さくらももこ、再婚した夫はうんのさしみ。離婚した元夫は編集者。結婚歴まとめ

アニメも大人気の漫画『ちびまる子ちゃん』の作者として有名なさくらももこさん。

2018年、乳がんのために53歳という若さで亡くなってしまいました。

今回は、そんなさくらさんの結婚歴に迫っていきます。

さくらさんが結婚した男性についても、詳しく紹介していきましょう。

さくらももこのプロフィール

愛称:ももちゃん

本名:不明(旧姓:三浦)

生年月日:1965年5月8日

身長:164cm

出身地:静岡県清水市

最終学歴:静岡英和女学院短期大学

所属事務所:さくらプロダクション

さくらももこが最初に結婚した夫は宮永正隆

さくらさんの最初の結婚は、1989年のこと。

旦那さんは、『ちびまる子ちゃん』が連載されている漫画雑誌『りぼん』の元編集者である宮永正隆です。

宮永さんはロックバンド「ビートルズ」の評論家としても活躍しており、『ビートルズ大学』、『ビートルズ来日学』などの本を出版しています。

漫画雑誌の編集者で知名度が高い人は少ないと思われますが、宮永さんについては、そうした著書を通して知っている人も多いのではないでしょうか。

自身のYouTubeチャンネルでもビートルズについて語っています。

宮永さんは、結婚の翌年には集英社を退社し、メディアプロデューサーとして活動を始めます。

アニメ版『ちびまる子ちゃん』にも携わっており、声優のキャスティングや主題歌の選定などを行っていました。

1994年に長男「めろん」を出産


さくらさんに初めて子供が生まれたのは、結婚から5年後の1994年。

一般人であり、本名は公表されていませんが、実は「さくらめろん」というペンネームを使ったことがあるようです。

それは、2002年に『おばけの手』という絵本を作ったときのこと。

この絵本は、さくらももこさんが息子と共作した作品ということで、多くの注目を集めました。

当時は小学1年生だったそうですが、いろいろとアイディアを出し、お母さんを助けていたのでしょうか。

めろんさんは、2022年で28歳になります。

『おばけの手』以降、本を出版したことはないようですが、また作家として活動することがあるかもしれません。

離婚理由はダメ出し?

さくらさんと宮永さんは、1998年に離婚しています。

理由については明かされていませんが、ネット上では、「夫のダメ出しが原因ではないか」という噂がありました。

宮永さんが作品に対して厳しいダメ出しを続けたため、不仲になってしまったというものです。

他にも、お金の使い方を巡って喧嘩になったという説が出ています。

しかし、どの噂も確かな情報ではなく、真実はわかりません。

元夫と離婚後、うんのさしみと再婚

さくらさんの2度目の結婚は、2003年のことです。

再婚相手は、イラストレーターとして活躍する「うんのさしみ」さん。

1969年生まれのうんのさんは、さくらさんより4つ年下です。

さくらさんは「友蔵みたい」と表現していたようなので、優しくて穏やかな性格なのでしょう。

きついダメ出しをすることもなさそうなので、さくらさんとの相性は良かったのではないでしょうか。

うんのさんが活躍したのは主に2000年代であり、2021年現在は、イラストの仕事はしていないようです。

馴れ初めは絵本?


うんのさんは、さくらさんが翻訳を手掛けた絵本『アミが来た』、『グランドファーザーとつり人』などで挿絵を担当しています。

『アミが来た』が日本で出版されたのは2002年であり、再婚より前です。

そのため、仕事を通して出会い、交際を始めた可能性があります。

さくらさんは詳しい馴れ初めを語っていないようですが、同じクリエイターとして、お互いをリスペクトし合っていたのかもしれません。

漫画の同名のキャラクターがいる

さくらさんの漫画『神のちからっ子新聞』には「うんのさしみ」という漫画家が登場しますが、本人との関係は特にないとのこと。

どうやら、この漫画のキャラクター名を、そのまま芸名にしたようです。

同じ絵を描くキャラクターということで、うんのさんにとっては思い入れの強いキャラクターだったのかもしれません。

さくらももこの結婚歴まとめ

最後に、さくらさんの結婚歴を改めてまとめておきましょう。

1989年に編集者だった宮永正隆さんと結婚し、1994年にさくらめろんさんを出産。

しかし、何らかの理由で関係にひびが入ってしまい、1998年に離婚します。

2003年には、絵本の挿絵を手掛けたうんのさしみさんと再婚しました。

うんのさんとの結婚後は、2016年に亡くなるまで離婚の発表はありません。


さくらももこの息子は二人。長男はプロダクション社長&次男の今。宝石の逸話

さくらももこの家族、父と母と姉。実家は八百屋。幼少期はまる子と真逆

さくらももこ、矢沢あい&山口百恵とのエピソード。水虫にお茶っ葉、桑田佳祐のテーマ曲

さくらももこの年収がすごい。自宅豪邸は麻布、遺産の行方について

TARAKOの結婚はデマ、本名は非公開。若い頃がかわいい&現在の仕事はまる子

コメント