森本レオといえばトーマスのナレーション!声に隠された秘密とは?病気で死亡説?

癒し系の低音ボイスが特徴的な森本レオ(もりもとれお)さん。
実は森本レオさんの声を聞くと心地よくなってしまう理由が科学的に証明されていたんです。

トーマスのナレーションと言えば森本レオ


低音でささやくような心地よい語り口が特徴的な森本レオさん。
その声と柔和な見た目から穏やかな人と思われていますが頑固な一面も。

ラジオ番組のパーソナリティーを務める際に、一人称で「俺」を使いたいとスタッフに依頼するも局側の自主規制により却下。
そこで芸名を「森本オレ」にすることを提案するも認められず「オレ」を逆にした「レオ」を芸名とすることに。

俳優だけでなく声優やナレーターとしても活躍する森本レオさん。
ドラマ「王様のレストラン」のナレーションや映画「スターウォーズ」のハン・ソロの吹き替えなどで知られますが、なんといっても代表作は「きかんしゃトーマス」のナレーション。

森本レオさんは1990年に放送が開始された第1シーズンから2006年の第8シーズンまでのナレーションを担当していました。
現在のナレーションを担当するのはジョン・カビラさんですが、森本レオさんは15年以上もナレーションを務めていたことから、トーマスと言えば森本レオさんが思い浮かぶ人は多いことでしょう。

森本レオの声には秘密が?

心地よい声から「癒し系ボイス」とも言われる森本レオさん。
実は森本レオさんの声には1/fゆらぎがあるそうです。

人の心拍の間隔や小川のせせらぎ、木漏れ日などにも存在することから人を癒す効果があると言われている1/fゆらぎ。
歌手の美空ひばりさんや宇多田ヒカルさん、徳永英明さんの声にも1/fゆらぎがあることは有名でしょう。

そんな1/fゆらぎが森本レオさんの声にもあったんです。
これは森本レオさんの声には癒し効果があることが科学的に証明されていると言えますよね。

森本レオさんが多くの番組で起用されることや、その声で癒されることも納得です。

森本レオが病気で死亡?

森本レオさんは2010年2月に心筋梗塞のため緊急入院をしています。
通常の心筋梗塞とは違い、自覚症状が殆どないというサイレント心筋梗塞と呼ばれるものでした。

森本レオさんは冷たい汗をかく等の異変を感じて救急車を呼んだそうですが、この時には既に心臓の一部機能が停止していたそうです。
救急車を呼ぶのがあと30分遅かったら危なかったというまさに瀕死の状態。
森本レオさんは翌月には退院しその後は大病をしたという情報はありません。

最近は一時期に比べるとドラマやバラエティーでその姿をみかける機会が減っているように感じます。
過去に大病をしていることもあり死亡説が流れることもあるようです。

ですが、森本レオさんはまだまだ健在。
今は高齢になったことで仕事量を抑えているのかもしれません。


バイプレーヤーに日の目があたることが多い昨今ですが、森本レオさんのような癒し系の名バイプレーヤーは決して多くはありません。
森本レオさんにはまだまだ元気に活躍して欲しいと願う芸能関係者は間違いなく少なくないでしょう。

コメント