泉ピン子の孫はモデル?娘と息子の噂。実母が継母だった&3匹の愛犬

数々の国民的ドラマで印象的な演技をみせる泉ピン子(いずみぴんこ)さん。

見る者を魅了するその演技力は天性の物と言っても過言ではありません。

泉ピン子のプロフィール

本名:武本小夜(旧姓 江口)

生年月日:1947年9月11日

身長:154cm

出身地:東京都中央区銀座

最終学歴:日本音楽高等学校中退

所属事務所:pi企画株式会社

泉ピン子の孫はモデルという噂

泉ピン子さんについて調べると「孫」、「モデル」というキーワードが。

もしかすると夫の婚外子が結婚し子供が生まれたのでしょうか。


そしてキッズモデルをしているのでしょうか。

確かに泉ピン子さんほどの大女優であればキッズモデルとして活躍させるのは造作もない事。

瞬く間にキッズモデルのトップとなっても不思議ではありません。

ですが孫に関する詳細な情報は見つからず。

年齢を重ねた事でドラマ等に祖母役で出演する事が増えた泉ピン子さん。

そのため孫役を演じた役者が気になり「孫」や「モデル」というキーワードで検索されているのかもしれません。

もし泉ピン子さんに本当の孫がいたら大変可愛がった事でしょう。

ひょっとすると女優業よりも孫が生きがいになっていたかもしれません。

泉ピン子の娘は夫の連れ子

文化庁長官表彰や旭日小綬章を受章するなど日本を代表する大女優の泉ピン子さん。

「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」の演技で涙を流した人は多いはず。

また、明るく奔放なキャラクターでバラエティ番組でも大人気。

大物女優とは思えぬ立ち振る舞いはまるで大物コメディアンのようですよね。

それもそのはずデビュー当初は女優ではなくコメディエンヌだったんです。

日本音楽高等学校を中退して1966年に漫談家の牧信二さんに弟子入り。

歌謡漫談家「三門マリ子」としてデビューするも主な活動はキャバレー回り。

それでも腐る事なく芸を磨いた事で1975年から「テレビ3面記事 ウィークエンダー」にリポーターとして出演。

ところが同番組で泉ピン子さんが扱った内容は下ネタばかり。

そのため新日本婦人の会が選んだワーストタレントの1位となった事も。

そんな泉ピン子さんが女優業を行うきっかけとなったのが1975年の「花吹雪はしご一家」。

美貌、知的さ、お金のない女優を探していた演出家、鴨下信一さんの目に留まり出演した同ドラマ。

起用されたきっかけは決して喜べるものではありませんが、これで演じる事の楽しさを感じたのでしょう。

その後も様々なドラマに出演し1980年の「手ごろな女」でドラマ初主演。

そして1983年の「おしん」で母親役を演じた事で女優の地位を確固たるものに。

それ以降も「渡る世間は鬼ばかり」や「マッサン」、「ドクターX」など多くの話題作に出演。

名作には欠かせない名優の1人と言っても過言ではないでしょう。

そんな泉ピン子さんは1989年に消化器内科医の武本憲重さんと結婚。

女優業に全てを捧げてきたため、結婚した当時は既に40歳過ぎという晩婚でした。


晩婚という事もあり二人の間に子供はいませんが、武本さんには娘がいました。

実はこの娘は武本憲重さんと愛人の間に生まれた子供。

愛人とは泉ピン子さんと結婚する前からの付き合いで既に子供も生まれていたそうです。

この事実が発覚した当初は大きな話題となり、泉ピン子さんが記者会見をする事に。

会見では涙を流しながらも「夫を許す」と懐の深さを見せました。

自分と夫の間に子供がいないため、本当の子供のように思っているのかもしれませんね。

泉ピン子には息子もいる?

夫の隠し子にも惜しみない愛情を注ぐ泉ピン子さん。

ただ、夫の隠し子はもう一人いるという情報も。

ですが泉沙織さんのように詳細は明かされていません。

そのため娘なのか息子なのかも不明。

武本憲重さんは現在、銀座で「武本ホーム・ドクター・クリニック」の院長を務めています。

あえて開業したという事は後継ぎがいるという事なのかもしれません。

そう考えると、もう1人の子供は息子という可能性が高そうですね。

今は大学病院で医師としての腕を磨いているのでしょうか。

いつか「武本ホーム・ドクター・クリニック」の院長として脚光を浴びる日が来るかも知れません。

母親と思っていた女性が実母ではなかった

泉ピン子さんの父親は「広沢竜造」の名前で浪曲師として活動した江口鉱三郎さん。

そして母の素女子さんも「三門お染」で活動した浪曲師。

両親が浪曲師だった事から芸能の道を志したと思うかもしれません。

ですが幼いころの夢は美容師だったそうです。

小学生の頃にその夢を近所のおばさんに語った泉ピン子さん。

するとそのおばさんから「本当のお母さんは美容師だった」と告げられたそうです。

長年、泉ピン子さんが母親だと思っていたのは父親が再婚した継母。

実の母は2歳の頃に亡くなってしまっていたそうです。

この事実を知ってからは継母を「お母さん」と呼ぶことが出来ず。

一緒に暮らす事すら嫌になってしまったんだとか。

ただ、素女子さんは再婚する際にこのような日が来ることを覚悟していたのでしょう。


泉ピン子さんが嫌悪感を示すようになってからも実の母のように面倒を見続けたそうです。

ギクシャクした関係が続きながらも心のどこかに感謝の気持ちがあったはず。

漫談家となった時に「三門」を名乗ったのがその証拠と言えるでしょう。

二人の関係が改善されたのは素女子さんがガンになってから。

その後は亡くなるまで泉ピン子さんが面倒を見ていたそうです。

泉ピン子が頑張るのは犬のため?

夫との間に実子がいない泉ピン子さん。

その代わりに可愛がっているのが3匹の愛犬。

2匹がミニチュアダックスで1匹はマルチーズとプードルのミックス。

多忙でなかなか散歩に行く事が出来ないため小型犬を飼っているのでしょうかね。

今では愛犬のために仕事を頑張っていると明かしています。

また、犬が会話のきっかけになる事もあるんだとか。


もはや愛犬は泉ピン子さんの人生に無くてはならない存在と言っても過言ではなさそうですね。

ただ、これだけ可愛がっているとペットロスも心配になってしまいます。

そんな時には夫が支えとなってくれているのかもしれませんね。

泉ピン子の現在。移住した熱海の家、渡鬼終了で年収は?頭の揺れに重病説

泉ピン子の結婚。旦那は医師、馴れ初めとは。離婚危機の噂について

泉ピン子とえなりかずきは共演NG?不仲な関係で渡る世間は鬼ばかり共演なし

泉ピン子のメガネはまだシャネル?ファッションが変わった?コラボ服と髪型について

えなりかずきの結婚&嫁と子供がいる?熱愛彼女や最近の恋愛事情まとめ

渡る世間は鬼ばかりキャストの現在とその後
「渡る世間は鬼ばかり」俳優キャストの現在と死。歴代の出演者まとめ

コメント