古関裕而の息子・正裕の職業はバンド活動?家族と兄弟について

朝の連続テレビ小説『エール』(2020年)で話題となった、作曲家の古関裕而(こせき ゆうじ)さん。

彼がモデルとなった主人公「古山裕一」には、一人娘がいるという設定でした。

しかし実際の古関さんには、息子がいたのです。

今回は古関さんの息子について、職業はバンド活動という情報を確認しましょう。

また家族と兄弟についても見ていきます。

古関裕而のプロフィール


本名:古關勇治

生年月日:1909年8月11日

死没:1989年8月18日

身長:不明

出身地:福島県福島市

最終学歴:福島商業学校(現在の福島商業高等学校)

古関裕而の息子について

古関さんの息子は、1946年生まれの古関正裕さんです。

父の古関さんは有名作曲家、母の金子(きんこ)さんは音楽学校で声楽を学んだ女性でした。

そのため正裕さんは、幼い頃から音楽に満ちた環境で育ちました。

両親は息子に音楽のエリート教育を受けさせようとします。

こうして小学生の頃は、有名なピアニストが教える音楽教室へ、無理やり通わされたそうです。

無理やり習わされた上に、課題曲がハイレベルだったため、ピアノレッスンはつまらなかったといいます。

しかし高校生の時、仲間と組んだカントリーバンドでピアノ演奏したことで、音楽の楽しさに目覚めました。

そして正裕さんは、早稲田大学へ進学後、本格的にバンド活動を始めるのです。

古関裕而の息子、職業はバンド?

早稲田大学で数学を学ぶ傍ら、グループサウンズのバンド「ヴィレッジ・シンガーズ」にキーボードとして参加。

しかしバンドがプロデビューする際、正裕さんは脱退してしまいます。

実は音楽家の道へ進むことを、高校生の時点で父から反対されていたのです。

「お前は考えて作曲しているから、プロにはなれない」と言われた正裕さん。

父の古関さんは、天才的な感性の持ち主で、思いつくがままに作曲していました。

だからこそ必死にメロディーを考えて曲作りする息子には、プロとしての才能がないと考えていたのです。

正裕さんも、「偉大な父を超えられない」と考え、プロの道を断念。

1966年に「ヴィレッジ・シンガーズ」が、ファースト・シングル『暗い砂浜』を発売する前に脱退しました。

こうして正裕さんは、大学卒業後に日本経済新聞へ入社し、コンピュータ関連部署で勤めます。

しかし一筋縄ではいかないのが、彼の人生でした。

1998年に退職後、ブティック経営を開始。

父方の実家が「喜多三」という呉服店だったため、やはり血は争えなかったのでしょう。


ちなみに父の古関さんは、呉服店の息子らしく着物好きで、おしゃれだったといいます。

正裕さんの開業後、学生時代のバンド仲間が退職する年代に入り、みんなで「親父バンド」を作ろうと考えました。

「父の曲をバンドで演奏するのも悪くない」と思い立ち、ピアノを再び習い始めます。

そして歌手の鈴木聖子さんと共に、父の実家の屋号にちなんだユニット「喜多三」を結成。

2013年からライブ活動を開始し、正裕さんはシンセサイザーを演奏しています。

かつて音楽の道を諦めたものの、今では大好きな音楽活動を再開し、悠々自適に暮らしているのでしょう。

古関裕而の息子の家族、兄弟

正裕さんは、両親と姉2人の5人家族でした。

姉は1932年生まれの雅子さんと、1934年生まれの紀子(みちこ)さん。

雅子さんは医師の染谷一彦さんと結婚しました。

紀子さんは会社員の男性と、見合い結婚しています。

『エール』では、主人公の子供は「華」という娘だけでした。

1人の娘の心情を深ぼりするため、雅子さんと紀子さんを合体させた人物を作り出したのでしょう。

ドラマには、華が恋に落ちるロカビリー歌手・霧島アキラが登場。


おそらくバンド活動していた正裕さんが、霧島というキャラクターに投影されているのでしょう。

2021年現在、古関家の子供たちはいずれもご健在のようです。

正裕さんは2020年、両親の往復書簡を参考に、小説『君はるか 古関裕而と金子の恋』を執筆しました。

両親の恋愛模様を描き、小説家デビューを果たしたのです。

偉大なる作曲家の息子は、さまざまな分野で表現活動を行う、マルチな才能の持ち主だったといえるでしょう。

古関裕而の娘たち。雅子と紀子の夫&看護師だった?現在について

古関金子の実家、娘と兄弟について。株取引に夢中?オペラ歌手の夢

古関裕而の養子先と兄弟、生家の苦労。留学取り消し理由とは

古関裕而の戦時歌謡とは。慰問と戦争体験、徴兵の真実とインパール従軍について

古関裕而の孫は?人柄、吃音症の原因について。友達・伊藤久男とのエピソード

野村俊夫、妻との結婚生活。古関裕而と伊藤久男との関係。勤勉な生い立ち

コメント