太宰治の子供は3人。娘は作家、息子は病弱で死去。子孫の現在

近代日本文学を代表する作家・太宰治(だざい おさむ)。

『人間失格』をはじめ多くの名作を残しながら、39歳のとき玉川上水で心中自殺をするなど、衝撃的なエピソードで知られています。

若くして亡くなっていますが、子供はいたのでしょうか。

娘が作家という情報もありますので詳しく見ていきつつ、息子はいないのか、また現在まで子孫は続いているのか調査しました。

太宰治のプロフィール

本名:津島修治

生年月日:1909年6月19日

死没:1948年6月13日

身長:175㎝

出身地:青森県北津軽郡金木村(現在の五所川原市)

最終学歴:東京帝国大学仏文科中退

太宰治の子供

まずはそもそも太宰に子供がいるのか、そして娘が作家という情報は事実か見ていきましょう。

1939年に歴史と地理の教員だった石原美知子と結婚した太宰。


2人の間には、一男二女がもうけられています。

しかし太宰には愛人が複数おり、その中の1人、太田静子との間にも娘が1人いるということでした。

静子は現在の実践女子大学家政科に在学中から文才があったようで、前衛的な詩などを創作していたと言われています。

滋賀県の開業医の娘だったので、厳しくしつけられていたはずですが、文学青年だった弟の勧めもあり両親に無断で国文科に転科を希望。

しかしそれが両親にバレてしまい、結局中退しています。

その後、東芝の社員・計良長雄と結婚しますが、生まれたばかりの娘を亡くすなど不幸に見舞われたのち離婚。

娘を亡くした際の様子を日記風にしたため、ファンだった作家の太宰に送ったところ、「遊びに来なさい」という返事をもらえたことで交流が始まります。

静子が書いた日記はその後、太宰の代表作『斜陽』の題材となりました。

1947年に2人の間には娘が生まれますが、太宰の不倫関係で生まれた子供はこの娘だけのようです。

太宰の娘が作家に

次に太宰の娘が作家という情報について見ていきます。

まず妻の美知子との間に生まれた二女についてですが、次女の里子が作家になっていました。

ペンネームは津島佑子(つしま ゆうこ)で、現在では昭和から平成にかけての現代文学を代表する女性作家と位置づけられています。

1歳の時点で太宰が亡くなっているので、父の記憶はないですが、その文才は確実に受け継ぎました。

1971年に最初の作品集である『謝肉祭』を刊行、この時期の主なテーマは自身の生い立ちの影響もあって、母子家庭でした。

1972年に長女をもうけますが、夫とは離婚、それからパートナーとなる男性と出会っています。

このパートナーとも息子をもうけましたが、再婚することなく別れました。

息子も幼くして呼吸困難で亡くなっており、別離を繰り返した前半生と言えますね。

孤独を埋め合わせるためか精力的に創作に励み、その方向性はより壮大な世界観へと移っていきました。

1998年、母方の祖父である地質学者・石原初太郎をモデルにした大作『火の山―山猿記』を完成させます。

5年の歳月を費やした集大成とも言えるこの作品で、谷崎潤一郎賞と野間文芸賞を受賞、さらにNHK連続テレビ小説『純情きらり』としてドラマ化されました。


また湾岸戦争や東日本大震災に影響され、社会問題を積極的にテーマへ取り入れるようになります。

戦争孤児を描いた『ヤマネコ・ドーム』、アイヌを題材とした『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』などは代表作でしょう。

また文体は独特で、混とんとしたやや不思議な感覚を引き起こすものです。

2016年に68歳で、肺がんにより亡くなるまで、旺盛な創作意欲でファンの心をつかみ続けた作家です。

次に太田静子と太宰の娘は、太田治子(おおた はるこ)さんという女性作家です。

明治学院大学文学部で英米文学を学び、のちに映画化された、『手記』などの作品を発表。

母の影響で美術に造詣が深く、NHK「日曜美術館」の初代アシスタントも3年務めています。

母の看護が終わったタイミングで、30代で結婚しますが、娘・万里子をもうけたのち離婚。

2021年現在も健在で、執筆活動に専念しているようでした。

家系的には離婚や早死にが多いですが、不幸も創作の源にしていける文才を備えた人物が多いのでしょう。

太宰治の息子について

次に太宰と妻・美知子の間に生まれた息子のことを見ていきましょう。

1944年の8月10日、長男の正樹が誕生しています。

しかし彼は生まれつきダウン症でした。

病弱だったためか、15歳のとき肺炎で亡くなっています。


そのため太宰の直接の息子は、現在はいないことになりますね。

ちなみに小栗旬さんが太宰を演じた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019年)には、正樹と同じダウン症の子役が出演し、ストーリーにリアリティーを持たせています。

また先述のドラマ『純情きらり』では、西島秀俊さん演じる杉冬吾という太宰をモデルにした人物が登場。

その息子・亨は、ダウン症ではありませんが、目に障害があるという設定になりました。

フィクション作品にも、正樹の影響が根強くあることがわかりますね。

子孫の現在

最後に太宰の子孫は現在について調査しました。

2020年上半期の芥川賞の候補となった、『赤い砂を蹴る』という小説があります。

この小説の作者で劇作家でもある、石原燃(いしはら ねん)さんという女性が津島佑子の娘、太宰の孫にあたることが明らかになりました。

1972年に生まれ、劇団劇作家に所属、退団後は燈座(あかりざ)という劇団で戯曲を執筆しています。

2016年、母の死を契機に小説を書き始めました。

祖父にはあまり関心がなく、母の影響が強いと語っています。

やはり母子家庭での親子の結びつきは、創作に強烈な影響を与えているのでしょう。

社会問題や子供との死別など、津島文学に通じるテーマを持つ作品を発表していますが、今後はより多様なテーマで書いていきたいと語っています。


祖父も母も受賞していない芥川賞の有力候補として、今後も注目すべき作家ですね。

太宰の文才を受け継いだ女性たちの作品は、いずれも太宰文学以上に力強く、深遠なテーマで現代人の胸を打ち続けるでしょう。

太宰治の結婚。正妻は美知子、内縁妻が初代。心中相手の富栄と遺書

太宰治の性格とは。波乱の生涯。薬物依存と結核、死因について

天才・太宰治は芥川龍之介に心酔。中原中也・川端康成との関係は?

太宰治の生家と幼少期、家族について。兄弟、父との関係とは

太宰治の三鷹、鎌倉との縁。愛した着物、万年筆、ウイスキーのこと

山崎富栄の遺体、太宰治との遺書。玉川上水の真相。強い性格と子孫の今

津島美知子の晩年と遺産。太宰治との子供について。どんな性格だった?

津島佑子の夫とは離婚。娘は作家、息子は死去。文学の才能ある家系

太田治子の娘・万里子。津島佑子との関係。夫は? 生い立ちを解説

コメント