三浦大輔、結婚した妻は高校の先輩。自宅と愛車のベンツ、馬との感動エピソードとは

三浦 大輔(みうら だいすけ)さんはビシッと決めたリーゼント姿が印象的な名選手です。

見た目とは違って私生活は穏やかで、結婚した女性も芸能人ではなく一般の女性でした。

今回は三浦さんの結婚や妻、自宅や愛車などパーソナルな部分について迫っていきます。

三浦大輔のプロフィール

本名:三浦 大輔(みうら だいすけ)

身長:183cm

出身地:奈良県橿原市

生年月日:1973年12月25日

投球・打席:右投右打

ポジション:投手

所属球団(選手歴):横浜大洋ホエールズ・ベイスターズ・DeNA (1992~2016)

所属球団(指導歴):横浜DeNA (2014~16・2019~)

三浦大輔の愛妻は高校時代の先輩だった

まずは三浦大輔さんの現役生活を支え続けた妻について見ていきましょう。

結婚をしたのはプロ4年目のことで、麻由子(まゆこ)さんという高田商業高校の2歳年上の先輩。

プロ野球選手と言えば芸能人やアナウンサーと結ばれることが多いですが、華やかな世界に目をくれることなく高校の先輩と結婚をしたのは清々しい気持ちになりますね。


高校の先輩とは言ってもありがちな”野球部の選手とマネージャー”という訳ではなく、関係も交際をするどころか軽く挨拶をする程度だったとのことでした。

プロ入りを果たした三浦さんが奈良県から神奈川県へ引っ越す際、麻由子さんが手紙を送ってきたことがキッカケとなって連絡を取り合うようになったそうです。

手紙の内容は明らかにされていませんが、きっと励ましや寄り添う形の内容だったのでしょう。

麻由子さんは一般の方ということもあって顔写真などは出回っていませんが、三浦さんの引退セレモニーで花束を渡す際に子供たちと一緒に登場していました。

角度的に少し分りづらいですが真ん中の女性が妻の麻由子さんです。

麻由子さんは”内助の功”としても知られており、三浦さんが1995年に肝機能障害を発症した際にはシジミなど体に良い食事をたくさん用意して支えました。

また、成績不振の時には「このまま終わって良いの?」などと発破をかけてくれたそうです。

そのことからも、三浦さんの長い現役生活は麻由子さんとの二人三脚だったと言えるでしょう。

三浦大輔の自宅は横浜市の都筑区?

この項目では三浦大輔さんの自宅について見ていきます。

具体的な自宅の位置や外観は公表されていませんでしたが、三浦さんのブログに家の外壁の一部が何度も映っていることが話題になっていました。

ブログの画像を見る限り、三浦さんの自宅は洋風建築の戸建てということが見て取れます。

また、横浜市都筑区の荏田東(えだひがし)という地区にあるお好み焼き店「好鐵(こうてつ)」に子供と何度も訪れていたそうなので、自宅も近くにある可能性が高いでしょう。

三浦さんが現役時代に稼いだ年俸総額は30億円といわれているので相当な豪邸と想像できます。

現状ではブログに掲載されている外壁などしか見ることはできませんが、いつの日かテレビ番組や知り合いのYouTubeでチラッと見ることができるかもしれませんね。

三浦大輔の愛車はベンツ

馬の後は三浦大輔さん自身が走らせている愛車について見ておきましょう。

かなりの車好きとして知られる三浦さんですが、2022年現在も過去にテレビ番組で紹介されていたメルセデスベンツの「AMG・Sクラス(W222型)」に乗っている可能性が高いでしょう。

YouTubeに三浦さんと同じ左ハンドルタイプの動画があったので紹介しておきます。

自身のブログにも何度か車を紹介する投稿が見受けられますが、自撮りをするためか車内の画像が多いので動画のタイプと同型かまでは分かりませんでした。

ただ、同じようにサンルーフがあるので同型や派生タイプの可能性が高いでしょう。

加えて上記のブログには「今日は・・・この車!」という記述があるので、テレビ番組で公開した以外にも複数の車を所有しているのかもしれません。

さらに補足しますと、車検か修理で愛車を預けた際の代車がメルセデスベンツの「Gクラス」だったので、三浦さんの愛車がベンツということはほぼ間違いないでしょう。

三浦さんはプロに入った頃から”頑張って高級車に乗りたい”という思いが強かったそうですが、ベンツという高級車に乗っているので夢は叶ったと言って良いかもしれません。

それにしても、カッコイイ人がカッコイイ車に乗っているのは絵になりますね。

三浦大輔の熱い想いが愛馬の命を救った

ここでは三浦大輔さんと愛馬が起こした感動のエピソードを見ていきましょう。

三浦さんは中央競馬会(JRA)の馬主資格を持っており、2022年現在までにリーゼントブルース号やリーゼントフォルテ号など9頭の競走馬をデビューさせています。

その中でも大きな話題になったのは2頭目に所有したリーゼントロック号。

父は皐月賞や天皇賞(秋)を制したダイワメジャー号、母はアメリカの名種牡馬・エーピーインディの娘という期待の良血馬で三浦さんも大きな期待を寄せていたそうです。

2014年の日本ダービーへ出走するために参戦した京都新聞杯のレース中に左後脚を複雑骨折してしまい、矢作芳人調教師から「経済的に見ても安楽死が妥当です」と宣告されました。

一般的に見ると「骨折程度で殺すのか!」と思うでしょうが、競馬界での馬は愛玩動物ではなく経済動物として扱われるので”骨折して安楽死”は珍しいどころか当たり前の処置です。

また、馬は3本の脚だと病気などを併発するので生きて行くことが困難という事情もあります。


説明を受けた三浦さんは「お金じゃないんです」と治療を希望し、骨折部分に6本のボルトを入れるという困難な手術が成功して一命を取り留めることができました。

通常であれば引退という道をたどりますが、リーゼントロックは馬主に負けず劣らずの勝負根性を発揮して競走馬として復帰し、2018年6月にはメインレースを制するなど大活躍。

まさに「馬の恩返し」とも言える働きを見せ、引退後は京都競馬場の誘導馬になりました。

複雑骨折をした愛馬の治療という選択肢は競馬界の常識に染まっていない三浦さんだからこそ出来たもので、多額の出費を伴う治療を選ぶ馬主は滅多にいません。

野球でも競馬でも型破り、そんな男と愛馬が起こした奇跡の物語を紹介させていただきました。

三浦大輔の娘はサンスポ記者。競馬好きは父の影響。息子・澪央斗の現在はピッチャー

三浦大輔の実家は花屋。兄弟は俳優とカイロ施術者。若い頃、高校時代の髪型は坊主

佐々木主浩の妻(榎本加奈子)の馴れ初めは?離婚した元嫁(清水香織)はどうなった?

村田修一の現在。息子は3人&障害児の噂は嘘。嫁は同級生、自宅は3億円の豪邸

筒香嘉智が結婚した嫁は10歳年上。現在と子供について。結婚式は挙げていない?

コメント