白城あやか、豪華結婚式と馴れ初め。宝塚時代、韓国人の噂と病気について

宝塚出身の女優として、舞台やCMで活躍してきた白城あやか(しらき あやか)さん。

タレントで司会者である、中山秀征さんの妻としても知られています。

今回は白城さんの宝塚時代、豪華な結婚式と馴れ初め、韓国人という情報に迫ります。

さらに病気の噂についても確認しましょう。

白城あやかのプロフィール


愛称:あやか、みき

本名:中山光希(なかやま みき)

生年月日:1967年9月27日

身長:164cm

出身地:東京都足立区

最終学歴:十文字高等学校

白城あやかの宝塚時代

まず白城さんの宝塚時代についてです。

白城さんは1986年、74期生として宝塚音楽学校へ入学しています。

2年後に宝塚歌劇団へ、上から5番目の成績で入団。

花組の娘役に配属され、1991年の『春の風を君に…』で、初めてヒロインを務めました。

星組に組み替えののち、翌92年には星組トップ娘役に就任。

紫苑ゆうさん、麻路さきさんの相手役として人気を博します。

『エリザベート 愛と死の輪舞』のエリザベート、『武蔵野の露と消ゆとも』の和宮など、幅広い役柄をこなしました。

コメディ作品『Action!』ではコミカルな芝居を見せ、新たな境地を開拓。

1997年に退団し、約10年の宝塚生活に終止符を打ちました。

退団後も、ディナーショーやトークライブなどに出演し、ファンを喜ばせています。

白城あやかの豪華な結婚式と馴れ初め

白城さんは宝塚退団の翌年に、中山秀征さんと結婚しています。

当時芸能人の間では、あえて目立たない結婚式を挙げる「地味婚」がブームでした。

しかし白城さんと中山さんは、明治神宮で盛大な結婚式を行っています。

徳光和夫さんが司会を務め、和田アキ子さん、堺正章さんら、大物芸能人を含む450人が詰めかけました。

白城さん自らウェディングドレスをデザイン、ケーキはロンドン在住の友達が現地から送ってくれたそうです。

さらに54人の元星組生が、麻路さきさんのピアノ演奏に合わせ、宝塚の代表歌『すみれの花咲くころ』の合唱を披露しました。

最後は、白城さんがたった1人で手作りした500個の布製ミニブーケを、出席者に手渡ししたといいます。

出席者に楽しんでもらえるよう、花嫁自ら心を込めて計画した、豪華な披露宴だったのでしょう。

夫婦の馴れ初めは、中山さんが宝塚の舞台を観た際、白城さんに一目ぼれしたことです。

元々宝塚好きだったという中山さんですが、娘役に心から惚れてしまったのは初めてだったのでしょう。

デートに誘うなど、アプローチを重ね、順調に交際を進めました。


そして98年に結婚し、おしどり夫婦として、2021年現在も円満に暮らしています。

結婚後は4人の息子に恵まれているため、夫婦は順風満帆の私生活を送っているといえそうですね。

国籍は韓国人の噂なぜ

白城さんについて、在日韓国人という噂があります。

ネットの情報によると、実家は裕福なパチンコ店で、韓国名が李光希(リ クァンフィ)ということでした。

一説では、パチンコ店を経営する人の多くが韓国籍ということです。

しかし白城さんが韓国人で、実家はパチンコ店経営という情報は、あくまで噂にすぎません。

ただ、白城さんの白い肌や涼しげな目元には、韓国の女優を思わせる美しさがありますね。

韓国人であろうとなかろうと、美しいことに変わりはないため、大きな問題とはいえないでしょう。

白城あやかは病気?

最後に白城さんが病気という情報についてです。

白城さんが何らかの病気にかかっているのか、調べても具体的な情報は出てきません。

ただ自身のブログによると、ママ友同士で集まると、病気の話になってしまうそうです。

また2009年のブログでは、軽い病気にかかり、定期検診に並んだと記されていました。

2021年現在、とくに大きな病気ではないにせよ、何らかの持病を患っていた様子です。


順調に回復している様子のため、あまり心配する必要はなさそうですね。

今なお宝塚ファンの心をつかみ続ける白城さん。

華麗なる娘役時代の姿は、長きにわたって人々の記憶に残り続けるでしょう。

中山秀征の自宅は麻布。年収は?腕時計こだわり&ネックレスが健康の秘密

中山秀征の妻は白城あやか。息子は野球&大学は名門?家族構成について

中山秀征、元相方とコンビ解消理由とは。ダウンタウン松本人志との確執、今田耕司と不仲解消?

コメント