志村けん、そっくりな兄との絆。母親と共演。父親は交通事故により認知症

国民的お笑い芸人として活躍した志村けん(しむら けん)さん。

2020年に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなるまで、現役で活動し続けました。

今回は志村さんがプライベートでどのような人生を送ったか、家族の情報から確認しましょう。

志村さんにそっくりな兄の情報、母親との共演を見ていきます。

また父親が交通事故の後遺症で認知症を患ったという情報も、詳細を確認します。

志村けんのプロフィール

本名:志村康徳(しむら やすのり)

生年月日:1950年2月20日

死没:2020年3月29日

身長:169cm

出身地:東京都東村山市

最終学歴:東京都立久留米高等学校

最終所属事務所:イザワオフィス

志村けんの兄はそっくり

まず志村さんにそっくりな兄をご紹介します。

兄の志村知之さんは、長年地元の東村山市に暮らしてきました。

東村山市の職員として、地域に貢献してきたそうです。

お顔を見ると、面長の骨格、濃い眉毛、目じりの下がり方が志村さんにそっくりですね。

髪の毛の量は知之さんの方が多いため、兄にもかかわらず年齢より若く見える印象です。

これまで「そっくり兄弟」として注目されてきた2人。

志村さんの死後は、知之さんの元に取材が殺到しました。

「まさか弟が亡くなるとは思っていなかった」と語った知之さん。

2020年3月23日夜、所属事務所から連絡を受け、弟が体調不良で東京都済生会中央病院に入院したことを知ります。

当時は新型コロナウイルスの恐ろしさをわかっていなかったため、深刻に受け止めなかったそうです。

しかし翌日には国立国際医療研究センターへ転院。

28日に見舞うと、人工心肺装置を装着した志村さんは、すでに意識がなかったといいます。

直接の対面ができなかったため、タブレット端末越しに弟の様子を確認。

本名の「康徳(やすのり)」に由来するあだ名で、「やっさん」と呼びかけました。


しかし反応はなく、そのまま新型コロナウイルスによる肺炎で29日に永眠。

初主演映画『キネマの神様』と朝ドラ『エール』への出演に意欲を見せていた矢先の死でした。

電話で訃報を聞いた知之さんは、ショックで寝られなかったそうです。

対面が許されなかったため火葬場にも行かれず、葬儀社の職員から遺骨を受け取ったといいます。

6月25日の東村山市議会では、志村さんを名誉市民とする議案が、満場一致で可決されました。

会場に招かれた知之さんは、声を詰まらせながらも喜びのコメントを表明。

最後に「神聖な場ではあるが」と前置きし、会場の人々に「ぜひご一緒に」と呼びかけて弟の代名詞「アイーン」を披露しました。

ちなみに会場には、志村さんの次兄である美佐男さんも出席。

長兄の知之さんに比べると、志村さんとは似ていませんが、3人で仲良く酒を酌み交わす写真も残っていました。

美佐男さんは長兄と同じく、公務員として活動してきたそうです。

弟に先立たれた兄たちは、いつかまた3人で酒を酌み交わす日を夢見ながら、前向きに生活し続けているのでしょう。

母親との共演

志村さんの母は、2015年11月に96歳で亡くなった、志村和子さんです。

彼女はメディア出演もこなし、お茶の間で知られる人気者だったため、通夜には芸能関係者を含む600人が参列しました。

和子さんは「志村けんのいちばんのファン」と呼ばれていたほど、息子を心から愛し続けていたそうです。

志村さんが最後に母と話したのは、2015年8月の舞台『志村魂(しむらこん)』でのこと。

車椅子で観劇に来た母から「大変だね」と声をかけられ、「大丈夫」と応えたそうです。

彼女はかつて、必死に家族10人を支えていた苦労人でした。

若い頃に苦労した分、晩年は息子の活躍を眺めながら、幸福に暮らしていたようです。

2人はかつて、バカ殿のコントで共演しています。

バカ殿が女性とベッドインするコントで、振り返ると女性は母だったという設定でした。

和子さんは「恥ずかしいからいいよ」と言いつつも、表舞台に出ることは好きだったようです。


最愛の息子との共演に、和子さんは嬉々として出演したのでしょう。
 
生前彼女は、「孫の顔を見るまで生きる」と話していました。

しかし志村さんは交際した女性と結婚に至らず、生涯独身だったため、孫の顔を見たがっていた母の願いを叶えられませんでした。

大スターとなり十分に親孝行しながらも、子供を作らなかったことは、唯一の心残りだったのでしょう。

それでもいちばんのファンだった和子さんにとって、志村さんは自慢の息子だったはず。

今では天国で再会し、思う存分語り合っていることでしょう。

父親は交通事故により認知症に

志村さんの父・志村憲司(しむら けんじ)さんは、小学校教頭で、柔道に秀でていた人物です。

憲司さんは厳格な性格だったため、志村家は重い空気に包まれていたそうです。

ただしお笑い番組を見ているときだけは、声を出して笑っていたといいます。

厳格な父が笑うことで家中の雰囲気が一瞬あたたかくなるため、志村さんはお笑いのすばらしさに目覚めたのです。

そんな憲司さんは1962年、42歳で交通事故に遭遇。

バイクでの通勤中に、後ろのバイクから追突されたといいます。

3年後には脳出血の固まりが原因となり、重度の脳障害を発症しました。

病名は記憶喪失を伴う認知症だったといいます。

憲司さんは事故に遭ってから10年後、働き盛りの53歳で亡くなりました。


志村さんの人生に暗い影を落とした父の死。

しかし彼は悲劇にもめげることなく、国民的お笑いスターとなりました。

憲司さんは天国から、息子を誇りに思いながら見守っていたことでしょう。

志村けんの遺産と年収。誰に相続される?銅像と所属事務所の寄付

志村けんの家。麻布十番マンションを購入、最後は三鷹。実家の東村山、熊本の噂

志村けん、優香との関係。涙ながらに共演振り返る。フライデー報道や結婚式の噂とは

志村けんの家政婦・星野さん、結婚した旦那がイケメン?給料や同居の噂について

志村けんの人柄。優しい&かっこいい。歴代の付き人&エピソードまとめ

志村けんの愛犬、殿くん&チロ。引き取り手は元家政婦。現在の状況について

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。