太宰治の三鷹、鎌倉との縁。愛した着物、万年筆、ウイスキーのこと

『人間失格』、『斜陽』などを発表した文豪・太宰治(だざい おさむ)。

結婚してから玉川上水で心中自殺をするまで、9年間を過ごしたのが東京都の三鷹市でした。

太宰と言えば三鷹というイメージがあるものの、実は鎌倉にもゆかりがあります。

今回は太宰に縁のある街について、さらに愛用した着物と万年筆、好んだウイスキーから、太宰の趣味と人となりを探っていきましょう。

太宰治のプロフィール

本名:津島修治

生年月日:1909年6月19日

死没:1948年6月13日

身長:175㎝

出身地:青森県北津軽郡金木村(現在の五所川原市)

最終学歴:東京帝国大学仏文科中退

太宰治と三鷹

まずは太宰と三鷹について見ていきます。

1939年、新妻の美智子と暮らしていたのは山梨県甲府市でしたが、東京に転居したいと考えていました。

吉祥寺や荻窪方面を歩き回り、ようやく三鷹に手ごろな借家を見つけ、同年に引っ越します。


その後、玉川上水で自殺する1948年まで、疎開していた時期を除きずっと暮らしていました。

三鷹駅から徒歩5分ほどのところにある、跨線橋(こせんきょう)という陸橋から、富士山を眺めるのが好きだったそうです。

また太宰が編集者との打ち合わせによく使っていたのが、うなぎ若松屋。

現在は跡地になってしまいましたが、パネルによる説明もあり、太宰ファンなら聖地巡礼してみたいスポットでしょう。

今でも住みやすい街として知られている三鷹での生活は、太宰にとっても快適だったのかもしれません。

太宰と鎌倉とのつながりは?

もう1つのゆかりある街、鎌倉についても見ていきましょう。

度々自殺未遂を起こしている太宰が、初めて心中事件を起こしたのが鎌倉でした。

まだ学生だった1930年11月、小動岬下の畳岩(または海岸)で、睡眠薬による心中を行います。

心中相手は銀座のバーで女給をしていた田部シメ子という18歳の女性で、彼女だけが死亡し、太宰は自殺ほう助の罪で逮捕されました。

太宰はこのときの模様を、小説『道化の華』に描いています。

鎌倉はまだ三鷹を知らなかった太宰にとって、死に場所に選びたいほど理想的な場所だったのかもしれません。

太宰の愛用した着物と万年筆

次に太宰が愛用した着物と万年筆の詳細を見てみましょう。

太宰と言えば、着物の似合う色男というイメージを抱く人もいるかもしれませんね。

小説『葉』では、死のうと考えていた太宰が、知人から夏用の麻の着物をもらったときの心情が記されています。

夏用の着物をもらったことで、「夏まで生きていようと思った」と記した一文は、今でも名文として愛されていますね。

ただ筆者としては、175cmと当時の男性にしては高身長だった太宰は、着物よりも洋装が似合う印象があります。

そのことは本人も自覚していたのか、単に着物を着るのではなく、上から二重廻しというコートを羽織るスタイルを愛していました。

これによってダンディで洒落た紳士風の姿に見えますね。

ファンの多くは同じ二重廻しを身にまとい、太宰になった気分を味わうなど、コスプレを楽しんでいるようです。

次に万年筆についてですが、太宰はエヴァーシャープの万年筆を愛用していました。

元々は美智子夫人がアメリカのお土産にもらったものでしたが、いつの間にか太宰が使うようになったそうです。


筆圧が弱かったため、9年間同じエヴァーシャープの万年筆だけを使うことができました。

文具にこだわりのなかった太宰が唯一愛用したのが、この万年筆だったのです。

書きやすく、作業がはかどる逸品だったに違いありません。

太宰治の愛したウイスキー

最後に、酒豪だった太宰が愛した酒について見ていきます。

彼の作品にはウイスキーが度々登場しますので、それだけ洋酒が好きだったことがうかがえますね。

当時は現代のように美味しいウイスキーが少なく、炭酸水で割って飲んでいた可能性が高いようです。

太宰と言えば有名なのが、銀座のバー・ルパンで知識人たちと語らっている写真ですね。

実はルパンには、太宰が通っていた当時からあるウイスキーのグラスが、今でも使われています。

ウイスキー好きの太宰が使った可能性は高く、同じグラスに口を付けられると思うと、ファンにはたまらない贅沢かもしれませんね。

今回は太宰治ゆかりの地と愛用したものについてご紹介しました。

太宰ファンでなくても、まずは聖地巡礼をしてみるだけで、作品を読んでみるきっかけになるかもしれません。


関連記事
太宰治の子供は3人。娘は作家、息子は病弱で死去。子孫の現在

太宰治の結婚。正妻は美知子、内縁妻が初代。心中相手の富栄と遺書

太宰治の性格とは。波乱の生涯。薬物依存と結核、死因について

天才・太宰治は芥川龍之介に心酔。中原中也・川端康成との関係は?

太宰治の生家と幼少期、家族について。兄弟、父との関係とは

山崎富栄の遺体、太宰治との遺書。玉川上水の真相。強い性格と子孫の今

津島美知子の晩年と遺産。太宰治との子供について。どんな性格だった?

コメント