西加奈子が結婚した夫は編集者。家族のおかげで直木賞。出産は40歳&子供の育て方

自ら出版社へ持ち込んだ原稿が編集者の目にとまってデビューを果たした直木賞作家の西加奈子(にしかなこ)さん。

2023年現在は育児に仕事に多忙な日々を送っています。

今回は西さんの私生活にフォーカスして、結婚した夫はどんな方なのか、また両親をはじめ家族のこと、子供の出産によって得た気づき、子育てで心がけていることなどをまとめます。

西加奈子のプロフィール

生年月日: 1977年5月7日

出身地: イラン テヘラン

最終学歴: 関西大学法学部

デビュー作: 『あおい』(2004年)

西加奈子が結婚した夫

西加奈子さんは2012年に結婚しており、お相手は編集者といわれています。

夫の名前など詳細はわかっていません。

メディアでは夫について「すこやかな人」「ただシンプルに、この人と一緒にいたいと思った」と発言していますね。


独身時代は周囲に気を遣って、結婚願望を必要以上に表に出していたという西加奈子さん。

もちろん結婚願望はあったのですが、それをはっきり示さないと周りが安心してくれなかったとのこと。

今は「結婚せえへんの?」と聞かれることがなくなり、ストレスはなくなったそう。

結婚生活は意外に日常の延長であり、結婚したからといって人は変わらず、良くも悪くも人間は孤独であることに気づいたと述べています。

夫に見えないところで仕事

結婚後の西さんは、仕事のやり方が少し変わったそうです。

もともと外へ出て書くことは苦手だったそうですが、結婚してからは外でも書いているのだとか。

この変化には、旦那さんの前で書きたくない気持ちが影響しているようです。

なるべく夫の前で仕事したくないけれど、書けなくなって夫のせいにするのは嫌やなと思って、ノートパソコンを買って新幹線の移動中や喫茶店でも書く練習をして外でも書けるようにしたら、すごく気持ちがラクになった。

夫の前で書きたくない理由は詳しくわかりませんが、編集者であることも関係しているのかもしれませんね。

こうした変化は、西さんの生活スタイルにも合っているのではないでしょうか。

かつては、時間を決めて朝に執筆するという角田光代さんの話を聞き、自分でも試したことがあるという西さん。

しかし、きっちり時間を決めてしまうと、できなかったときの罪悪感がすごいことに気づいたそうです。

そのストレスを回避するため、結局はルールやスケジュールを決めないやり方に落ち着いたのだとか。


外で移動時間に書くなど、空いた時間をうまく利用するやり方は、がちがちにスケジュールを決めないスタイルと相性がよさそうです。

旦那さんと結婚したことで、より自分に適した書き方を見つけられたのかもしれませんね。

夫権に対する考え方は変わった

西さんの過去のインタビューを読んだ人の中には、結婚後の家庭で旦那さんの力が強いことを想像する人もいるかもしれません。

というのも、20代後半にインタビューを受けた際、夫権に対する肯定的な発言をしているからです。

『ウーマンリブや男女平等には興味がないし、女が三歩下がるような夫権の世界に惹かれる』

2023年現在の西さんとはどうも合わない発言ですね。

実は、西さん自身、この発言についてはすっかり忘れていたのだとか。

あるフェミニズムに関するインタビューを受けた後、たまたま20代後半のインタビューを読んで、真逆の発言にびっくりしたそうです。

あまりのことに焦り、記事の掲載を中止する提案をしたという西さん。

ですが、先方からは考え方の変化なら問題ないと言われ、そのまま残すことにしたそうです。

ただ、「過去にこうした発言をしましたが」といった文章を追加し、考え方が変わったとわかるように修正。

この出来事により、過去の発言をなかったことにせず、変化を受け入れる気持ちになれたそうです。

そんな西さんなので、三歩下がって夫に従うような生活はしていないと思われます。

旦那さんも、古い考え方にとらわれない人物なのでしょう。

家族のおかげで生まれた『サラバ!』

メーカーに勤務していた父の赴任地のテヘランで生まれ、のちにカイロ生活を経験した西加奈子さん。

帰国後、一家は大阪に居住しました。

以降は父が単身赴任となり、兄も東京の大学に進学したため母と二人暮らしに。

幼い頃から父親によく言われた、忘れられない言葉があるそうです。

それは、子供は自ら産んでほしいと頼んだのではなく両親が望んで産まれるのだから、自由に生きてほしいというもの。

大学卒業後に就職せず、フリーターを選んだ時も、父は娘を信じて見守っていてくれたそうです。


母から教えられたのは、小さなことにも喜び、感謝の気持ちを忘れないこと。

自身を「調子にのりやすい性格」と分析する西さんは、この言葉を思い出して襟を正すことも多いのだそう。

『サラバ!』の主人公・歩はテヘランで生まれ、カイロに渡り、大阪で暮らすという酷似した経歴を持つキャラクター。

自分がこの両親の子供だったからこそ『サラバ!』の物語が生まれ、直木賞を受賞することができたと述べています。

自分の考えを子供たちに強要せず、いつも絶対的な味方だった父と母は、わが子を一人の人間として尊重していたのでしょう。

西加奈子さんが両親とのほどよい距離感の中でおおらかに成長したことがうかがえますね。

40歳で出産、子供は過剰に愛さない

2017年7月には待望の第一子を出産した西加奈子さん。

40歳での高齢出産でした。

夫はいわば育児のチームメイト。

チームメイトの意識は結婚当初からあったものの、出産後はいっそう強くなったとのこと。

ですが、そのチームメイトも日中は不在。

実感したのは自由への欲求でした。

自由を奪われるのがいちばんつらいことも出産したからこそ気づいたこと。

外出もままならない新生児の時期を乗り越えて、今はベビーシッターのサポートを受けながら執筆との両立をはかっているそうです。

親子の大切な絆は感じているものの、一定の距離感をもち、過剰な愛情は注がないように心がけているという西加奈子さん。

子供を一人の人間として尊重し、自由に生きてほしいのだそう。


母が悲しむからという理由でやりたいことをあきらめたり、選択の幅を狭めたりしてほしくないと語っています。

この独特の家族観は両親との関係の中で育まれたものかもしれませんね。

ハッピーエンドで終わる人生ばかりではないけれど、それでも自分はハッピーエンドを願っていて、その思いを小説に託していると言う西加奈子さん。

母業はまだ始まったばかりですが、母となった彼女の作品がどう深みを増していくのかに注目です。

西加奈子の経歴まとめ

1977年5月7日にイランのテヘランで生まれ、小学1年生から5年生まではエジプトのカイロ、その後は大阪府和泉市で育つという異色の経歴をもつ西加奈子さん。

2004年のデビュー作『あおい』以降、ロングセラーの『さくら』、直木賞受賞作『サラバ!』など、笑いあり涙ありの心温まる作品を発表してきました。

北村匠海さん、寺島しのぶさん、永瀬正敏さんらが出演する映画版『さくら』は2020年11月に公開されたばかり。

帰国子女なのですが、インタビューで自分を「わし」と言ったり、大阪弁全開で話したりする西加奈子さんはまるで生粋の大阪人のよう。

高校時代、言葉の力に衝撃を受けた小説はトニ・モリスンの『青い眼がほしい』。

トニ・モリスンは2019年に他界したアメリカの黒人女性作家で、ノーベル文学賞受賞者です。

初めてファンレターを書いた著名人は遠藤周作。

作中のキリスト教観に触れて、「頭ええ人って、いるんやなあ」と思ったそうです。


大学時代は谷崎潤一郎や太宰治などを読み、「こんな昔に、こんなかっこいいこと書いてはる」。

なぜかオカルト雑誌『ムー』の愛読者でもあったようですが、世界七不思議の本などと違い、文豪たちの本は「カバーせんで人前で読めるところもかっこよかった」と語っています。

関連記事
瀬尾まいこ、夫と結婚し家族3人の暮らし。教員の過去&経歴と生まれまとめ

島本理生の夫は佐藤友哉。結婚、離婚からの再婚。父親が2度代わる

井上荒野は父も著名な作家、母は謎の存在。瀬戸内寂聴との関係&結婚した夫について

朝井リョウ、妻との結婚発覚はラジオ。子供なし?結婚式嫌いの理由&オードリー若林との関係

村田沙耶香、結婚せず家族に夫はいない。経歴と生い立ちまとめ&信仰の評判

中村文則の生い立ち。結婚した妻・家族が謎?又吉直樹は熱烈なファン

角田光代の夫は河野丈洋、子供はいない。結婚歴あり今の夫は再婚&妊娠日記の小説が切ない

コメント