谷川俊太郎の妻、佐野洋子と岸田衿子。息子は?結婚歴と家について

日本を代表する詩人の谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)さん。

言葉の名手として知られる大詩人ですが、女性遍歴が華やかなことでも知られています。

今回は谷川さんの妻だった、佐野洋子さん、岸田衿子さんとのエピソードをご紹介しましょう。

また息子、結婚歴、家の詳細もまとめます。

谷川俊太郎のプロフィール

本名:谷川俊太郎

生年月日:1931年12月15日

身長:不明

出身地:東京都杉並区

最終学歴:東京都立豊多摩高等学校

元妻・佐野洋子とのエピソード

まずは元妻の佐野洋子さんとのエピソードをご紹介します。

名作絵本『100万回生きたねこ』の著者として知られる洋子さん。


最初の夫と結婚したのは、武蔵野美術大学を卒業後、白木屋宣伝部に入社してイラストを描く仕事をしていた時期です。

その後はベルリン留学を経て、『やぎさんのひっこし』で絵本作家デビューし、作家、エッセイストとして活躍します。

1980年に離婚し、10年後に谷川さんと再婚しました。

最初の夫との子供である画家の広瀬弦さんは、母の再婚当時21歳でした。

しかし中学の時点で、谷川さんと共作も手掛けていた母から、彼を紹介されたそうです。

広瀬さんにとって谷川さんは、父というよりは知り合いのおじさんという印象だったのでしょう。

最初の頃は「母と谷川さんはイチャイチャしていた」と語っています。

熱愛だったと思われますが、結婚から6年後に離婚。

おそらく洋子さんから見た谷川さんは、詩人として尊敬はできても、家庭人としては身勝手に思えたのでしょう。

しかし離婚後、北軽井沢の谷川さんの別荘の隣に転居し、彼を気にするそぶりを見せ続けたそうです。

一緒にいるとかみ合わないことがあっても、少し距離を置けば問題なく愛せたのかもしれません。

2010年に72歳で、乳がんにより亡くなった洋子さん。

しかし彼女に関するイベントで、谷川さんと広瀬さんの対談が行われるなど、血のつながらない親子同士の交流は続いています。

部外者からは理解できない、複雑な愛憎関係で結ばれた夫婦だったのでしょう。

元妻・岸田衿子とのエピソード

次に最初の妻だった岸田衿子さんとのエピソードをご紹介します。

劇作家・岸田國士の長女として、谷川さんと同じ杉並に生まれた衿子さん。

妹に女優の岸田今日子さん、従弟に俳優の岸田森さんがいる、芸術家一族でした。

衿子さんも芸術的センスが抜群で、東京藝術大学油絵科を卒業しています。

しかし肺病により画家の道を断念し、絵本制作や詩作を行うようになりました。

彼女の業績として最も知られているのは、フジテレビ『世界名作劇場』で放送された名作アニメの主題歌の作詞でしょう。

『アルプスの少女ハイジ』、『フランダースの犬』、『赤毛のアン』などのオープニング、エンディングのテーマを作詞。

また童話の翻訳、執筆を行い、日本を代表する作家となりました。

谷川さんと結婚したのは、1954年10月4日。

幼馴染みだった2人はお互いを「俊ちゃん」、「衿子さん」と呼ぶ、仲睦まじい夫婦でした。

しかし谷川さんは自身作の『大きな栗の木』を劇団文学座が上演した際、出演女優の大久保知子さんと急接近。

夫婦は別居し、1956年10月に離婚しました。

衿子さんはその後、詩人の田村隆一さんと結婚しますが、結局関係が悪化し離婚しています。


谷川さんは知子さんと再婚し、最長の結婚期間となる32年間を共に過ごしました。

偉大な詩人の自由奔放な人柄に、振り回される女性も多かったのでしょう。

谷川俊太郎の息子は?結婚歴まとめ

次に谷川さんの息子の詳細と、結婚歴をまとめます。

実子は息子が1人、娘が1人いて、いずれも2番目の妻である知子さんとの子供です。

息子は1960年生まれの音楽家・谷川賢作さん。

1986年に市川崑監督の映画『鹿鳴館』で作曲家デビューし、以降ほとんどの市川作品の音楽を手がけています。

96年には父の現代詩を歌う音楽ユニット「DiVa」を結成しました。

大詩人と女優の優れた感性を受け継ぎながら、音楽という独自の道を進んで、両親にも認められてきたのでしょう。

面倒見の良い妻だった知子さんですが、谷川さんの母の介護問題で不和が生じ、89年に離婚しています。

大詩人の甘えん坊でわがままな一面は、衿子さん、知子さん、洋子さんと、目まぐるしい3度の結婚歴ににじみ出ていますね。

谷川俊太郎の家

最後に谷川さんの家をご紹介します。

谷川さんには北軽井沢の別荘がありますが、普段生活と仕事をしているのは、地元杉並の自宅です。

自宅の正確な位置はわかりませんが、阿佐ヶ谷、荻窪付近を地下鉄丸ノ内線で移動しているようです。

自宅の仕事部屋で、Macで作業を進める様子もメディアで公開されています。


軽井沢はあくまで避暑用の土地であり、本当に落ち着く土地は生涯杉並に変わりないのでしょう。

自由奔放に、感性の赴くまま生きてきた、詩人の素顔が垣間見られましたね。

谷川俊太郎の家族、父と母が名門。生い立ちと戦争体験について。経歴まとめ

佐野洋子の息子は絵本作家&元夫は谷川俊太郎。最初の夫との離婚、母の晩年

谷川賢作のプロフィール。父・俊太郎、母と家族。結婚相手は?ジブリと関係

河合隼雄の息子3人とも学者、結婚は?夫婦論と家族、子育ての名言とは

俵万智、息子の今と名言。沖縄石垣島から宮崎への移住

浅井慎平の現在。海岸美術館が閉館。俳句といいちこ、息子は陶芸家

コメント