黒坂莉那の高校は偏差値が高くて頭いい?勉強大好きで成績は?

2020年途中から、学業専念を理由に芸能活動休止を発表した黒坂莉那(くろさかりな)さん。

将来的には、より偏差値の高い大学に入学し、カムバックを願うファンも少なくありません。

では、彼女が通う高校や、その偏差値は一体どのくらいなのでしょう。

勉強ができて頭もいいというイメージですが、その成績も気になりますね。

黒坂莉那のプロフィール


愛称:クロちゃん

本名:黒坂莉那

生年月日:2003年4月4日

身長:166cm

出身地:青森県

最終学歴:高校在学中(2020年現在)

所属事務所:エイジアプロモーション

黒坂莉那の高校は?

黒坂莉那さんの通う高校は、真実こそわかっていません。

しかし、ネット上のウワサレベルでは、八戸聖ウルスラ学院高校説が浮上していました。

『ウルスラ』と聞いて、聖心ウルスラ学園高等学校を思い浮かべた野球ファンの方もいることでしょう。

現・読売巨人軍の戸郷 翔征投手を擁して、2017年夏の甲子園に出場した高校です。

しかし、残念ながら、今回の八戸聖ウルスラ学院高校とは姉妹校などではありません。

では、八戸聖ウルスラ学院高校の主な卒業生はというと、映画『釣りバカ日誌14』などに出演した今井陽子さんなどが挙げられます。

ところが、今井陽子さんが卒業生であることが分かった結果、黒坂莉那さんの通う高校が同校である可能性が低くなってしまいました。

その理由は、今井陽子さんが高校時代、芸能活動をすることに対して、同校は難色を示したとされていました。

結果として、学業優先を条件にGOサインが出たとのことですが、この背景をもつ同校が、果たして小学生からモデルをしていた黒坂莉那さんを受け入れるかは微妙のような気もします。

時代の流れとともに、学校側が軟化したのでしょうか。

黒坂莉那は勉強できる?その偏差値や成績は?

モデルもさることながら、将来は小児科医を志していた黒坂莉那さん。

それは決して、語るだけの夢に留まらず、実際に青森から東京間の移動時間は勉強に当てていたそうです。

学校レベルの偏差値は、ご本人の通う学校が明確ではない以上、さほどあてになりません。

そこで、ここは彼女の専属モデルを務めたニコラレベルで見てみましょう。

同雑誌の2017年7月号では、『全中学生モ一斉テスト』が開催されています。

気になる黒坂莉那さんの結果は、16人中、7位でした。

中の上くらいで、微妙という感想の人も多いかもしれません。

しかし、このランキングは中学3年生メンバーも混じっています。

当時、中学2年生の黒坂莉那さんは、同級生に限ってカウントすると、3位に該当していました。

2位は、同年4月からEテレ「すイエんサー」に出演していた多田成美さんですから、敵もさる者ですね。

とはいえ、以上のことから黒坂莉那さんのニコラ内の偏差値は高いことがわかりますね。

黒坂莉那は頭いい?


ニコモ間での成績が優秀であったことは明らかになった黒坂莉那さん。

しかし、頭の良さとは、学力だけとは限りません。

ここでは、彼女の残したコメントなどから、その賢さを推し量っていきたいと思います。

特質すべきは、2017年7月17日のスポーツ紙のインタビューでしょう。

美脚の秘訣を聞かれた黒坂莉那さんは、とっさに『膝をつかない』旨を答えていました。

この手の質問は、モデルさんならば、日常茶飯事に飛んでくるものですね。

それゆえ、どれも似たり寄ったりになってしまいます。

実際、黒坂莉那さんも、ほかのインタビューでは、マッサージやストレッチを挙げていました。

しかし、スポーツ紙のワンコーナーが舞台の今回は、『膝をつかない』という独特のコメントを持ってきているのです。

これは、短い言葉でインパクトのあるコメントを残すことが如何に大切かを理解しているからこその使い分けではないでしょうか。

実際に、『膝をつかない』はネット記事での見出しにも使われています。

この賢さをもってすれば、彼女の夢である小児科医と、モデル業の両立というのも将来的には不可能ではないかもしれません。


それを思えば、このタイミングで学業専念のため、芸能活動休止を発表したのも1つの賢さに感じられます。

黒坂莉那さんは、美脚キープのため、物理的にも、あるいは、自分の夢に対しても、簡単に『膝をつかない』人なのでしょうね。

黒坂莉那の現在。セブンティーンモデルに?かわいい顔とスタイルで人気&初耳学に見参

コメント