竹達彩奈の結婚。指輪と結婚式。梶裕貴との共演作品まとめ

2009年のテレビアニメ『けいおん!』でブレイクし、その後も数多くの作品で活躍する竹達彩奈(たけたつ あやな)さん。

2019年には、声優の梶裕貴さんと結婚し、声優仲間やファンから祝福されました。

今回は、竹達彩奈さんの結婚指輪や、結婚式について調べてみました。

夫である梶さんとの共演作についても、あわせて紹介していきましょう。

竹達彩奈のプロフィール

愛称:あやち、あやにゃん

本名:竹達彩奈

生年月日:1989年6月23日

身長:151cm

出身地:埼玉県

最終学歴:埼玉県立鴻巣女子高校

所属事務所:リンク・プラン

竹達彩奈の結婚指輪

竹達彩奈さんの結婚指輪は、ブランドなどは明らかになっていませんが、インスタやTwitterに投稿された写真で見ることができます。

指輪を確認できる写真が投稿されると、ファンからは「お幸せに」という祝福の言葉が寄せられていました。

一生を共に過ごす相手が見つかったわけですから、結婚指輪をしているというのは、とても素敵なこと。

Twitterなどで温かい投稿を見ていると、ほっこりした気持ちになれます。

とはいえ、昔からファンだった人は、少し寂しさを感じてしまうこともあるようです。

可愛らしいルックスでアイドル的な人気を獲得していた竹達彩奈さん。

結婚が発表された際は祝福したものの、あとから落ち込んだ人も多かったのでしょう。

「いつか結婚するとは思っていたけど現実になると…」という気持ちは、わからなくもありません。

ですが、指輪をした写真からは、竹達さんの幸せが伝わってきます。

これからも、末永く愛を育んでほしいものです。

結婚式はどうなったのか?

竹達彩奈さんと梶裕貴さんの結婚式ですが、2019年6月の結婚発表から2021年現在に至るまで、詳細な情報は出ていないようです。

声優仲間からの参加報告などもなく、どうなっているのか、詳しくわからない状態です。

結婚式についてはあえて発信しない方針なのかもしれませんが、ネット上の噂では、「したくてもできないのでは?」というものがあります。

その理由は、世界でコロナウイルスが広まってしまったからです。

日本で感染者が出たのは2020年に入ってからですが、結婚式を入籍の翌年に行う予定だったとすると、あり得る話かもしれません。

結婚式は、入籍してからすぐに行う場合もあれば、1年以上期間を空けてから行う場合もあり、人それぞれです。


少し時間を置いてから行うつもりだった場合、ちょうどコロナの拡大とぶつかることになったでしょう。

真実はわかりませんが、やりたくてもできなかったのだとすると、気の毒な話です。

ちなみに、入籍後しばらくは、竹達さんと梶さんの結婚式を妄想する人が続出しました。

Twitterにも、「こんな結婚式だったら」という投稿が多くあります。

仲の良い声優さんが集まってお祝いする結婚式は、とても楽しいものになるでしょう。

親友の悠木碧さんがオタク全開で喜ぶ姿も、ぜひ見てみたいものです。

梶裕貴と共演した作品

竹達彩奈さんと梶裕貴さんが共演した作品は、2011年のテレビアニメ『ギルティクラウン』です。

近未来を舞台にしたSFアクションであり、人気声優が多数出演しています。

梶さんは特殊な力で戦う主人公・桜満集役、竹達さんは桜満をサポートする有能オペレーター・ツグミ役を務めました。

長く共演しているアニメ作品は、2012年からスタートした『ハイスクールD×D』シリーズ。

熱いバトルと学園ラブコメを融合させた作品であり、続編が作られない作品も多い中、第4期まで続くほどの人気を獲得しました。

梶さんは悪魔に転生する主人公・兵頭一誠役、竹達さんは元妖怪の悪魔・塔城子猫役で出演しています。

厳密には共演ではありませんが、2018年の『ポプテピピック』も話題になりました。

この作品は、主人公のポプ子とピピ美を毎回違う声優が演じるというユニークなギャグアニメ。

竹達さんは第2話、梶さんは第6話で、それぞれピピ美役を務めました。

そのため、結婚が発表された際は「ピピ美婚」と話題になり、原作者の大川ぶくぶさんもお祝いのイラストを投稿しています。

他には、朗読動画での共演もあります。

梶裕貴さんは、2020年から自身のYouTubeチャンネルで朗読動画をアップし始めました。


その中の『星の王子さま』には、竹達彩奈さんも参加。

アニメ作品以外での夫婦共演は、多くの話題を集めました。

竹達彩奈のランドセルは私服?メガネはポールスミス。ショート&オレンジメイクが似合う

梶裕貴の年収はいくら?高校生で養成所特待生&中学は生徒会長。経歴まとめ

豊崎愛生の結婚相手はトムハック?関西弁がうまい&愛犬二コと性格について

コメント