河野太郎が面白い。人気の理由&どんな人?竹の腕時計とメガネのエピソード

2021年9月に自由民主党総裁選に立候補したものの、僅差で落選した河野太郎(こうのたろう)さん。

的確に発言することから、国民に人気のある政治家の1人です。

実は河野太郎さんはSNSも活用しており、面白い発言で人気が高いといいます。

今回は「面白い」河野太郎さんの人気の高さの理由についてや、愛用品の時計やメガネについても見ていきましょう。

河野太郎のプロフィール

本名:河野太郎(こうのたろう)

生年月日:1963年(昭和38年)1月10日

身長:173cm

出身地:神奈川県平塚市

最終学歴:ジョージタウン大学卒業

河野太郎は面白い

河野太郎さんは若者からも絶大な人気がある、異色の政治家です。

実は、自身が投稿するTwitter(ツイッター)が非常に面白いと評判。

2021年には240万人以上のフォロワーがいるというから、驚きますよね。


河野太郎さんは、自分が発信するだけでなく他の人のツイートにも返事を書くのです。

有名人が、知らない人に対してリツイートをするのは珍しいこと。

それも、政治に関することでなくても気軽に返事をしてくれるというから驚きますよね。

幸運にも河野太郎さんの目に留まり、返事をしてもらった人はとてもラッキー。

河野太郎さんの演説があったものの、人混みを避けたいということで行かなかったようですね。

それに対して、河野さんらしい返事が。

すると返事をしてもらえたファンは大喜びしてツイート。

それに対してもまた茶目っ気たっぷりのリツイートをしていました。

このように心を通わせてくれる政治家ならば、支持したいと思う人は増えるでしょう。

いつもこのようにツイートしているので、人気を取るためにしているのではなさそうです。

河野太郎さんの人柄の良さがわかりますね。

また、とても面白いツイートも多いです。

このように誰かが河野太郎さんに対して”眉毛が素敵ですよ”とツイートすると、「も」を強調したリツイートが。

これは間違いなく”眉毛「も」素敵ですよ”とつぶやいてほしいということを言いたかったのでしょう。

表現の仕方もとても面白いですよね。

テレビでも河野太郎さんの面白さを特集で取り上げるほどですので、これからも目が離せませんね。。

河野太郎が人気の理由

2021年秋の次期首相アンケートでも、ダントツの1位を取ったのは河野太郎さん。

自分の意見をはっきり言うから人気があるのではないでしょうか。

外務大臣を務めていた2017年に、中国の外相との会談がありました。

その時も、中国の海洋進出に関しては「大国としての振る舞いを身につけていただかないと」とキッパリ。

また防衛大臣就任中の2020年6月にも「イージス・アショア」問題で配備のプロセスを停止すると発言。

これはソフトウェアやミサイルの改修期間が12年という長い年月を要してしまうことと、費用が2,000億円もかかってしまうことが理由です。

もちろん安倍総理大臣の了承も得ていましたが、党内では急な発言で大批判が起こってしまいました。

しかし河野太郎さんとしては、合理的に判断したまでのこと。

毅然とした態度に、国民はさらに好感度を持ったようでした。

河野太郎はどんな人か

河野太郎さんはユーモアがある、物おじせずはっきりと意見を言う政治家ですね。

ではどのような人なのか、もう少し掘り下げていきましょう。

河野太郎の両親

河野太郎さんの父は、有名な政治家の河野洋平(こうのようへい)さんです。

自由民主党が野党だったときに、党首を務めたほど。

他にも衆議院議長や外務大臣など、数々の要職に就いています。

温厚な性格で感じの良い政治家、という印象を持っている人が多いようです。

次に河野太郎さんの母親を見ていきましょう。

河野武子(こうのたけこ)さんといい、1995年にガンで他界しています。

武子さんの実家は、伊藤忠商事を興した血筋。

河野太郎さんは政財界のサラブレッド的存在と言って良いでしょう。

河野太郎さんの学生時代

河野太郎さんは神奈川県平塚市の出身で、小学校は市立花水小学校を卒業。

上の画像の一番左が河野太郎さんです。

小学生時代はガリ勉タイプではないけれど、成績はいつもトップクラスだったといいます。

人気があったようで、合唱コンクールでも自然と指揮者に選ばれていたそう。

実は歌はあまり得意ではなかったという声も聞かれました。


1月生まれで背は小さい方だったようですが、特に長距離走が非常に速かった河野太郎さん。

政治家だった祖父の河野一郎さんは箱根駅伝でも走ったそうで、足が速い血筋なのでしょう。

中学から慶應で学び、慶應大学に進んだのですが、何と2ヶ月で退学。

アメリカに留学することを選び、首都ワシントンD.C.にあるジョージタウン大学を卒業したのです。

この大学は政治学や国際関係学においては世界でトップレベルを誇る大学。

大学在学中にはアメリカ下院議員のインターンとしても働いた経験を持ち、この経験は非常に役に立っていることでしょう。

英語力は確かなので、将来的に首相になったら外交でも手腕を発揮してくれることでしょう。

企業で働いた時代

河野太郎さんは、大学を卒業した後は一般企業に就職。

1986年に富士ゼロックスに入社し、シンガポールに駐在した経験もあります。

そして1993年に日本端子に転職し、開発生産や海外輸出業務を担当しました。

ちなみにこの会社は父・洋平さんが大株主で、2021年現在では弟の河野二郎(こうのじろう)さんが社長を務めているのです。

転職して地元の平塚市に戻った河野太郎さんは、地元の青年会議所でビジョンを作る委員会に参加。

仲間と家族会をして、賑やかに楽しく過ごしていたそうです。

以上のことから、河野太郎さんは少年時代から人との繋がりを大事にしていたことがわかりますね。

河野太郎の竹の腕時計やメガネ

河野太郎さんは、発言だけでなく身につけているものまで話題になっているようです。

今回は時計とメガネを見ていきましょう。

河野太郎愛用の竹の腕時計

河野太郎さんが外務大臣だった2019年のことでした。


韓国の外務大臣と握手した際、金色に光る腕時計が映りました。

それをあるTwitterユーザーが「金時計をこれみよがしにひけらかして、恥を知れ!」と批判したのです。

しかしそれは「金時計」ではなく「竹製の時計」だったといいます。

河野太郎さん自身のTwitterで反論して話題になりました。

アトピー体質である河野太郎さんは、金属の時計をつけると肌に悪いのだとか。

フィリピンで行われたASEAN50周年式典で配られた時計で、軽くて愛用しているそうです。

光の関係で、竹の時計が金色に輝いて見えたのでしょう。

なかなか珍しい素材の時計ですね。

河野太郎のメガネ

河野太郎さんは、オシャレなメガネをかけていると評判です。

2021年現在愛用しているメガネのブランドは、シャルマンのメンズマーク。

このメガネはツルが蜂の巣のようになっているので、柔軟性に富み掛け心地が非常に良いのだそうです。

かなり前には緑色のメガネをかけていたこともありました。

それは、サッカーJリーグの湘南ベルマーレの代表取締役をしていた頃。

チームカラーの緑にちなんで、メガネを緑色が付いたものにしたそうです。

それを知らない人が「国会議員がかけるメガネじゃない!」と叱ったそう。

それ以来メガネはおとなしめのものを選ぶようにしているといいます。

それでもさりげなくオシャレなメガネを選んでいたことが目に留まっていたようで、2016年には政界部門で第29回日本メガネベストドレッサー賞を受賞。


副賞として色々な素敵なフレームをもらい、河野太郎さんはとても喜んでいました。

日替わりで使っていきたいと語っていました。

それまでファッション関連で表彰を受けたことがなかったようで、家族も皆驚いていたということです。

河野太郎の父・洋平は現在も多忙。中国支持の父と違いをアピール。親子間で肝臓移植

河野太郎の弟は日本端子社長。会社は親族企業だった。会社が中国関係に影響?

河野太郎の英語力は?英語の勉強法&スピーチが上手い。富士ゼロックスでビジネス英語

河野太郎の家系図が凄い。祖父と父も副総理、母は社長令嬢。実家の先祖は名門

河野太郎の自宅は平塚。湘南ベルマーレの会長だった過去、出身大学はアメリカの名門

コメント

執筆・編集者

俳優やモデルなど若手芸能人からベテランまで、広いジャンルの記事寄稿。