルトからも引退後の仕事(役職)を提示されていたものの、その内容はユニフォームを着る仕事(コーチなど指導者)ではなく別の部門だったことから断っていました。

悩みに悩んで他球団へと移ることになりましたが、楽天イーグルスのコーチで積んだ経験を糧にして、いつの日かヤクルトに恩返しをするのが目標だとも語っています。

決して館山昌平さんは裏切り者などではなく、成長への武者修行に出掛けたと言えるでしょう。


岩村明憲の嫁(美幸貴)さんが美人!現在は不倫報道で離婚?筋肉番付&兄も元プロ野球選手

五十嵐亮太の現在。キムタクに似で有名&結婚した嫁はどんな人?怪我が原因で引退を決意

飯田哲也の息子は野球選手?伝説のバックホーム&フェンスを上る守備の達人!引退後の現在は母校でコーチ

畠山和洋の嫁、結婚について。怪我との闘い&引退後の現在はコーチとして再スタート

若松勉の現在。野村克也、青木宣親との関係。名言「おめでとうございます」&天才エピソード

コメント