吉田栄作に死去&訃報の噂なぜ。今なにしてる?マネーの虎、アカギ出演と年収

トレンディドラマ俳優として注目を集めた吉田栄作(よしだえいさく)さん。

白いTシャツにジーンズ姿で一世を風靡したさわやかなイケメンとして大人気でした。

「マネー成立です」「ノーマネーでフィニッシュです」の決めセリフで人気を集めた『¥マネーの虎』(日本テレビ系列)出演以降、メディア出演が減ってきた印象があったせいか、一時期は死亡説が流れたことも。

そんな吉田さんの近況や年収などに迫ってみます。

吉田栄作さんプロフィール

本名:吉田栄作(よしだ えいさく)

生年月日:1969年(昭和44年)1月3日

身長: 182cm

出身地: 神奈川県秦野市

最終学歴: 秦野南が丘高校

所属事務所:フリー

吉田栄作の訃報や死去の噂はなぜ流れたか

吉田さんは2021年現在、ご健在です。

トレンディ俳優として活躍し、その後は深夜の人気番組のMCなどで注目を集めた栄作さんでしたが、一時は露出が減った印象でした。

2018年には30年間所属していたワタナベエンターテインメントを退社。

その後は舞台やコンサート、映画やドラマ、ラジオ出演など積極的に活動をしている吉田さん。

今後の活躍に期待できそうです。

吉田栄作は今なにしてる?

2021年には歌手生活30周年記念のコンサートツアーが予定されています。

トレードマークである「白いTシャツ」の吉田栄作モデルが発売、CM出演、ドラマ出演など、精力的に活動しています。

2018年、長年所属していたワタナベエンターテインメントから独立と同時に歌手活動に力を入れている印象を受けます。

マネーの虎に出演で話題を集める

数々の虎、企業の社長たちがずらりと並び、開業資金の出資プレゼンテーション番組として深夜で始まった『¥マネーの虎』(日本テレビ系列)

深夜時間帯では驚異的といえる視聴率を叩き出し、金曜日の夜8時というゴールデンタイムに進出。人気を博していまだに伝説と化している番組として知られています。

「虎(社長)」たちと志願者のあいだをつなぐMCだった吉田さん。

出資を受けられずに散った志願者に「ノーマネーでフィニッシュです」、出資を受けられた志願者に「マネー成立です」と告げる吉田さんの決め台詞が人気を集めました。

天才・アカギ役に大抜擢

2018年に連続ドラマ「天 天和通りの快男児」(テレビ東京系列)のなかで白髪が印象的な天才雀士・赤木しげる(通称・アカギ)役を演じた吉田さん。

原作はギャンブル漫画でカリスマ的人気を集めている福本伸行さんの作品です。

「アカギ」は絶大な支持を得ているキャラで、必然的にアカギを演じる吉田さんに注目が集まりました。

漫画のキャラのビジュアルと個性の再現度が高いと評判に。

ネット上に名言集まであるほど、印象に残る台詞が多いことで知られているアカギ。

「面白い…狂気の沙汰ほど面白い」「どうせ死ぬなら…強く打って、死ねっ!」


など、才能だけでのし上がってきたアカギというキャラの言葉は重みがあると人気を集めています。

アカギを演じた吉田さんも、「雀神」とまで呼ばれたアカギにリスペクトをもちながらも、芸能界で長く生き残ってきた自身の経験値も、台詞に込めたいとインタビューで語っています。

自分の生き様を投影したいという吉田さんも、マネーの虎で印象的な決め台詞で注目を集めたことがありますね。

イケメントレンディ俳優の殻を破り、さまざまな役柄に挑戦しています。

吉田栄作の年収について

トレンディドラマに出演していた全盛期の収入や、現在の吉田さんの収入について知りたい人が多いようです。

情報について調べてみましたが、具体的な公式情報は出てきませんでした。

噂では、叫ぶだけのCMで一億円のギャラを受け取ったなどの情報が流れていますが、オフィシャルな確証が得られませんでした。

全盛期はイケメントレンディ俳優として引っ張りだこでしたし、現在はダンディなキャラで役の幅を広げたり、歌手活動やそのほかの芸能活動にも積極的に取り組んでいるようなので、安定した収入が得られていそうですね。

残念ながら、収入に関する正確な公式情報は得られませんでした。

2021年現在、52歳の吉田さん。

トレンディ俳優の殻を破り、年相応のキャラを開拓しつつある吉田さんは「アカギ」役で新境地を開拓しました。

新たな挑戦を続ける吉田さんから目が離せません。


吉田栄作と元嫁・平子理沙に息子?離婚理由と再婚について

吉田栄作の昔。白シャツファッションが流行。高校時代と兄、実家の倒産

仙道敦子の現在と復帰理由。とんぼで人気。歌がうまい&吉田栄作とレコ大出演

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。