福岡伸一に子供が2人いる噂。結婚して妻がいる?家族とのエピソード&病気の噂はデマ

ベストセラー『動的平衡』で知られる生物学者の福岡伸一(ふくおか しんいち)さん。

生物学をわかりやすい言葉で解説し、幅広い層に支持されている研究者です。

今回は福岡さんについて、子供、妻、結婚の情報から家族についてご紹介します。

また福岡さんについて調べていると出てくる「病気」というキーワードについても見ていきましょう。

福岡伸一のプロフィール

本名:福岡伸一

生年月日:1959年9月29日

身長:不明

出身地:東京都

最終学歴:京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程

福岡伸一には子供が2人いる?

まずは福岡さんの子供について見ていきましょう。

福岡さんには2人の子供がいるという情報がありました。

ただしネット上の情報ですので、あくまで参考程度です。


福岡さん自身は内向的な子供時代を送り、それによって昆虫採集に夢中になるなど人よりも動植物が好きだったとのこと。

孤独な幼少期に好きなものと出合ったおかげで、今の生物学者という肩書にもつながったのでしょう。

そのため福岡さんは、子供の好きなことに親は干渉せず、熱中させてあげるべきと考えています。

「子供にはオタク的な部分がある」と語り、関心のあるものを追究する力を伸ばしていくことが大切と主張。

福岡さんの子育てへの考え方を見ると、自身のお子さんものびのびと育てていることが想像できますね。

お子さんたちは好きなことを探求し続け、父と同じく研究者肌の人物に成長するのかもしれません。

ただ前述のとおり、2人の子供というのは、あくまでも噂です。

福岡さんが自身の子供について語ったことはないようで、息子や娘のエピソードが話題になったことはありません。

子供の噂を福岡さんが認めたこともないため、デマの可能性もあるでしょう。

ちなみに、2人の子供の情報ソースについても、確かなことはわかっていないようです。

福岡さん本人がどこかで話していたなら可能性は高くなりますが、ネット上の噂はどこから発生するかわかりません。

匿名掲示板に書き込まれた証拠のない情報が、事実かのように広まっていることもありますよね。

確かな情報が見つかるまでは、2人の子供の話を信じすぎない方が良さそうです。

福岡伸一、結婚して妻がいる噂

続いて福岡さんの妻と結婚情報を見ていき、家族についてまとめます。


福岡さんには妻がいるという情報がネット上にありましたが、一般の方で情報はないです。

正確な結婚時期はわかりませんが、1988年にアメリカ留学しているため、帰国後の91年以降である可能性が高いでしょう。

1988年にロックフェラー大学、翌年にはハーバード大学に留学している福岡さん。

現地で日本料理を自炊するため料理教室に通っていたそうなので、家庭でも料理を担当しているのかもしれませんね。

ちなみにSNS上では、福岡さんと結婚したいという声が意外な程多く見られました。

料理もできる上に、優しい雰囲気に魅力を感じる人が多いのでしょう。

さらに生物学を日常レベルの言葉にして解説し、生命の営みの尊さを感じさせてくれるのは福岡さんの特徴です。

「悩ましい出来事に遭遇しても、分子レベルでは生物は自由」という主張は、生物学を通して前向きな生き方を提案してくれます。

さらに「肌の白さや黒さは皮膚のメラニン色素量により決まるだけで、生物学的には大した違いではない」と主張。

人種差別は、生物学的に見ればあまりにも下らない行為であることを、やんわりと伝えています。

親しみやすい語り口調を通して、生物学で人間の生き方を前向きに変えようと努めている点が、高い人気の理由なのでしょう。

子供時代の家族とのエピソード

実家の家族については、あまり多く語ったことがないという福岡さん。


ですが、ときどき思い出のエピソードなどを披露しており、両親についても語ることがあります。

父は放任主義、母は見守る子育てだったような気がします。

子供の頃から昆虫に夢中だったという福岡さん。

友人もそれほど多くはなく、昆虫オタクとして過ごしていたそうです。

放任主義の父親だったからこそ、自由に好きなことをやれたのかもしれませんね。

そんな福岡さんを優しく見守っていた母親も、オタク的な行動をやめさせようとはせず、むしろ協力してくれたようです。

エサになるサンショウの葉を他人の家から採って怒られたときは、一緒に頭を下げ、昆虫を飼うために必要なことを説明してくれたのだとか。

明け方の蝶の孵化を見たくて待っていた福岡さんが、うっかり寝てしまったときは、「もうすぐよ」起こしてくれたこともあるそうです。

子供が興味を示したものを、むやみに取り上げるようなことはせず、見守ってくれていたんですね。

ちなみに、いつも母親が作ってくれたお弁当は、すごく凝っていたようです。

衣食住にこだわった母親は栄養のバランスや品数を考え、1日に30種類ほどの食材を使った。小学生時代のお弁当にも、丹精込めたいろいろな料理が少しずつ入っていた。

周囲はシンプルなお弁当が多かったため、「おせちみたい」と笑われたこともあるそうです。


とはいえ、それだけ凝ったものを作るのは手間がかかるはず。

大事な息子のために、手の込んだお弁当を毎回作っていたというのは、すごいことですね。

福岡伸一は病気ではない

最後に福岡さんと、病気というキーワードの関連性を見ていきます。

福岡さんの名前を検索すると、「病気」や「目 病気」という関連キーワードが出てきますが、一体どういうことなのでしょうか。

目に何か病気があるのかどうか調べてみましたが、特に異常はなさそうです。

ただ濃い眉毛の下にきらめく瞳が、独特な風貌を形成していて、1度見たら忘れられない顔といえますね。

一部からは「食い倒れ人形のようだ」という声も上がっています。

友人である編集者の小黒一三さんからも「不思議な顔」と評されるなど、独特な風貌は多くの人の注目を集めています。

ただ決して顔の病気なのではなく、それこそ生物学的にくっきりとした顔に生まれただけでしょう。

顔についてからかわれても温厚な雰囲気を崩さない福岡さんは、「大人の男性」の模範といえるかもしれませんね。

生物学者でありながら人々の心をつかんで離さない、魅力的な男性でしたね。


関連記事
養老孟司と妻のエピソード。娘アキカ(暁花)は鍼灸師。家族に息子あり?孫の存在は語らず

養老孟司の愛猫・まると鎌倉の暮らし。母は再婚、兄は父親違い

阿川佐和子と夫の関係。結婚歴なく初婚。離婚理由が不倫説の夫&教授Sは曽根泰教か迫村純男?

阿川佐和子の父、母の介護について。祖父が建築家という噂。兄弟はアメリカに?

角田光代の夫は河野丈洋、子供はいない。結婚歴あり今の夫は再婚&妊娠日記の小説が切ない

綿矢りさの夫は国家公務員。結婚と子供の出産。 藤原基央との噂と京都への愛

姜尚中、娘の詳細は非公開。妻と離婚の噂も軽井沢移住で夫婦生活&母は在日コリアン1世

コメント

  1. 福岡君とは、航行の同級生です。
    確か彼とは、2年生から卒業までの2年間同じクラスだったと記憶しています。
    高校3年の2学期は、確かずっと隣の席だったと思いますが、そのため彼のことはよく覚えています。
    彼は、人付き合いが苦手だから学者になる、と自分で言っていました。
    東大より、京大のほうがアカデミックな感じなので兄弟に行くといっていました。そして将来は教授になるとも言っていました。また高校生の時から教授と呼ばれていました。
    彼は、高校時代から秀才でしたが、1番ではありませんでした。しかしやはり隣の席にいた時、京大入試オープンで2番だったと担任が言っていました(農学部ででしょう)。
    また彼は、今でも明るい性格ですが、高校時代からそうでした。
    その後も、大学生のころまで、彼とは少し付き合いがあり、23歳くらいの時でしたか、私が大学の工場見学旅行で京都へ行ったときには、京大の正門前で待ち合わせし、近くの喫茶店で2時間くらい話をしたのが最後に彼と直接会った時でした。
    その時彼は、学部をトップで卒業したといっていました。また公務員試験も3年生の時トップで合格したといっていました。
    その後は全く彼とはお会いしていませんが、彼があまり化に留学するとのことで、千葉の実家にはがきが来たのを覚えています。
    その後、16~7年後、私は朝穂新聞を購読していたのですが、ある時新聞に彼の書いた記事が載っていて、はじめて彼が日本に帰ってきていることを知ったわけです。
    皆さんもご存知のように、彼はあまり化で非常に大きな業績を上げたようで、一躍日本を代表する知識人と認められており、私の周囲の知識人たちも彼のことは皆さんよく知っていて、高く評価しています。
    高校の還暦の同窓会が2年前あり、幹事に聞いたところ福岡君も出席するとのことでしたので、再開できることを楽しみにしていましたが、台風で中止となり、延期されその半年後千葉のホテルで同窓会は行われたのですが、聞くところでは彼はアメリカに行っていたとのことで、出席せず結局再開は今のところかなわないでいます。
    まあ、彼は実のところ出身高校のことはあまりおおぴっらに公表していないようですが、同窓生には大手の大企業の社長や重役、また大学の先生など何人もいる、それなりの高校なのですが(千葉市立高校という高校です)。
    高校の同窓会は、毎年やっているようですので、そのうち彼とも再開することができると思います。
    その時には、いろいろ教えていただきたいと思っている次第です。
    福岡君には、今後益々のご活躍を期待しています。

  2. 名前:新井一男 :投稿日:2021/11/09(火) 03:36:17
    福岡君とは、航行の同級生です。
    確か彼とは、2年生から卒業までの2年間同じクラスだったと記憶しています。
    高校3年の2学期は、確かずっと隣の席だったと思いますが、そのため彼のことはよく覚えています。
    彼は、人付き合いが苦手だから学者になる、と自分で言っていました。
    東大より、京大のほうがアカデミックな感じなので兄弟に行くといっていました。そして将来は教授になるとも言っていました。また高校生の時から教授と呼ばれていました。
    彼は、高校時代から秀才でしたが、1番ではありませんでした。しかしやはり隣の席にいた時、京大入試オープンで2番だったと担任が言っていました(農学部ででしょう)。
    また彼は、今でも明るい性格ですが、高校時代からそうでした。
    その後も、大学生のころまで、彼とは少し付き合いがあり、23歳くらいの時でしたか、私が大学の工場見学旅行で京都へ行ったときには、京大の正門前で待ち合わせし、近くの喫茶店で2時間くらい話をしたのが最後に彼と直接会った時でした。
    その時彼は、学部をトップで卒業したといっていました。また公務員試験も3年生の時トップで合格したといっていました。
    その後は全く彼とはお会いしていませんが、彼があまり化に留学するとのことで、千葉の実家にはがきが来たのを覚えています。
    その後、16~7年後、私は朝穂新聞を購読していたのですが、ある時新聞に彼の書いた記事が載っていて、はじめて彼が日本に帰ってきていることを知ったわけです。
    皆さんもご存知のように、彼はあまり化で非常に大きな業績を上げたようで、一躍日本を代表する知識人と認められており、私の周囲の知識人たちも彼のことは皆さんよく知っていて、高く評価しています。
    高校の還暦の同窓会が2年前あり、幹事に聞いたところ福岡君も出席するとのことでしたので、再開できることを楽しみにしていましたが、台風で中止となり、延期されその半年後千葉のホテルで同窓会は行われたのですが、聞くところでは彼はアメリカに行っていたとのことで、出席せず結局再開は今のところかなわないでいます。
    まあ、彼は実のところ出身高校のことはあまりおおぴっらに公表していないようですが、同窓生には大手の大企業の社長や重役、また大学の先生など何人もいる、それなりの高校なのですが(千葉市立高校という高校です)。
    高校の同窓会は、毎年やっているようですので、そのうち彼とも再開することができると思います。
    その時には、いろいろ教えていただきたいと思っている次第です。
    福岡君には、今後益々のご活躍を期待しています。