川上弘美は再婚してる? 夫と離婚の理由。かわいい評判と手術について

芥川賞を受賞した『蛇を踏む』、映画化された『センセイの鞄』など、多くの名作で知られる作家・川上弘美(かわかみ ひろみ)さん。

ひらがなを効果的に使った文体や、個性的なキャラクターなど、その作品には独特な雰囲気があり人気を博しています。

そんな川上さんの再婚の噂、夫についての情報、離婚の詳細について見ていきます。

加えて、文壇ではとびぬけてかわいい雰囲気を醸していることや、手術をしたという情報についても触れたいと思います。

川上弘美のプロフィール

本名:川上弘美(旧姓:山田)

生年月日: 1958年4月1日

身長:176cm

出身地:東京都文京区本郷

最終学歴: お茶の水女子大学理学部生物学科

川上弘美の再婚の噂と夫、離婚の詳細

川上さんの再婚の噂について見ていきますが、その前提として最初の結婚のことを少しご紹介します。

最初の夫は、大学時代に同じSF研究会に所属していた男性です。


川上さんは大学を卒業後、中高一貫の女子校で理科の教師をしていた頃にその男性と結婚、自身は退職しています。

元々、社会でまっとうに働くことに不向きだったということもあり、専業主婦として金銭面の管理などを行っていました。

4~5回は夫の転勤先に同行したそうですが、1人で行う作業が好きだったのか主婦業自体は苦にならなかったようですね。

川上さんのほんわかとした雰囲気や、ユーモラスな作風を念頭に置くと、社会には溶け込めない浮世離れした方なのかもしれません。

ただし主婦同士の付き合いは、やはり苦手だったようで、小説家と違って主婦も「天職」とは言い難かったのでしょう。

2人の息子をもうけましたが、2009年には離婚しました。

再婚の噂についてですが、川上さんは2000年代前半には俳誌『澤』に参加し、俳句を投稿しています。

再婚した相手として名前が挙がっているのは、『澤』の主宰者である小澤實さんです。

神戸新聞川柳欄の選者である八上桐子さんが自身のブログにつづっていたそうですが、真偽のほどはわかりません。

ただそれまでにも川上さんと小澤さんの関係は報じられていたうえ、他に信ぴょう性のある候補者も見当たらないので、可能性は高いでしょう。

交際を報じられていたのが2004年、再婚時期は2012年ごろとされています。

川上弘美のかわいい雰囲気と作風

川上さんはとてもかわいらしい雰囲気の方という印象がありますね。

中学から大学まで女子校育ちということもあり、お嬢様気質なのかもしれません。

ほんわかとした「不思議ちゃん」という扱いを受けてきたとしてもおかしくはないでしょう。

実際、友人からも「変人」と言われた経験があることが、ブログ「東京日記」を読んでもわかります。

しかし川上さんの非凡な点は、そのかわいらしさをそのまま作品に投影できることでしょう。

たとえば短編集『借夜記(あたらよき)』に収録された「イモリ」という作品では、イモリそのものを語り手として、愛らしい姿と行動が描かれています。

他の作品にも言えることですが、ひらがなを効果的に使用しているので優しい雰囲気も醸し出されていて、いかにも川上文学の文体です。

川上さんは誰よりも、ご自身が不思議な雰囲気の持ち主であることを認識しているのでしょう。

いくつになっても失われないそのかわいいイメージを、見事に文体へ落とし込むことで、ファンの心をつかむことに成功しているのかもしれません。

川上弘美の手術について

自身のブログ「東京日記」をまとめ、2014年に平凡社から出版されたエッセイ『不良になりました』。

「東京日記」が書籍化するのはこれで4度目でした。

2010年から2013年にかけての生活をつづった今回は、震災や原発事故など生活に影響を与えた出来事が多く盛り込まれることになりました。

川上さんご自身にとって大きな負担だったと思われるのが、2012年に悪性腫瘍が発見されたことによる手術です。

具体的な部位などは本書からはわかりませんが、ロシアへ行く矢先のことだったそうで、帰国後に手術をするという条件でいったん出発したとのこと。

急を要する容体ではなかったとはいえ、帰国後の12月末に手術を行っています。

手術後の24時間を集中治療室で過ごし、正月には退院して自宅に戻りました。

絶食のため体重が激減していたようで、確かにこの時期以降の川上さんは面やつれがひどく見えます。

エッセイによると胸のサイズも縮んでしまい、ブラジャーを買い直したそうです。


せっかくだからと派手なブラジャーを買い直して、1月中には雑誌のインタビューを受けました。

あらゆる苦難をユーモアに変えてしまうのも、その魅力なのでしょう。

桐野夏生、養子と夫の噂。家族について。村上龍との関係&タワーマンションへの思い

小池真理子の現在。美人作家の若い頃。直木賞受賞と生まれ、生い立ちの影響とは

小池真理子の夫、藤田宜永について。子供は?自宅・軽井沢での火事

高村薫の結婚と家族。韓国との関係、橋下徹の怒り。作品の特徴と今

綿矢りさの夫は国家公務員。結婚と子供の出産。 藤原基央との噂と京都への愛

コメント