真琴つばさの伝説&宝塚時代。人気の理由とは。実家で猫と生活?

元タカラジェンヌで、退団後は女優として舞台やバラエティ番組でも活躍する真琴つばさ(まこと つばさ)さん。

圧倒的な人気を誇る男役トップスターでしたが、語り継がれる伝説を宝塚時代のエピソードからご紹介します。

人気の理由をチェックしつつ、実家で猫と生活しているというプライベートな一面も覗かせてもらいましょう。

真琴つばさのプロフィール

愛称:マミ

本名:保川真名美

生年月日:1964年11月25日

身長:168cm

出身地:東京都

最終学歴:実践女子大学中退、宝塚音楽学校

所属事務所:エフ・スピリット

真琴つばさの伝説。大学を1日で中退、宝塚時代は努力で低音ボイスを獲得

今でこそ、バラエティ番組での親しみやすく面白いキャラクターが人気の真琴さん。

しかし宝塚時代は、並々ならぬ努力と周到な準備を怠らない、真面目な完璧主義者だったそうです。

1983年に71期生として宝塚音楽学校に進学し、2年後に宝塚歌劇団へ入団しています。

宝塚音楽学校の合格時について、語り継がれている伝説がありました。


実は宝塚音楽学校の受験後、実践女子大学へ内部進学していたものの、入学式翌日に宝塚合格を知ったそうです。

結果的にたった1日で大学を中退し、宝塚音楽学校へ進学しました。

自身としては宝塚音楽学校に合格したとは思えず、結果発表前に大学へ進学したのでしょう。

カリスマ的なイメージが強い真琴さんですが、当時は意外にも自分の実力に自信がなかったのかもしれませんね。

同期は愛華みれさん、鮎ゆうきさん、稔幸さん、轟悠さんと、いずれもトップスターばかりでした。

複数の同期生がトップスターとして君臨するという状況は、滅多にありません。

71期生には、スターにふさわしい才能と魅力を備えた人々が多かったといえますね。

真琴さんは1997年、前任者である久世星佳さんの退団により、月組トップスターに就任しました。


檀れいさんの相手役としても活躍し、多くのファンを獲得。

ただし真琴さんは、元々女性らしさを漂わせる高い声の持ち主でした。

低音ボイスを手に入れるため、人知れず怒鳴り続けて喉を鍛錬した結果、男らしい声になれたのだそうです。

今のかっこいい声を手に入れるまでにかけた年数は、何と10年でした。

生まれつき「男前」ではなかったものの、宝塚に情熱をかけ、人知れず努力を続ける点がまさしく「男前」といえますね。

トップスターの中でもとくに人気を誇り、2001年の退団後もファンから400個のバレンタインチョコをもらったそうです。

圧倒的なカリスマ性は恵まれた才能かもしれませんが、宝塚で生き残るために努力を続けた点も、もう少し評価されて欲しいですね。

人気の秘密はエンターテイナー気質

真琴さんはなぜ、元トップスターの中でも高い人気を誇り続けているのでしょうか。

退団時は1万人ものファンが沿道を埋め尽くしたほど、全盛期は圧倒的な人気スターでした。

しかし真琴さんは、元々活躍できない期間が長く、アルバイトで必死に生活していた苦労経験もあります。

月組配属後も、後輩だった天海祐希さんが人気を誇っているにもかかわらず、なかなか売れない日々が続きました。

悔しさをバネにたゆまぬ努力を重ねた結果、彼女のストイックな人格が形成されたのかもしれません。

また退団後、真琴さんは宝塚時代とは別の形で才能を開花させています。

バラエティ番組で見せるセンスの良さ、面白さなど、親しみやすい要素によって人気を得るのです。

宝塚に関心がなくても、サバサバした彼女の雰囲気に惹かれる人が多かったのでしょう。

何よりも「誰かを楽しませたい」という純粋な野心を抱いて、日々の芸能活動に邁進しているのかもしれませんね。

努力の痕跡を消し、とにかく人々を楽しませてきたのです。

その点で真琴さんは、優れたエンターテイナーなのでしょう。

真琴つばさの実家は化粧品店。実家を出て猫のアビィと生活

ところで真琴さんについて、実家で猫と暮らしているという情報がありましたが、本当でしょうか。

確認したところ、実家は一等地の東京都品川区にある化粧品店だったそうです。

「吉川屋」という化粧品店で、両親が営んでいました。

一人っ子だったため、3人家族だった可能性が高いですね。

また真琴さんは2021年現在独身のため、実家で暮らしていると考えた人もいるでしょう。

しかし実家暮らしかどうか、正確な情報はないため不明です。

ただし猫と暮らしていることは事実でした。

アビシニアンの雄猫「アビィ」を溺愛しているとのこと。

幼少期から実家で猫と生活していたため、かなり愛着がある動物なのでしょう。

また子供がいないからこそ、アビィを息子としてかわいがっているようでした。


抱きしめていると腕の中で寝てしまうこともしばしば。

かわいい寝顔を見ていると、母性本能がくすぐられるのでしょう。

末永く母子ともに仲良く暮らして欲しいですね。

真琴つばさ、結婚せず独身の理由と現在。退団理由と性格について

愛華みれの財布&愛車エピソード。悪性リンパ腫を夫と克服&宝塚退団の理由とは

コメント