佐久間良子の現在。実家が裕福。書道の腕前と着物姿の魅力

東映出身の女優として、長年映画やドラマで活躍してきた佐久間良子(さくま よしこ)さん。

2016年に元夫の平幹二朗さんが亡くなりましたが、2021年現在はどのように過ごしているのでしょうか。

今回は佐久間さんの現在、実家について、書道の腕前、着物姿の魅力に迫ります。

併せて、今は再婚しているのか確認しましょう。

佐久間良子のプロフィール

本名:佐久間良子

生年月日:1939年2月24日

身長:158cm

出身地:東京都練馬区

最終学歴:川村高等学校

所属事務所:ORPHe

佐久間良子の現在

佐久間さんは近年、ほとんど女優活動していない印象があります。

かつては、大河ドラマ『おんな太閤記』で主演を務めるほど活躍していました。


しかし最近はほとんど姿を見かけず、引退したと考えられても不思議ではないですね。

ただ佐久間さんは女優業を引退したわけではなく、近年も時おり仕事をしているようです。

2016年に元夫の平さんの告別式に参列し、2年後には「徹子の部屋」に出演。

亡き夫と、息子で俳優の平岳大さんについて語っています。

亡夫について語る佐久間さんの様子からは、夫婦関係は冷え切っていたものの、俳優として彼を尊敬していたことがうかがえました。

今では彼に思いを馳せながら、静かに暮らしているのかもしれません。

2019年にはネットフリックス製作の映画『アースクエイクバード』に出演しています。

日本が舞台のサスペンスで、総製作を担当したのは巨匠リドリー・スコットでした。

出番はわずかでしたが、名女優の姿に驚いた人もいるようです。

2020年以降はコロナが流行したためか、活動していない様子の佐久間さん。

ご高齢とはいえ、状況が落ち着いたら、体調に無理のない範囲で活動再開を計画しているのかもしれませんね。

裕福だった実家

佐久間さんの実家について気になる人が多いようです。

彼女の実家はかなり裕福だったとされています。

東京都練馬区桜台にある、500坪ほどの豪邸だったそうです。

父は大地主の次男で、戦時中は軍医でした。

戦後は製薬会社で役員を務めているため、かなりの高収入を稼いでいたはず。

母は理科室にある人体模型を開発した製作所の令嬢でした。

佐久間さんは高い塀に囲まれた家で、ほとんど外出せず、「箱入り娘」として育っています。

彼女の気品に満ちた雰囲気からすると、納得の生い立ちですね。

良家のお嬢様ですから、女優になる際は両親から反対されたようです。

しかし「1年だけ」という条件で女優活動を許可してもらったとのこと。

佐久間さんとしては、いつまでも「箱」の中に閉じこもっていたくなかったのでしょう。

佐久間良子の書道の腕前

佐久間さんは裕福な家庭出身で、さまざまな教養を身につけてきたようです。

中でも書道の腕前はプロ並みで、1977年には日展へ入選を果たしています。

さらに毎日書道展で入選し、個展も開催。

プロの書家でさえ入選困難な日展と毎日書道展に入選するとは、まさに「玄人はだし」の腕前です。


2003年の映画『実録ヒットマン 北海の虎・望郷』では、題字を手掛けています。

幼少期は「箱入り娘」だったためか、外で遊ぶより、家の中で字を書く方が好きだったそうです。

やがて独学で書道を学び始め、難関の展覧会に入選するレベルまで上達しました。

「好きこそものの上手なれ」という言葉通りの趣味といえますね。

佐久間良子の着物姿

佐久間さんは着物の似合う美人という印象が強いです。

映画『細雪』では、あでやかな着物姿を見せてくれました。

また大河ドラマ『おんな太閤記』のねね役では、庶民的な着物をまといながら、美しさはキープしていました。

農民出身のねねを演じた際は、他の作品では見せないような、やや下品な笑い声をあげるシーンもありました。

それでも決して見苦しくなかった理由は、生まれつき備わった気品が、着物という装束に調和していたためでしょう。


現代の若手女優に比べ、着物の着こなしが様になっている印象が強い佐久間さん。

お嬢様育ちだからこそ、幼い頃から着物をまとう機会が多く、和服に自然と調和する気品を磨いていたのかもしれませんね。

佐久間良子の息子・平岳大と双子の娘。夫との離婚、再婚について

平幹二朗の妻は佐久間良子、同性愛をカミングアウトした?噂の相手は勝呂誉?沖雅也?

平幹二朗の子供は双子?息子が俳優に&娘は何してる?北王子欣也とは兄弟?

平岳大の結婚と妻。子供は?結婚式での馴れ初め。飼い猫について

コメント