錦戸亮と丸山隆平のほほえみデート?二人のコンビ仲は?エレベーターでキス?

面白いのにかっこいいジャニーズの人気グループ関ジャニ∞の錦戸亮さん。

同じ関ジャニ∞メンバーの丸山隆平さんと錦戸さんの名前が並ぶと出てくるのが「ほほえみデート」というワード。

アルバムの特典DVDの内容のようですが、このコンビで何をしたんでしょう。


関ジャニはメンバー同士の仲が良さそうなイメージですが、この二人も例外ではなさそうですね。

錦戸亮と丸山隆平。どっちが先輩?

年齢の近い二人ですが、事務所に先に収書したのは丸山さんのようです。

丸山さんは1996年のオーディションを受け、雑誌に掲載されたそうです。

その時の合格者には同じ関ジャニの渋谷すばるさんもいました。

しかしその後仕事のオファーがなく落ちたのかと思い翌年もう一度オーディションを受けたところ、ジャニー社長に受かっているのになぜまたオーディションを受けているのかとツッコまれたそうです。

その時のオーディションには関ジャニメンバーの安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さんがいたので、レッスンや仕事量などはあまり変わらないようですが丸山さんが錦戸さんの1年先輩になりますね。

そして2004年に関ジャニ∞として「浪花いろは節」でCDデビューしました。

錦戸亮と丸山隆平の「ほほえみデート」とは?

錦戸亮さんと丸山隆平さんを検索するとすぐに出てくるのが「ほほえみデート」というワード。

この「ほほえみデート」とは、関ジャニ∞のイベントで行われた企画で下位の2人には、他のメンバーが考えたデートプランをしてもらうという罰ゲーム的な企画です。

その模様がのちに発売されたベストアルバムに特典DVDとして収録されていて、その名の通りほほえましい作品になったようです。

他メンバーからの提案でお揃いのTシャツを着たりドライブしたり、最初は嫌がっていた錦戸さんも最後には丸山さんに歌と手紙をプレゼントして涙するという、前半は笑えましたが後半はなんだかほっこりしてしまうような企画でした。

錦戸亮と丸山隆平の普段の仲は?

年齢も入所日も近く、さらには高校の先輩後輩でもある錦戸亮さんと丸山隆平さん。

色々近いところはありますがキャラクター的には逆なポジションにいるような気もしますが、実際の2人のコンビ仲はどうなんでしょう。

対談やトークなどでわかったことは、お互い自分とは違うものを持っている相手を尊重・尊敬しているということでした。

錦戸さんは丸山さんの昔からちょっとおかしな(?)性格で、でも実は一番周りに気を遣っている優しい性格を理解していて、丸山さんなら自分の友人全員に紹介できると言っていました。

一方丸山さんも、何でもそつなくこなす錦戸さんを尊敬していて、自分より年下なのにグループの活動を引っ張ってくれていることを感謝しているそうです。

(引用)マルはホンマ、昔からちっとも変わっとらんな。ちょっと頭はおかしめやけど(笑)。誰にでも好かれるから、俺、自分の友達全員に、マルのこと紹介できるもん。(引用)

(引用)亮ちゃんこそ、昔から俺にないものたくさん持ってて、何をやらせても上手だし、スマートだし。グループとしての活動を引っ張っていってくれたり、尊敬するところがたくさんある。俺は、亮ちゃんの笑顔がすごく好きやから(引用)

この2人に限らず関ジャニ∞のメンバーはそれぞれ役割を理解していて、ガヤガヤしてますがそれぞれを尊重していてテレビを通しても信頼関係が見えてきますね。

錦戸亮と丸山隆平がエレベーターでキス?

コンサートのMCでの内容で、その部分はDVDに収録されなかったのでファンのSNSなどで広まったようですが、関ジャニメンバーのキスの話があったそうで丸山さんはメンバーで最初のキスしたのは錦戸さんだそうで、その場所がエレベーターだったとか。

丸山さんのキス魔っぷりは有名らしく、錦戸さんがエレベーター内で丸山さんに顔を近づけた時にされたそうで…錦戸さんも確信犯??

(引用)丸山さんがメンバーで一番最初にキスしたのは錦戸亮ちゃん(引用)

(引用)亮「エレベーターとか、顔寄せたら、チュって(キスしてくれる)」/ 丸「別に、顔寄せてくれて断る理由もないし、」(引用)

2人の仲は、いい距離感のたまに会う恋人のようなんだそうです。

関連記事
錦戸亮 イケメンの横顔は赤西仁と似てる?筋肉と笑顔のギャップが人気!

錦戸亮の英語は発音がいい理由は?学歴は高校中退でも中学の成績はトップ?

錦戸亮の出身地と家族・実家と兄弟まとめ!子供時代はケンカが多かった?

錦戸亮のファンサは美人だけ?うちわを工夫してファンサービスゲット!

錦戸亮の妹の結婚式でのマル秘エピソードとは??手首の怪我の真相に迫る!?

錦戸亮の彼女まとめ!歴代の彼女が超豪華?2011〜2014年!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする