荻野目洋子の結婚歴。旦那はテニス選手、今は山梨で生活?子供に厳しい理由とは

2017年に再ブレイクを果たした荻野目洋子(おぎのめようこ)さん。

当時と変わらないボーイッシュで若々しい姿に驚いた人はきっと多い事でしょう。

荻野目洋子のプロフィール

本名:辻野洋子

生年月日:1968年12月10日

身長:160 cm

出身地:千葉県

最終学歴:堀越高等学校

所属事務所:ライジングプロダクション

荻野目洋子の結婚歴

大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」で知られる荻野目洋子さん。

バブリーダンスで再ブレイクを果たした事も記憶に新しいですよね。

小学4年生だった1978年に「ちびっこ歌まねベストテン」に出演した事を機にスカウト。


そしてアイドルグループ「ミルク」の一員としてデビューする事となりました。

ですが、ミルクは2枚の楽曲をリリースした後、自然解散。

そのため荻野目洋子さんの芸能活動も一旦終了となってしまいました。

再び芸能活動を行うようになったのは中学生になってから。

映画「ションベン・ライダー」のオーディションに参加するも不合格。

ですが、声と演技力が関係者の間で評判となったのでしょう。

その後、人気漫画が原作のアニメ「みゆき」でヒロインの声優に大抜擢。

そして高校1年生となった1984年にアイドル歌手としてデビュー。

デビューした年にリリースした楽曲は軒並みトップ10圏外。

ですが、その翌年にリリースした「ダンシング・ヒーロー」が大ヒット。

この楽曲で数々な音楽賞を受賞し、紅白歌合戦にも初出場を果たしています。

その後も「さよならの果実たち」や「六本木純情派」、「ストレンジャーtonight」などのヒット曲を連発。

トップアイドルとしての地位を確固たるものとしました。

また、歌手業と並行して女優としても活躍。

数々のドラマや映画で主演を務め、朝の連続テレビ小説「凛凛と」ではヒロイン役で出演。

1989年にはドラマ「こまらせないで!」で主演を務めただけでなく主題歌も担当。

当時を代表する芸能人の一人だった事は間違いないでしょう。

このように芸能界での活躍ぶりは皆が知るところ。

その一方で私生活についてはあまり知られていないのではないでしょうか。

きっと結婚歴についても知らない人は少なくないでしょう。

もしかすると独身と思っている人もいるかもしれません。

ですが、荻野目洋子さんは2001年に結婚しています。

ただ、当時は多忙だったためか挙式を挙げたのは15年後の2016年になってから。

2021年現在も離婚危機説などは全くありませんので夫婦円満のようです。

旦那はプロのテニスプレイヤー

2001年に結婚している荻野目洋子さん。

気になるお相手は当時、プロテニスプレイヤーだった辻野隆三さん。

1986年の高校総体では個人と団体の2冠を達成。

また、全日本ジュニアで3年連続で優勝するなど正に敵なし。

あの松岡修造さんが「年下で唯一適わなかった」として辻野隆三さんの名を挙げています。

高校卒業後、プロに転向するとイザワ・クリスマスオープン・テニストーナメントで3度の優勝。

また、日本代表としてデビスカップにも出場し、1994年のアジア競技大会ではミックスダブルスで準優勝。

プロテニスプレイヤーとしても輝かしい成績を残しています。

そして2003年に惜しまれつつも現役を引退。

その後は「MIRAI TENNIS ACADEMY」を設立し、後進の育成に尽力。

また、日本プロテニス協会で各種委員を務めるなどテニスの普及と発展にも寄与しています。

そんな辻野隆三さんと荻野目洋子さんの気になる馴れ初め。

実は二人は堀越高校の同級生なんです。

ただ、荻野目洋子さんが通っていたのは芸能コース。

そして辻野隆三さんは体育コースと別々のクラスだったため殆ど接点は無かったそうです。

ですが、ともに多忙で出席日数が足りなかった事から一緒に補習を受ける事に。

補習仲間という共通点があったためか二人は意気投合。

そして交際に発展したそうです。


ところが今も昔もアイドルにとって恋愛は御法度。

そのため荻野目洋子さんも事務所により辻野隆三さんと別れさせられてしまいます。

その後、連絡を取っていなかったという二人。

ですが、30代になって偶然にも同じお店が行きつけにしていた事が判明。

辻野隆三さんが自分の名刺をお店の人に預けた事で再会が実現。

そして再び交際し、結婚する事となったようです。

まるでドラマか映画のような恋愛をして結ばれた二人。

失われた時間があったからこそ、今も夫婦円満でいられるのかもしれませんね。

荻野目洋子は今、山梨に住んでいる?

現役を引退後、山梨県でテニススクールを経営していた辻野隆三さん。

夫についていくため荻野目洋子さんも山梨県に移住。

長らく住み慣れた東京を離れる事は不安もあったはず。

東京から離れてしまうと芸能活動にも影響を与える事も容易に想像が出来ますよね。

それでも山梨県に移住を選択するなんて。

それだけ辻野隆三さんと一緒にいたいという思いが強いのでしょうね。

「住めば都」という言葉がある通り、住んでみれば住みやすい土地だったかもしれません。


ですが2021年現在、荻野目洋子さんは山梨には住んでいません。

それは自身の公式ブログに「山梨に住んでいた時」と書いている事からも明らか。

また、辻野隆三さんが「MIRAI TENNIS ACADEMY」を設立したのは神奈川県横浜市。

そのため都内か神奈川県に住んでいるものと思われます。

荻野目洋子は子供の教育に厳しい?

結婚の翌年、2002年に長女を出産した荻野目洋子さん。

その2年後に次女、そのまた2年後に三女を出産し今では3児の母。

出産後は育児に専念するため芸能活動を停止。

その期間は約4年とかなり長期に渡っています。

移り変わりの激しい芸能界で4年も休めば居場所が無くなっても不思議ではありません。

そのため荻野目洋子さんも芸能界への復帰は半ば諦めていたようです。

ですが、2009年にカバーアルバムをリリースし、2010年には化粧品のCMに出演。

そして2017年に平野ノラさんとバブリーダンスの影響で再ブレイク。

再ブレイク当時、小学生と中学生だった子供達は学校で「踊って」と言われたんだとか。

そして子供達に踊り方を聞かれ、レクチャーした事を明かしています。

こんな子供思いの一面がある一方で子育てには厳しい一面も。

子供が家でゲームをする事や食事中に携帯をいじる事を禁止。

そして今や必須のアプリとも思えるLINEも使用禁止にしているそうです。

ただ、これらは全て子供達の事を本当に大切に思っているから。

ゲームが禁止なのはもっと他の事に時間を使って欲しいから。

また、「食事はみんなで楽しむもの」という考えから食事中の携帯を禁止。


そして友達が勝手に連絡先を他の人に教えてしまう事を危惧してLINEを使わせていないようです。

非常にしっかりした教育方針で子供を育てる荻野目洋子さん。

きっと子供達は心身ともに立派に成長している事でしょうね。

辻野隆三に離婚歴。荻野目洋子との再婚、馴れ初めと子供について。若い頃は松岡修造とライバル

荻野目洋子は歌うまい?歌唱力を分析。登美丘高校ダンスで再ブレイク&紅白出場は何回?

荻野目洋子のかわいい髪型&若い頃。目元が老けた?オネエ系メイクスタッフとは

コメント