江口洋介の実家は喫茶店。江口のりこと兄弟?父親の職業と家族まとめ

1990年代初頭、『東京ラブストーリー』や『101回目のプロポーズ』などのトレンディドラマで活躍した江口洋介(えぐち ようすけ)さん。

近年はベテラン俳優として、映画『るろうに剣心』のシリーズでも人気を獲得していますね。

今回は江口さんの気になる家族情報を見ていきましょう。

実家の喫茶店、江口のりこさんの兄弟という情報、父親について確認し、家族情報をまとめます。

江口洋介のプロフィール

本名:江口洋介

生年月日:1967年12月31日

身長:185cm

出身地:東京都豊島区

最終学歴:駒込高等学校

所属事務所:パパドゥ

江口洋介の実家は喫茶店

まず江口さんの実家である喫茶店についてご紹介します。

江口さんの実家は東京都北区にあり、JR巣鴨駅から歩いてすぐの場所だそうです。


喫茶店は実家の1階にあり、彼の母親が経営していました。

喫茶店は今も営業を続けており、付近にある東京外語大学の学生の胃袋を満たしています。

高校時代は江口さんも喫茶店を手伝っていましたが、実家を継がず俳優の道を選択。

そのためかネット上には、弟さんが喫茶店を継いだという情報がありました。

真偽は不明ですが、実際に江口さんの実家の喫茶店に行った人たちが、弟さんと交流していたようです。

弟さんが経営しているとされる喫茶店は、「Beyond Z Coffee(ビヨンドズィーコーヒー)」というお店です。

ホットサンドやキャラメルマキアートなど、お洒落なメニューを提供しています。

レトロな喫茶店というよりは、今どきのハイセンスなカフェのような印象のお店ですね。

元々は昭和の香り漂う喫茶店だったのかもしれませんが、弟さんがお店を継ぐ際にリニューアルした可能性もありそうです。

またネット上には、「江口さんの弟の職業はDJ」という情報もありました。

いずれにせよ自由業のため、もしかすると兼業しているのかもしれませんね。

江口のりことは兄弟ではない

江口さんについて調べていると、女優の江口のりこさんの名前と、「兄弟」というキーワードが表示されます。

同じ江口姓のため、2人が親戚関係にあると考える人が多いのでしょう。

2人は、実際には血縁関係のない他人同士です。

のりこさんは劇団「東京乾電池」出身の女優で、『半沢直樹』や『俺の家の話』などの人気ドラマに多く出演していますね。

2人は2017年、松本清張原作のドラマ『黒革の手帳』で共演。

政略結婚における見合い相手という関係でしたが、2人のキスシーンが話題となりました。

苗字が同じうえ、共演経験もあるため、何らかのつながりがあると考えられても不思議ではありませんね。

江口さんの兄弟は、先述の通り喫茶店経営者とされる弟です。

一方のりこさんは、兄2人と、一卵性双生児の姉、妹1人の5人兄妹だそうです。


双子の姉・福子さんは、のりこさんにそっくりで、「東京乾電池」の座長だった柄本明さんは2人を間違えてしまったといいます。

そこまで姉妹がそっくりなら、一度2人で並んだ姿を見てみたいですね。

ただいずれの兄妹も一般人とのことで、メディア出演の経験はありません。

結果的に江口さんとのりこさんは、まったく関係ないと断言できますね。

江口洋介の父親は建築関係者

江口さんの母が喫茶店経営者という情報はありましたが、父の仕事は何だったのでしょうか。

確認したところ、父は建築関係の仕事をしていたそうです。

仕事内容の詳細は不明ですが、建築士やインテリアコーディネーターなどとして勤めていたのかもしれませんね。

ちなみに愛車はポルシェでした。

江口さんの小学校時代にはPTA集会にポルシェに乗ってきたそうで、かなり高収入を稼いでいたことがうかがえます。

もしかすると建築会社の重役か、業界では名の知られた一流建築家だったのかもしれませんね。

江口洋介の家族まとめ

今回は江口さんの家族についてご紹介しました。

建築関連職の高給取りだったらしい父、自宅で喫茶店を経営していた母と弟。


裕福な家庭だったうえ、家業も順調だったためか、江口さんはのびのびと育ったようです。

彼が真っ直ぐに成長し、俳優の道を突き進んでこられたのは、家族のあたたかいエールと愛情のおかげだったのかもしれませんね。

江口洋介の子供たち。息子がイケメン&娘は美人。学校は青山学院、年齢は?

江口洋介と嫁・森高千里の結婚。馴れ初めと交際宣言。結婚式しなかった理由

江口洋介の今と年収について。ファッションと愛車、家が話題。犬との関係は?

江口洋介の性格はいい?悪い?かっこいいと評判?織田裕二と共演NGの真相

江口洋介、鈴木保奈美との熱愛と破局。織田裕二、福山雅治との仲は?

コメント