岸惠子の現在。自宅はパリから横浜へ。夫との離婚理由、フランス語の実力と食生活

映画『君の名は』のヒロイン真知子役で人気を博した岸惠子(きし けいこ)さん。

「真知子巻き」というストールの巻き方を流行させ、一躍トップスターとなりました。

かつて一世を風靡した彼女は、2021年現在、どのように過ごしているのでしょうか。

今回は岸さんの現在、自宅はパリという情報、夫について確認します。

またフランス語のレベルと食生活の詳細に迫りましょう。

岸惠子のプロフィール


本名:岸惠子

生年月日:1932年8月11日

身長:161cm

出身地:神奈川県横浜市

最終学歴:神奈川県立横浜平沼高等学校

所属事務所:舞プロモーション

岸惠子の現在

2021年は89歳となる岸さん。

コロナ流行下においても、トークショー「岸惠子 いまを生きる」を開催。

全国で8回も講演し、元気な姿を見せました。

岸さんは長年、日本とフランスを行き来する生活を送ってきたようです。

娘の麻衣子さんは、オーストリア人の作曲家と結婚し、今はパリに暮らしています。

孫にあたる2人の男の子もパリ住まいのため、頻繁にパリへ赴いていたのでしょう。

ただ2020年はコロナ流行により、パリへ行くのを断念しました。

日本にとどまらざるを得なかった分、共に生きる日本人にエールを送ろうと考え、トークショーに出演したのかもしれませんね。

岸惠子の自宅はパリ

岸さんは現在、横浜の白楽に暮らしているとのことでした。

恋愛小説『わりなき恋』を執筆した場所も、横浜市の自宅にある書斎だったそうです。

元々は祖父の代から所有する実家だったとのこと。

年齢を重ねて、「晩年は思い入れのある実家で暮らしたい」と考えたのでしょう。

以前は40年以上、パリを拠点に生活していました。

今でもパリの自宅は所有しているそうで、コロナ流行前は年1回ほど訪れていたそうです。

娘が成人し、孫を育て始めたため、あまり子育てに干渉しないよう訪問数はセーブしていたといいます。

パリの自宅は何と築400年以上で、老朽化により床が抜け落ちたこともありました。

自宅のある場所は、美しい街並みで知られるサン・ルイ島。

歴史ある高級住宅地だそうで、映画の歴史に名を輝かせる女優にピッタリな土地といえます。

コロナの流行状況が落ち着いたら、パリの様子を見に行きたいと考えていることでしょう。

夫との離婚理由とは

岸さんは2021年現在、独身ですが、かつて1度結婚したことがあります。

夫は11歳年上のフランス人映画監督、イヴ・シャンピさんでした。

出会いは1957年、彼の作品『忘れえぬ慕情』で、岸さんが主演を務めたことがきっかけです。

フランスで結婚式を挙げた際は、岸さんと面識のあった、川端康成が立会人を務めました。

彼女は元々小説家志望で、高校3年の時に短編小説を書いた際に、川端と面会していたそうです。

結婚後はパリに暮らし、フランスと日本を行き来して女優活動を続けました。

パリではジャン=ポール・サルトルやジャン・コクトーなど、大物文化人と交流したそうです。

1963年に、娘のデルフィーヌ=麻衣子・シャンピさんを生みました。

しかしイヴさんの浮気が原因で、75年に離婚。

岸さんが娘の親権を獲得し、以降は仕事と子育てを両立していたようです。

慣れないパリでの生活は苦労も多かったはずですが、長年住んでいたことを考えると、風土が肌に合っていたのかもしれませんね。

岸惠子のフランス語レベル

40年以上、パリに暮らしていた岸さん。

当然フランス語は堪能ですが、結婚後、必死に勉強した成果だそうです。

フランスではどこへ行っても、映画『忘れえぬ慕情』で演じた「ノリコ」と呼ばれるのが悔しかったためでした。

イヴさんとは英語で会話していたそうですが、一念発起し語学学校へ入学。


通常は2年かかるフランス語の単位を半年で取得し、ソルボンヌ大学の文学部に進学しました。

しかし仕事との両立は難しく、1年で中退。

それでもフランス語の勉強は続け、1日8時間は取り組んだといいます。

庶民からもフランス語の使い方を学んだ結果、首相官邸へ招かれた際、庶民の話し言葉を使ってしまうという失態も演じました。

岸さんは元々、勉強熱心な性格のようです。

必死に勉強した結果、フランス語はネイティブレベルに達したのでしょう。

岸惠子の食生活

岸さんはかつて夫から、「女性は手を大切にしなさい」と、料理を禁じられたそうです。

彼は母がバイオリニストだったため、手に対して神経質に育ったのでしょう。

岸さんは料理を禁じられ、ノイローゼになったそうです。

自身が書いたエッセイにも料理の描写があるため、きっと料理が好きだったのでしょう。

好きな料理を禁じられて、嫌な思いをしたようですが、フランス料理を食べるのは大好きとのこと。

現地で腕のいい料理人から、フランス料理をごちそうしてもらっていました。

かつては食生活がフランス料理に偏っていた可能性が高そうです。


今は日本に住んでいる上、年齢を重ねたこともあり、脂質や糖質の少ない日本料理に戻っているかもしれませんね。

いつまでも若々しく、美しい岸さん。

きっと食生活に気を遣い、運動もしながら、楽しく暮らしているのでしょう。

岸惠子の娘・麻衣子が失踪の真相。パリの孫、岡本健一との関係

佐久間良子の現在。実家が裕福。書道の腕前と着物姿の魅力

原節子の晩年と引退後。鎌倉、狛江の自宅について。引退理由とは

コメント