東山紀之の壮絶な生い立ち、ロシアの家族。川崎コリアタウン、やけどエピソード

少年隊として一世を風靡した東山 紀之(ひがしやま のりゆき)さん。

実はそんな東山さんには、想像を絶するような過去がありました。

そこで今回は、東山さんの生い立ちや家族、そして幼少期を過ごした川崎でのエピソードをご紹介していきます。

東山紀之のプロフィール

生年月日:1966年9月30日

出身地:神奈川県川崎市

身長:178cm

血液型:A型

最終学歴:明治大学附属中野高校

東山紀之の壮絶な生い立ちと家族事情。父親がロシア人?

東山さんは神奈川県の川崎市で生まれ、父と母、そして妹の4人家族で暮らしていました。

そんな東山一家ですが、実は彼のお父さんは”ロシア人”との噂があります。


その真相について調査したところ、どうやらお父さんの祖父がロシア人だったそうなのです。

つまり、東山さんのお父さんは「ロシア人とのクウォーター」だったということですね。

東山さんのお顔立ちが綺麗であることも納得できます。

一見「クウォーターの父がいる」と花々しく聞こえますが、このお父さんが曲者でした。

酒癖が悪く酒乱であり、ギャンブルに溺れている人だったそうなのです。

そのためお母さんの苦労が絶えず、ご両親は東山さんが3歳の時に離婚されました。

その後、ふたたびお母さんは再婚をします。

しかし、再婚相手の父親は暴力をふるう、いわゆる「DV男」だったのです。

もちろん、この再婚相手の方ともすぐに離婚します。

俳優や司会者として芸能界の第一線で活躍されている東山さんに、このような壮絶な生い立ちがあっただなんて、驚きですよね。

しかし、こういった過去があるからこそ、東山さんの真面目で誠実な人柄ができていったのかもしれません。

川崎コリアタウンでの生活と人種差別

2度の両親の離婚の後、東山さんとお母さん、そして妹さんの3人は、神奈川県川崎市のコリアタウンと呼ばれる場所で暮らします。

その名のとおり、在日韓国・朝鮮人の方が暮らす地域です。

東山さんの幼少期は、在日朝鮮人の人は差別の対象とされていましたが、日頃から朝鮮人との交流がある彼からすると、小学生の時から差別に違和感を感じられていたそうです。

お母さんは理容室に勤務していましたが、決して裕福は生活ではなかった幼少期。

食べるものもわずかしかなく、お風呂もないアパートに3人で暮らす日々でした。

そんな時に、近くに住んでいた焼肉店を営む韓国人親子が豚足などの食べ物をわけてくれ、飢えをしのんでいたそうです。

今日の東山さんがいらっしゃるのは、まぎれもなくこうした”コリアタウンの人達との助け合い”があってのことといえますよね。

国籍や人種を問わず、人という個を見ている東山さんは「人は人を差別するときの顔が最も醜い」と、差別問題に対する思いを語られています。

人種問題というテーマは、いつの時代もつきまとう問題です。

東山さんのこうした体験と思いが、1人でも多くの人の心に届くことを願うばかりです。

やけどで足が変形したって本当?

キレッキレなダンスに定評のある東山さん。

毎日筋トレを欠かさず、なんと1日に腹筋運動を1000回も、さらにその生活を20年以上継続されていることで有名です。

2021年に55歳を迎えられますが、とても年齢を感じさせません。

そんな東山さんが筋トレを欠かさない理由は、スタイルや体力維持の他に、もうひとつの理由が隠されていました。

それは”怪我を負った左足をかばうため”でした。

実は、東山さんが生後8ヶ月の頃、彼のおじいさんが酔っ払って暴れてしまい、その際に熱湯が入ったポットをひっくり返してしまったのです。

そしてその熱湯が東山さんの両足にかかったことで大やけどを負ってしまい、これによって”彼の左足は変形してしまった”といわれています。

そして足をかばうようにして生活していたところ、体のバランスが崩れてしまい、軟骨に痛みが生じるようになってしまいました。

つまり、東山さんがストイックに体作りをするのは、”足に負担をかけないようにするため”という理由もあったということですね。

ファンやメディアにずっと明かさずに、デビューから今日まで活躍されていたその姿勢に脱帽です。


東山紀之の妻・木村佳乃の意外な素顔。結婚馴れ初めは舞台の共演だった

東山紀之、自宅は成城。年収は?愛車は日産フェアレディZ。取締役に就任?

東山紀之の子供。娘の学校と病気の噂。中島健人ファン&運動会での目撃情報

錦織一清の今。演出家として活躍で年収は?愛車と自宅の自虐ネタとは

植草克秀の現在。仕事が減りテレビから姿消す。過去にはやけど&痩せたとの噂も

森光子と東山紀之の関係。遺産と養子縁組について。実の息子はいるのか

コメント