新井満に失明、病気の噂。家族について。大沼の別荘で千の風になって誕生

芥川賞作家であり、音楽家、絵本画家などとしても活動してきた新井満(あらい まん)さん。

今回は新井さんの失明、病気の情報を見ていきましょう。

さらに家族情報、代表作『千の風になって』、大沼についてもご紹介します。

新井満のプロフィール

本名:新井滿(みつる)

生年月日:1946年5月7日

身長:不明

出身地:新潟県新潟市

最終学歴:上智大学法学部

新井満に失明、病気の噂

まず新井さんの失明、病気について見ていきます。

新井さんについての関連キーワードに「失明」がありますが、自身が失明してはいないようです。

なぜ失明と結びついたかというと、新井さんが作曲した『千の風になって』をカバーした新垣勉さんが全盲のためでしょう。


新垣さんは在日軍人のアメリカ人と日本人女性の間に生まれました。

しかし生後すぐ、助産師が点眼薬と間違えて、家畜用の劇薬を点眼したことで全盲となります。

自身の境遇を恨み、自殺願望も抱きながら生きてきたそうですが、ラテン的な美しい歌声に恵まれていました。

ドキュメンタリー番組で注目されて以来、『さとうきび畑』など名曲をカバーし、今では一流テノール歌手として認められています。

新井さんについては、失明とは無関係ですが、過去に大きな病気を患っていました。

学生時代に急性十二指腸潰瘍となり、十二指腸を摘出、術後は腸閉塞を発症しています。

かつて「豚まん」とあだ名されるほど太っていたにもかかわらず、別人のように痩せてしまったそうです。

原因は64年の新潟地震を経験したことによる、PTSD(心的外傷後ストレス障害)だったとされています。

海水が逆流してきて、自宅は泥水に浸かるという甚大な被害を受けます。

この時感じた恐怖は心に深い傷を残し、ストレスによって病気になったようです。

書籍『生きている。ただそれだけで、ありがたい。』を発表している新井さん。

トラウマ、闘病を経て、「生きているだけで幸せ」という人生哲学が形成されたのでしょう。

新井満の家族

次に新井さんの家族を見ていきます。

新井さんの妻は紀子さんという名前であることがわかっています。

エッセイ『結婚おめでとう』に収録の「私たちの笹ダンゴ結婚」よると、笹団子が出会いのきっかけだそうです。

馴れ初めエピソードはNHK番組『グレーテルのかまど』でも取り上げられました。

新井さんが大学2年生だった66年のこと。

帰省していた新潟から東京へ戻る列車の中、2時間が経過した辺りで空腹に耐えかね、お土産の笹団子を食べてしまいます。

すると隣に座っていた少女が、じっと様子を見ていることに気づきました。

「食べてみますか」と新井さんが少女に1個手渡します。

この少女が妻となる紀子さんでした。

笹団子がきっかけで出会った2人は、71年に結婚しました。

銀座のレストランで挙式し、引き出物に選ばれたのはもちろん笹団子。

新井さんのちょっとした好意が、思わぬ縁を呼び寄せたといえますね。

夫婦は、スイス旅行記『ハイジ紀行』を共著で出版するほどに睦まじい、おしどり夫婦のようです。

子供は息子が1人、娘が2人います。

息子の新井弦さんは、横浜市にある「はる動物病院」で院長を務める獣医です。

温厚で控えめな性格のようで、有名作家の息子として扱われることを嫌がってきました。

しかし最近では、単に有名人の息子ではなく、一人前の獣医として堂々と生きられるようになったようです。

周囲からは父と同じく作家にならないのか訊ねられるといいます。

しかし父とは異なる道で大成することを目指し、自己肯定感を高めてきたのでしょう。

父の愛犬だった月子の容態を獣医師として伝えた際には、父からもプロとして認めてもらえたそうです。


有名作家の息子として苦労もあったはずですが、今ではようやく違う道で認められ、気持ちが楽になったのでしょう。

結婚して息子と娘が1人ずついるとのことで、仕事も家庭も充実していることがうかがえますね。

新井満と千の風になって、大沼について

最後に新井さんと『千の風になって』、大沼について見ていきましょう。

作家活動だけでなく、歌手や作曲家としても知られていた新井さんは、自身が作曲した『千の風になって』を発表しています。

作曲のきっかけは、川上さんという幼馴染みの弁護士が、妻の桂子さんをがんで失ったことでした。

追悼文集に掲載された詩に心惹かれた新井さんは、詩を調べるうちに作者不詳の英語詩に辿り着きます。

生者に対して死者が思いやりの言葉をかけるという内容が斬新で、ぜひ翻訳して曲をつけようと考えました。

しかし最初はうまく訳せなかったそうです。

そのまま3年が経過した2000年のこと。

新井さんは大沼に別荘を所有しており、周辺の森を散策しながら、例の詩を朗読していました。

すると強風が吹き、森の木々を揺らしたのです。

この時、「風の姿を見た」という新井さん。

その瞬間、「あの英語詩は風を主人公に据えて、自由訳にすればいい」と気づいたそうです。

こうして完成した『千の風になって』を自身で歌い、録音したCDを関係者に配布。

すると感動した人々が増え続け、2003年には朝日新聞の天声人語で紹介されたことで、CD発売が決定しました。

その後は秋川雅史さんや加藤登紀子さん、先述した新垣さんら一流歌手が歌い大ヒット。

新井さんは2007年、日本レコード大賞作曲賞を手にするのです。

ドラマ化や映画化もされ、多くの人々の胸に刻まれた『千の風になって』。


新井さんによる名曲の原点は、大沼で目にした「風の姿」だったのでしょう。

あの瞬間、死者は風となり、生者を見守っていると確信したのかもしれません。

闘病を経て、限りある命を全力で生きてきた文化人といえるでしょう。

関連記事
秋川雅史、死因の噂はデマ。病気の過去。現在(2024)の年収&自宅で彫刻

秋川雅史、結婚した妻はピアノ講師で美人と評判!馴れ初めエピソード語らず

秋川雅史の息子・風雅は大学生。ピアノをYouTubeで披露&娘は学習院ではない?

秋川雅史、若い頃の苦労。父親も声楽家!ハーフ説デマ。兄弟は一般人&似てる噂は長友佑都

穂村弘、妻と結婚のきっかけは緑内障。会社ではエンジニア、東直子との関係

萩原慎一郎の死因と武蔵中学校。滑走路と恋、有吉弘行との関係とは

馬場あき子の家族。子供と歌人の夫、父について。能への情熱と歌誌かりん

コメント