松山竜平のメガネはオークリー?アンパンマンと呼ばれる経緯。嫁との結婚馴れ初め

広島東洋カープで大活躍されている松山竜平(まつやまりゅうへい)さん。

松山竜平さんは試合中にオリジナルメガネを付けていたり、アンパンマンにとても似ていることから多くの人たちから大人気になっている選手です。

今回はメガネをつける経緯やオークリーとの関係、アンパンマンと呼ばれる理由、嫁との結婚馴れ初めについて迫ります。

松山竜平のプロフィール


愛称:アンパンマン

本名:松山竜平

生年月日:1985年9月18日

身長:176㎝

出身地:鹿児島

最終学歴:九州国際大学

所属事務所:広島東洋カープ

松山竜平のメガネはオークリー?

松山竜平さんの特徴の1つは「メガネのようなサングラス」。

上記ツイート画像ではサングラスを吹き飛ばすシーンも収められていました。

広島東洋カープファンの中では、松山竜平さんのサングラスが気になる方も多く居たみたいです。

松山さんが試合中に「メガネっぽいサングラス」をかけるに至った経緯を調べてみると驚きのエピソードが出てきました。

今まできちんとした視力検査を受けたことがなく、細かい視力検査を受けるまでは視力が1・5あると思っていたそうです。

しかし、細かい視力検査をしてみると視力が0.6しかなかったことが判明し、本人も驚いたみたいです。

サングラスをかけるまでは、試合の時などにボールが揺れて見えることもありミスをすることもあったそうです。

正確な視力を知りメガネのようなサングラスをかけた松山さんは打率が爆上がりし大活躍しました。

急激な打率向上でファンの間では「実はメガネのようなサングラスってドラゴンボールに出てくるスカウターなのでは?」と疑いを持ち始めるひとも出てきたみたいです。

いつもかけている「メガネのようなサングラス」のメーカーを調べてみるとオークリーという情報が出てきました。

実は、広島東洋カープとオークリージャパンは提携をしています。

それが理由で広島の選手のほとんどはオークリーのサングラスを使用し試合や練習に出場しています。

松山さんがサングラスを使い始めた時、オークリー公式サイトでは感謝の言葉が掲載され広島カープファンの間では大きな話題になりました。

松山竜平のあだ名はアンパンマン?

松山竜平さんには面白いあだ名があってファンの間ではいつも「アンパンマン」と呼ばれています。

アンパンマンというあだ名になったのは、九州国際大時代に大学の先輩が松山さんに名付けたのがきっかけでした。

「名前を覚えてくれるファンがいるなら喜んで」と語っていました。

アンパンマンと名付けられても嫌な顔をせず自分のキャラにするあたりがとても優しさを感じられますね。

大学時代では今と変わらず丸顔だったのでアンパンマンというあだ名が付けられたのではないでしょうか。

松山さんの打席に向かう時のテーマ曲は「アンパンのマーチ」です。

サインは自分の背番号とアンパンマンの似顔絵を描いており、松山さんにアンパンマンの似顔絵を描いてほしいというファンも居るみたいです。


松山さんは以前、テレビ番組で「アンパンマンの中で好きなキャラクターは?」という質問をされていました。

アンパンマンが1番好きではなくメロンパンナちゃんが1番好きとのことでした。

野球界のアンパンマンとして松山さんには子供たちを喜ばせてほしいですね。

松山竜平の嫁は誰?結婚の馴れ初めも

松山竜平さんの嫁の名前は松山千晶(旧姓:狩山千晶)さんと言います。

出会いは九州国際大時代で、松山さんがプロ3年目(2010年11月)に結婚しています。

松山さんは3年目まで2軍で、わずか2試合しか1軍の試合に出場したことがなかったみたいです。

金銭面でも苦労していたはずなので思い切って結婚したのではないでしょうか。

結婚後、プロ4年目は1軍の試合出場数は一気に68試合になり大活躍しました。

守るものが出来ると強くなるのかもしれませんね。

松山さんには3人の子供が居ます。

3人とも男の子で将来野球選手になるのでは?とファンの間で密かに噂されています。

子供たちはアンパンマンよりも仮面ライダーが好きで松山さん自身すごく残念そうでした。

ツイートを見ていただくと松山さんは子供に手を振っています。

松山さんは子供が大好きで試合前とかによくファンサービスをするそうです。


子供が大好きということは家に帰って息子たちと接する時も優しそうなお父さんなのではないでしょうか。

優しそうな顔立ちや雰囲気で子供たちを虜にしていそうですね。

堂林翔太の妻、枡田絵理奈との結婚馴れ初め。子供は何人いる?

曾澤翼、嫁と結婚までの馴れ初め。出身高校やリード&怪我の容態について

森下暢仁は大分商業高校出身。大学成績、学生時やプロでの評価とは。2021年の自主トレ

コメント