高橋由伸の娘が美人&学校は慶應。妻と自宅高級マンション。兄弟の熱意でプロへ

端正な顔立ちでアイドル的な人気を博した高橋由伸(たかはしよしのぶ)さん。

元人気アナウンサーの妻との間に生まれた娘が美人と話題になっています。

また、娘は慶應の付属校に通っているという噂も。

豪華な自宅マンションや兄弟とのエピソードについても見ていきましょう。

高橋由伸のプロフィール

本名:高橋 由伸(たかはし よしのぶ)

身長:180cm

出身地:千葉県千葉市

生年月日:1975年4月3日

所属球団:読売ジャイアンツ(1998~2015) ※選手歴

高橋由伸の娘が美人と話題に

慶應義塾大学在学中、驚異的な打撃成績を残した高橋由伸さん。

日米大学野球でも4番を務めるなど同学年の中では傑出した存在でした。

走攻守を兼ね備えているだけでなく端正な顔立ち。


読売ジャイアンツに入団後は「ジャイアンツのプリンス」と呼ばれるように。

瞬く間に読売ジャイアンツを代表する選手の一人として老若男女問わず高い人気を誇りました。

そのDNAを色濃く受け継いだと話題となったのが娘。

高橋由伸さんは2006年に結婚すると2年後の2008年に長女のりおさんが誕生。

そしてそれから4年後の2012年には次女のなおさんが産まれています。

その娘達は2015年に行われた高橋由伸さんの引退セレモニーにユニフォームを着て登場。

2人の娘から花束を受け取った時は完全に父親の顔になっていました。

この時はまだ幼かった事から娘の容姿が話題に上がる事はありませんでした。

娘の美貌が話題となったのはそれから3年後のこと。

偶然、高橋由伸さん一家とスキーショップで遭遇した俳優の高橋克典さん。

そして自身のブログに高橋由伸さんの妻と娘の写真をアップ。

すると「娘が美少女だ」と大きな話題となったんです。

当然ながら顔が完全に分からないように目元には加工がされています。

それでも整った顔立ちである事が伺い知れます。

ただ、高橋克典さんはブログから娘の写真を既に削除。

もちろん高橋由伸さん一家からブログに写真を載せる許可は貰っていたはず。

ですが、想像した以上に大きな話題となってしまった事から削除したのでしょう。

女優やアナウンサーとして活躍するプロ野球選手の娘も少なくありません。

いずれ高橋由伸さんの娘達も女優やアナウンサーとして活躍する日が来るかもしれません。

2人の娘が通う学校は慶應付属校

プロ野球選手の中には子供を有名私立に通わせるケースが少なくありません。

高橋由伸さんもそんな一人。

娘達を慶應義塾の初等部に通わせていると言われています。

2人の娘のうち長女が通うのは慶應義塾横浜初等部。

一方、次女が通っていると言われるのは慶應義塾幼稚舎。

どちらも同じ慶應義塾の付属小学校。

ですが、横浜初等部は2013年に設立された比較的新しい学校。

そのため学校の「格」で言えば1874年に設立された幼稚舎の方が上なんだとか。

さらに横浜初等部で進学できるのは湘南藤沢中等部のみ。

そして湘南藤沢中等部からは湘南藤沢高等部にしか進学が出来ないそうです。

ところが慶應幼稚舎はどの付属校にも進学可能。

こうした進学先の選択肢の多さも慶應幼稚舎の方が上とされる要因の一つとなっています。

長女と次女が別々の学校に通う事は簡単に決断できなかったはず。

2人とも同じ学校に通った方が親としては色々と楽ですからね。

ですが、娘達の事を第一に考えたからこそ別々の学校に行かせたのでしょう。

ただ、それも高橋由伸さんの協力があるからこそ。

現役の頃や監督を務めていた頃は非常に多忙だった高橋由伸さん。

時間が出来た今は積極的に育児に参加し、娘のお迎えも行っているそうです。

そんな父親の事を娘達は自慢に思っているはず。

同級生だけでなく学校中の生徒から羨ましがられているかもしれません。

高橋由伸の妻は元女子アナウンサー

高橋由伸さんが結婚したのは2006年1月のこと。

お相手は日本テレビのアナウンサーだった小野寺麻衣さん。

共に慶應大学出身で同い年。

ですが、小野寺麻衣さんはアメリカの高校を卒業した事もあり学年は1つ下。

そのため大学時代は交流は無かったそうです。

そして2000年に知人の紹介で出会った二人。

先に好感を抱いたのは高橋由伸さん。

性格が真逆で自分に無い物を沢山持っているところに強く惹かれたそうです。

その後、小野寺麻衣さんを食事に誘うと意気投合。

交際に発展したのは2年後の2002年でした。

それ以降、献身的に高橋由伸さんに尽くした小野寺麻衣さん。

手料理を作る事でシーズンオフに体重が急増する事を阻止。

2005年12月に手術を受けた際には入院生活をサポートしていたそうです。

そして高橋由伸さんは2006年のキャンプが始まる前に結婚を決意。

これだけ自分に尽くしてくれれば結婚も容易に決断出来た事でしょう。

ただ、同年は怪我の影響もあり思うような活躍は出来ず。

ですが2007年には自己最多となる35本塁打を記録。


チームも5年ぶりとなるリーグ制覇を果たしています。

そしてシーズン終了後には読売ジャイアンツの生え抜きで最高となる4年16億円という大型契約。

こうした活躍の裏には小野寺麻衣さんの内助の功があった事は間違いないでしょう。

自宅はベイエリア高級マンション?

現役時代は読売ジャイアンツの中心選手として活躍した高橋由伸さん。

最高年俸は3億5000万円で生涯年俸が40億円超。

収入面からも超一流のアスリートである事が分かります。

これだけの稼ぎがあると一体どんな自宅に住んでいるのか気になりますよね。

どうやら高橋由伸さんは都内にあるマンションで暮らしているようです。

はっきりとした場所は分かりませんが、東京都の墨田区という噂。

当然ながら普通のマンションではありません。

価格は3億円と言われる超高級のタワーマンション。

車庫入れの代行や入居者だけが使えるラウンジ。

高級ホテルにも負けない設備が整っているんだとか。

かつてのお金持ちと言えば高級住宅街に豪邸を建てる事が多かったですよね。

ですが、最近では一戸建てではなくマンションに暮らすケースも増えてきているように思えます。

一戸建てならば自分好みの家を建てる事が出来ます。

ただ、セキュリティや利便性を考えるとマンションの方が良いのでしょう。


また、一戸建てよりもマンションの方が住み替えもしやすいですよね。

子供達の独立など今後のライフスタイルの変化も考えてマンションで生活しているのかもしれません。

野球を続けた理由は兄弟の熱意

幼少期から抜群の野球センスを発揮していた高橋由伸さん。

地元の野球チームに入団したのは小学4年生の頃。

するとレギュラーの殆どが6年生の中、4年生で唯一レギュラーに選出されたそうです。

しかも3番でショートという重要なポジション。

どれだけ野球センスが抜群だったかが良く分かりますよね。

そして中学生の頃はエースで4番。

チームの主力として活躍し、全国大会2連覇を達成したそうです。

これだけの活躍を見せればプロ野球選手を目指しそうなもの。

ところが高橋由伸さんの夢はプロ野球選手ではなかったそうです。

むしろ野球はあまり好きでは無かったそうです。

そのため「野球を辞めたい」と口にする事もあったんだとか。

そんな時に叱りつけたのが兄。

泣いて嫌がる高橋由伸さんを力づくでグラウンドに連れていく事もあったそうです。

高橋由伸さんとは逆に野球に非常に熱心だった兄。

それだけに才能に恵まれながらも野球を嫌がる弟に腹が立ってしまったのでしょう。


もし、兄弟が無理やりにでも野球を続けさせなければプロ野球選手にはなっていなかった事は間違いありません。

当時は非常に辛い経験だったかもしれません。

ですが、きっと今では無理やり野球を続けさせた兄に感謝の気持ちを抱いている事でしょう。

高橋由伸の現在。年収がすごい&監督辞任後の今後について。所属事務所はどこ?

高橋由伸は天才?前田智徳と比較。引退理由は怪我にあらず。無冠の帝王、メジャー断念の理由

高橋由伸、ヤクルトのルーキー入団破談の理由。慶応大学の記録&桐蔭学園高校や中学の成績

コメント