森光子が結婚と子供をあきらめた理由。最後の日々と葬儀、ジャニーズとの交流

国民的なお母さん女優として、また芸能界のゴッドマザーとして多くの人に親しまれた森光子(もりみつこ)さん。

庶民的な日本のお母さんというイメージが定着していましたが、私生活では結婚した夫や子供はいたのでしょうか。

没後に明らかになった最後の日々、2300人が参列した葬儀のもよう、またジャニーズ事務所のアイドルとの交流についてまとめました。

森光子のプロフィール

本名:村上美津

生年月日:1920年5月9日

死没:2012年11月10日

身長:153cm

出身地:京都府京都市

最終学歴:京都府立第一高等女学校(現在の京都府立鴨沂高等学校)中退

森光子が結婚・子供をあきらめた理由

80年近い芸能生活で、舞台、ドラマ、ワイドショーの司会、バラエティ番組と幅広く活躍した森光子さん。

ライフワークの『放浪記』では2017回公演という金字塔を打ち立て、女優の国民栄誉賞第一号になりました。


1961年初演の『放浪記』は、それまで脇役ばかりだった不遇な彼女が41歳でようやく手にした念願の主演。

この時から、森光子さんは芸道を邁進することになります。

その一方で、婚外子として育ち、13歳で両親を亡くした生い立ちから、家庭に強い憧れを抱いていたともいわれる森光子さん。

生涯で二度の結婚をしていますが、いずれも離婚という形で終止符を打つことになりました。

最初の結婚は、戦後まもない1947年のこと。

当時は女優活動と並行して進駐軍キャンプで歌うなど、がむしゃらに働く毎日でした。

そんな森さんに、日系2世の軍属であるリチャード・ウエムラさんがプロポーズ。

森さんの話によると、神戸のアメリカ領事館で書類にサインをして正式に結婚したとのこと。

夫が1週間後にハワイに帰ることはすでに決まっていたものの、芸能界を離れたくなかった森さんは日本にとどまることを決意します。

ところがハワイの夫はそれきり音沙汰がなくなり、結婚生活は破綻。

のちに最初の結婚を振り返り、愛情というよりは、アメリカ製ストッキングや缶詰といったプレゼントに惹かれて結婚したと明かした森光子さん。

リチャードさんに対する心苦しさは生涯消えることがなかったようです。

二番目の夫はテレビ演出家の岡本愛彦(おかもとよしひこ)さんでした。

結婚の2年後に『放浪記』がはじまると、森さんは林芙美子役にのめり込み、多忙をきわめるようになります。

愛彦さんは妻を思うがゆえに仕事を減らすよう忠告しますが、これを受け入れることができず、3年半で再び破局。

自らを「結婚の落第生」と呼び、女優一筋で生きていこうと誓ったわけは、愛彦さんとの離婚にありました。

結婚も子供もあきらめて仕事を選んだ森光子さんさんですが、子供にだけは未練があったようで、子供はほしかったと明言したことがあります。

没後明らかになった最後の日々

2010年2月26日、2か月間の舞台は困難との主治医の判断で、『放浪記』の公演中止を発表した森光子さん。

以降、舞台は事実上の活動休止状態になり、ついに復帰することはありませんでした。

最後の舞台は錦織一清さん、滝沢秀明さんと共演した同年2月6日の『新春 人生革命』です。

最後のドラマは2008年の『渡る世間は鬼ばかり』の秋スペシャル。

公式に出した最後のコメントは、2012年7月9日の山田五十鈴さんの訃報に際しての追悼コメントでした。

森光子さんは2012年11月10日、肺炎による心不全のために92歳で死去。

発表されたのは密葬もすんだ3日後で、その直前には復帰間近と報じられていたことから、メディアも病状をつかめていなかったことがわかります。

没後に明かされた詳細によると、森さんは2010年の秋以降は体調を崩して順天堂大学病院へ入退院を繰り返すようになったとのこと。

やがて点滴による栄養補給が欠かせなくなり、誤嚥性肺炎で発熱したり、胃ろう造設手術を受けたりと、病状は悪化していったようです。

ご本人は「もう一度『放浪記』を演りたい」と言い、常に台本を手元に置いていたのだそう。

体調が急変したのは2012年11月10日で、マネージャーと付き人が見守る中、眠るように旅立ったといいます。

奇しくも3年前の同じ日に森繁久彌さんが、2年後の同じ日に高倉健さんがこの世を去っています。

森光子の葬儀に2300人が参列

12月7日に青山葬儀場で営まれた本葬には、約1000人の著名人と約1300人の一般献花者が参列。

斎場には故人の軌跡を振り返る何枚ものパネルが展示され、黙とうのあとに17分間の映像が紹介されました。

友人代表の黒柳徹子さん、王貞治さん、ジャニーズ事務所代表として近藤真彦さんら6人が弔辞を読み、浅丘ルリ子さんが弔電を拝読。


祭壇の遺影は『徹子の部屋』出演時のスナップで、トーク中にみせた柔らかな微笑みが写しだされたもの。

文化勲章親授与式、国民栄誉賞授与式の際に着用した着物も飾られていました。

『放浪記』で長年共演した奈良岡朋子さんは舞台のため参列がかなわず、録音したメッセージで森光子さんの人柄を明かしています。

森光子とジャニーズの熱い交流

芸能界のお母さんとして幅広い交友関係があった森光子さん。

なかでもジャニーズ勢との深い交流は有名です。

滝沢秀明さんや堂本光一さんらジャニーズ関連の舞台には積極的に足を運び、稽古中はスタッフの分も含めた差し入れをするなど、陰に陽にサポートをしていました。

かたやジャニーズの面々も森さんの節目の公演や誕生日には駆けつけて祝福。

とりわけ「若旦那」と呼んでいた東山紀之さんとの公私にわたる交流は、交際疑惑も浮上したほどでした。

芸能界では、東山さんは「森光子の手を握れる唯一の男」と呼ばれていたそうです。

男運に恵まれなかったぶん、東山さんに抱くプラトニックな恋心に幸せを感じていたのかもしれません。


子供をもつことがかなわなかったにもかかわらず、「お母さん」として親しまれた森光子さん。

これほど多くの芸能人に慕われたのは、周囲へ注ぎ続けた愛情の賜物だったのでしょう。

森光子と東山紀之の関係。遺産と養子縁組について。実の息子はいるのか

森光子の死因。スクワットで健康&美白の秘密。放浪記で国民栄誉賞

東山紀之の妻・木村佳乃の意外な素顔。結婚馴れ初めは舞台の共演だった

東山紀之の子供。娘の学校と病気の噂。中島健人ファン&運動会での目撃情報

東山紀之の壮絶な生い立ち、ロシアの家族。川崎コリアタウン、やけどエピソード

コメント