天才・山寺宏一の伝説。海外の反応、英語でイケボのキャラクターは?

「7色の声を持つ男」と呼ばれる、人気声優の山寺 宏一(やまでら こういち)さん。

今回は、彼がこれまでに残した数々の伝説の中から、3つのエピソードをご紹介します。

また、彼の実力は海外の人々からも認められているそうですが、どのような反応なのでしょうか。

他にも、彼の演じてきた歴代キャラクターの中で、「英語がかっこよすぎる」「イケボ」と話題になったキャラクターがいました。

一体そのキャラクターは、どの作品の登場人物なのでしょうか。

さっそくそれらの真相にせまりましょう。
 

山寺宏一のプロフィール

生年月日:1961年6月17日

出身地:宮城県塩竈市

血液型:A型

身長:176cm

最終学歴:東北学院大学

天才声優「山寺宏一」の3つの伝説

天才声優と呼ばれる彼には、数え切れないほどの伝説エピソードがあります。

今回は、そんな数ある伝説の中から3つのエピソードをご紹介しましょう。


伝説①:アニメ「アンパンマン」にて、過去20以上のキャラクターを演じたことがある

アンパンマンといえば、山寺さんは”めいけんチーズ”役を演じていることで知られています。

しかし、実はめいけんチーズ以外にも、カバオくん、かまめしどん、ウサお、くま太、2代目ジャムおじさん………なんと2021年時点で24以上のキャラクターを演じているのです。

あまり知られていませんが、初代ジャムおじさんは増岡弘さんが演じていましたが、高齢に伴い2019年8月に卒業を発表しました。

そして後任に山寺さんが抜擢され、2代目ジャムおじさんは彼が演じているのです。

いまやアンパンマンシリーズは、山寺さん無しでは成り立たない、といっても過言ではないでしょう。

伝説②:アニメ「ヤッターマン」にて1人で16役演じたことがある

アニメ「ヤッターマン」にて、山寺さん1人で16にも及ぶ役を演じた、という伝説の放送回があります。

エンドロールは、圧巻の「山寺宏一」一色に。

ネットでは「山寺無双」とも話題になりましたね。

これは彼だからこそ成し遂げられる偉業です……。

伝説③:世界で1番ディズニーキャラクターの担当声優を務めている

伝説の3つ目は、彼が世界で1番ディズニーキャラクターの声を演じている、というエピソードです。

ドナルドダックや美女と野獣の野獣役、アラジンのジーニー役や、リトル・マーメイドのセバスチャン役など……なんと40を超えるディズニー作品に彼は参加しています。

そしておそらくは、今後も出演作たちは増えていくのではないでしょうか。

さらなる伝説記録の更新も十分にありえますね。

オリジナルと遜色のない演技に「すごい」と海外の反応も!

ディズニー作品やハリウッド映画など、世界的作品の吹き替えに参加している山寺さん。

はたして海外の人たちは、彼をどのように評価しているのでしょうか。

その一部をご紹介しましょう。

今回は映画アラジンの挿入歌「Friend like me」に対する海外の反応です。

原曲は、アメリカの有名俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズさんが歌っています。

実際に彼の歌を聞いた海外の人々からは「1人の声優が演じ分けているとは思えない」「I LOVE JAPAN」「これは感銘を受ける吹き替えだ」と、多くの称賛の声が寄せられました。

中には「ロビン・ウィリアムズが日本語を話しているみたいだ」という方も。


本家に劣らないクオリティを実現させ、そして海外の人をも魅了し、うならせました。

まさに山寺さんは、日本を代表する声優といえるでしょう。

英語も堪能&イケボな役といえばこちら

2枚目から3枚目、時には動物の声や、様々な年齢の役までこなす山寺さん。

その演じた役は、もはや数え切れないほどです。

その中でも、彼が演じた”イケボ”かつ多くの女性をメロメロにさせたキャラクターが、アニメ「「新世紀エヴァンゲリオン」の加持リョウジ役といえるでしょう。

加持リョウジは、特務機関NERVの特殊監査部所属のスパイであり、葛城ミサトと恋人関係にあるキャラクターでした。

そんな彼の演じる加持リョウジが、劇場版の第2作「劇場版エヴァンゲリオン 破」では、作中の冒頭にて英語を話したシーンが、ファンの間で大きな話題となりました。

ぜひ気になる方は、「劇場版エヴァンゲリオン 破」にて、彼の英語を堪能してみてください。


山寺宏一の年収と事務所。出身高校と養成所、ハリウッドお墨付きの経歴まとめ

山寺宏一、3度の結婚歴。元妻・田中理恵&かないみかの離婚理由と子供

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。